前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
264件中 1 - 10件表示
  • 国鉄113系電車

    国鉄113系電車から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    また、2005年に福知山線で発生した脱線事故による117系の同線からの撤退を受け、補充用として宮原総合運転所に転用された車両も存在する。現在は電動車ユニット1組 (5768) が該当。国鉄113系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 西日本旅客鉄道

    西日本旅客鉄道から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    一方で、ほかの私鉄との激しい競合を生き抜くため列車増発・スピードアップに対応した安全分野への投資が必ずしも十分なものでなかったとの指摘もあり、1991年の信楽高原鐵道列車衝突事故や2005年のJR福知山線脱線事故など、有責の重大事故を引き起こした原因の一つとも指摘されている。また、異様な労務環境がJR福知山線脱線事故の一因とされ、同社では今後の経営・労使関係のあり方などを再検討している。西日本旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 特別高度救助隊

    特別高度救助隊から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    総務省消防庁は、新潟県中越沖地震 やJR福知山線脱線事故等の教訓や、新潟県中越地震での東京消防庁の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)の活躍(長岡市の土砂崩れ現場からの男児救出)から、2005年4月4日に「救助隊の編成、装備及び配置の基準を定める省令(昭和61年自治省令第22号)」の一部改正を行い、第6条の規定により「特別高度救助隊」を東京都及び政令指定都市に、第5条の規定により「高度救助隊」を中核市等に整備をするよう定めた。特別高度救助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故が起こる。運転士含め死者107人・負傷者555人とJR史上最悪の鉄道事故となる。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 井手正敬

    井手正敬から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    1992年にJR西日本社長就任。ワンマン経営者として知られ、社長・会長を11年務め、JR西日本は「井手商会」と呼ばれるほどであった。第5代社長の山崎正夫などからも恐れられる存在であったが、JR福知山線脱線事故後、収益重視の「儲け体質」が安全軽視につながった、との批判を浴び、またJR西日本の負の部分である日勤教育の実態が暴露されたことにより引責辞任。辞任後、JR西日本子会社の幹部に天下りしていたことが発覚し、脱線事故の遺族から猛非難を浴びている。また、JR福知山線脱線事故の遺族との面会を避けている。井手正敬 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    鉄道は自動車などに比べて事故率の低い輸送機関であるが、多くの乗客を乗せて運行しているため一旦事故が起こると被害が大きくなる。また原因についても事故数の多い踏切事故、1991年の信楽高原鐵道列車衝突事故や2005年のJR福知山線脱線事故のような運転・運用する人のミスや、2004年の新潟県中越地震の際に起こった上越新幹線脱線事故や、竜巻が原因と想定されている2005年のJR羽越本線脱線事故等千差万別である。鉄道会社は事故をなくすべく改善を続けている。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 日勤教育

    日勤教育から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    ヒューマンエラーの再発防止のために社員教育は必要不可欠な存在であり、日勤教育はその社員教育の一部である。しかしJR福知山線脱線事故の際、西日本旅客鉄道(JR西日本)では本来行われるべき教育的意義とはかけ離れた懲罰的・暴力的な内容の日勤教育が行われていたことが報道され、安全教育とは無関係な研修内容が非人道的な職場内暴力(パワーハラスメント)や精神的な暴力、嫌がらせ(モラルハラスメント)であるとして国会などで問題視された。JR西日本側は報道された内容は実態とは異なると主張しているが、その実態は後述する通りであるとされている。同じく旧国営組織であった日本郵政公社(現:日本郵政グループ)においても訓練道場と呼ばれる問題が存在すると指摘されている。もともとは社内用語だったが、パワーハラスメントの代名詞となりつつある。日勤教育 フレッシュアイペディアより)

  • ボーカメ

    ボーカメから見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    新潟県中越沖地震 やJR福知山線脱線事故の教訓から消防の救助隊などに配備が進められている。ボーカメ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (平成)

    日本の鉄道史 (平成)から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    鉄道は自動車などに比べて事故率の低い輸送機関であるが、多くの乗客を乗せて運行しているため一旦事故が起こると被害が大きくなる。また原因についても事故数の多い踏切事故、1991年の信楽高原鐵道列車衝突事故や2005年のJR福知山線脱線事故のような運転・運用する人のミスや、2004年の新潟県中越地震の際に起こった上越新幹線脱線事故や、竜巻が原因と想定されている2005年のJR羽越本線脱線事故等千差万別である。鉄道会社は事故をなくすべく改善を続けている。日本の鉄道史 (平成) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎正夫

    山崎正夫から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故後の2006年に社長に就任しJR福知山線脱線事故の原因と考えられた井手派による利益追求偏重の経営方針を徹底的に排除するため、「井手イズム」の一掃を目指し、次期社長有力候補と目されていた井手派の副社長を子会社へ転属させたほか、2009年7月には記者会見で「井手氏とは基本的に縁を切る」と述べ、事故の責任をとり相談役を退任していた井手について、さらにジェイアール西日本総合ビルサービスなど関連会社2社との顧問契約も7月末で解除することを明らかにするなど井出派の徹底的な排除を断行し同社の企業風土変革に尽力した。また、後任となる佐々木隆之も、山崎の考えを継承している。しかしながらJR福知山線脱線事故で刑事責任を問われ(鉄道本部長時代の当該事故区間の線路付け替えに関し、急カーブであったのにATS-Pの設置が遅れたことが、事故原因の1つとされた)、在宅起訴されたことで、2009年に社長職を退いた。2012年に神戸地方裁判所より無罪判決、神戸地方検察庁は控訴を断念したため無罪が確定した。山崎正夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
264件中 1 - 10件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード