264件中 91 - 100件表示
  • 交通文化振興財団

    交通文化振興財団から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2011年(平成23年)4月1日、JR福知山線脱線事故を受けてJR西日本が設立したもう1つの外郭団体『JR西日本あんしん社会財団』とともに公益財団法人に移行した。一方、東日本鉄道文化財団はその1年前、2010年(平成22年)4月1日付で先に公益財団法人への移行を終えていた。交通文化振興財団 フレッシュアイペディアより)

  • 簡易保険

    簡易保険から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    非常取り扱いについては、各種災害時(阪神・中越・福岡県西方沖等地震災害・豪雨台風等)あるいは尼崎列車事故のような際に執り行われ、簡易保険 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急列車停止装置

    緊急列車停止装置から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故以降、国土交通省の省令により、緊急列車停止装置の設置が義務付けられることになった。JR西日本は2010年6月現在で約95%の在籍車両について整備を終えている。しかし、2010年3月31日から4月1日にかけての新聞報道によると、同社が、装置を取り外したままにしていたり、スイッチが切れたりしていた車両を、福知山線や片町線、山陰本線、大糸線などで運用していたことが判明している。同社は事態を重視し、取り付け・取り外しの確認を徹底させるよう運用方針を改正したり、スイッチの点検などを義務付けるなどの対策に乗り出している。また、同年7月にも同装置の電源が切れた状態の車両を湖西線や東海道本線、草津線などで運行していた事が判明した。また、山陽本線や山陰本線などで、EB装置の警報スピーカーのカバーの内側に、一部の運転士が音量を絞るために紙などを詰め込んでいたことも発覚している。緊急列車停止装置 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線分岐線構想

    JR福知山線分岐線構想から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    この構想は、JR伊丹駅から分岐させて大阪国際空港までJR線を乗り入れ、定時性、高速性、大量輸送性の確保を図るものであるが、地形的な関係から莫大な事業費を要することが見込まれている。加えて事業採算性や建設費の手当、建設主体などがあいまいであると指摘されている。また、莫大な建設費の償還に迫られている大阪モノレールとの競合問題や、当初見込んでいた神戸方面からの乗客が神戸空港の開港で見込めなくなってきたこと、2005年4月25日に発生したJR福知山線脱線事故により過密ダイヤが問題となっており、分岐構想を実現するにはまだまだ課題が多い。なお、JR伊丹駅は前項の通りあらかじめ空港線ができたときのことを考え、線路の用地を2箇所空けている。JR福知山線分岐線構想 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道安全考動館

    鉄道安全考動館から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2005年4月25日に発生したJR福知山線脱線事故を、将来に亘ってJR西日本の社員が重く受け止めること、過去の事故から得られた安全対策を体系的に理解することを目的として、2007年4月3日に開設された。同社の社員研修センター内に設けられており、一般公開はされていない。鉄道安全考動館 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立尼崎稲園高等学校

    兵庫県立尼崎稲園高等学校から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR猪名寺駅、阪急稲野駅、尼崎市営バス、阪急バスなど交通の便が良いこと、まわりの交通量が多く事故防止の観点から2004年まで自転車通学が禁止されていた(実際は自転車置き場の確保ができなかったため)。自転車通学の解禁はJR福知山線脱線事故に伴うものである。交通の便が良いことは兵庫県で初の単位制が設置された理由でもある。また、傘を指した状態での自転車通学は禁止されている。そのため、雨天時に自転車で来る場合は合羽を着用することになっている(また、学校には学年カラー(赤、青、緑)ごとに分けられたかさがあり、雨天時に借りることができる。)。兵庫県立尼崎稲園高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • ギリヤーク尼ヶ崎

    ギリヤーク尼ヶ崎から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2007年、赤報隊事件から20年、またJR福知山線脱線事故から2年を迎えるこの年に合わせ、春季公演で上記の震災・NYテロとともに鎮魂の踊りを舞う。ギリヤーク尼ヶ崎 フレッシュアイペディアより)

  • みよし (列車)

    みよし (列車)から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    三次駅 - 広島駅間の所要時間はおよそ1時間10分 - 20分で、2006年3月17日までは60分台の列車もあったが、JR福知山線脱線事故をきっかけに所要時間の見直しが実施されたことにより所要時間が延びている。みよし (列車) フレッシュアイペディアより)

  • タンゴディスカバリー

    タンゴディスカバリーから見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故を受けて福知山線に ATS-P が設置されたが、KTR001 形は当時 ATS-P を搭載していなかったため福知山線内で走行できなくなり、当初から ATS-P に対応していた KTR8000 形を「タンゴエクスプローラー」に充当することにしたための措置である。なお、この運用交換は KTR001 形が ATS-P を搭載した2007年3月に終了した。タンゴディスカバリー フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄7000系電車

    相鉄7000系電車から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2005年4月27日に天王町駅 - 星川駅間の天王町1号踏切を通過中の7000系の側面に軽自動車が衝突したが、列車の乗客にけが人は出なかった。該当踏切を含むこの区間では高架化工事が進んでいる最中の出来事だった。2日前の同月25日にJR福知山線脱線事故が発生した直後だったこともあり、「頻発する鉄道事故」として報道された。相鉄7000系電車 フレッシュアイペディアより)

264件中 91 - 100件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード