264件中 11 - 20件表示
  • 兵庫医科大学病院

    兵庫医科大学病院から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    兵庫医科大学病院(ひょうごいかだいがくびょういん)は、兵庫県西宮市武庫川町にある大学病院である。阪神大震災やJR福知山線脱線事故の際には、災害医療拠点として大きな役割を果たした。兵庫医科大学病院 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木隆之

    佐々木隆之から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    その後2005年にJR福知山線脱線事故が発生し、翌2006年に山崎正夫が社長に就任した。山崎は、豪腕のワンマン経営者として知られた井手正敬元社長の利益追求偏重の経営姿勢が事故原因の一端と指摘されていたことを受け、井手の影響力排除を進め、次期社長有力候補と目されていた井手派の副社長を子会社へ転出させる一方、山崎が鉄道本部長を務めていた時期に副本部長として山崎を補佐していた佐々木を「外に出た中で際だって優秀な人材」としてJR西日本の本社の副社長として呼び戻した。佐々木隆之 フレッシュアイペディアより)

  • 日本スピンドル製造

    日本スピンドル製造から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    日本スピンドル製造株式会社(にほんスピンドルせいぞう、)は兵庫県尼崎市に本社を置く、住友グループに所属する機械メーカーである。本社すぐ近くで発生したJR福知山線脱線事故では、従業員らが作業を中断し献身的に救助活動にあたり、法人として紅綬褒章を受けている。日本スピンドル製造 フレッシュアイペディアより)

  • 列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜

    列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    ただし、「春編」の放送については、2005年4月25日におきたJR福知山線の脱線事故の影響により、放送延期が生じている(JR福知山線脱線事故の影響参照)。旅行そのものと収録は予定通り行われた。列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜 フレッシュアイペディアより)

  • 走れ!ガリバーくん

    走れ!ガリバーくんから見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2005年4月25日のJR福知山線脱線事故により、5月1日放送分からCMが公共広告機構(現:ACジャパン)のものに差し替えられ(関西テレビ・共同制作局・テレビ西日本の場合。石川テレビと福井テレビは公共広告機構とローカルスポンサーのCM一部地域の時差放送や不定期放送のノンスポンサー地域は通常のスポットCM)、同時に出発駅からのJR特急(新幹線)での旅の目的地への移動シーンがカットされた。また、出発地(オープニング)が新大阪駅などから、関西テレビ本社前に変更された。走れ!ガリバーくん フレッシュアイペディアより)

  • 川島令三

    川島令三から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2000年の中目黒駅における帝都高速度交通営団(当時)日比谷線の列車衝突事故以降、大規模な鉄道事故などの際には「鉄道アナリスト(分析専門家)」という肩書きでテレビにも出演している。2005年のJR福知山線脱線事故の際にも数多くのメディアに登場したが、JR西日本がスピードを追い求めるあまり余裕時分の少ないダイヤを編成し、結果として安全がないがしろになっていた可能性について意見を求められた際には、スピードアップを追求するJR西日本や私鉄各社の姿勢を自らの著書で何度も賞賛してきただけに、言葉を濁す場面が多く見受けられた。川島令三 フレッシュアイペディアより)

  • 垣内剛

    垣内剛から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    2003年からJR西日本社長を務めていたが、2005年のJR福知山線脱線事故の責任を取り、2006年取締役兼執行役員に降格。2007年から取締役を退任し顧問を務めていた。事故後は、遺族らとともに悲嘆についての聖トマス大学の公開講座に参加するなど深く反省を示していた。2009年山崎正夫社長(当時)が記者会見で、歴代社長の事故への責任を明確化するために顧問契約を解消し、南谷昌二郎顧問同様、8月1日付で嘱託となることを明らかにした。2009年10月22日神戸第1検察審査会は、起訴すべきだとする「起訴相当」を議決。同年10月23日航空・鉄道事故調査委員会(現運輸安全委員会)の情報漏洩問題に関して、委員2人に接触していた事実が発覚した。2010年4月23日に、強制在宅起訴された。これを受けてJR西日本本社前で記者会見し、「心からおわびを申し上げます」と述べた。垣内剛 フレッシュアイペディアより)

  • 南谷昌二郎

    南谷昌二郎から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故の責任者として業務上過失致死罪容疑で起訴された際には、JR西日本本社前で記者会見を開き、「申し訳ない気持ちでいっぱい」と述べた。南谷昌二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 列車防護無線装置

    列車防護無線装置から見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    防護無線装置の機種によっては、通常は車両より給電を受けて動作し、停電時には電源を切りかえる操作を必要とするものがある。JR福知山線脱線事故では、この操作を行わずに発報が出来なかったことが明らかになり、現在は停電時でも特別な操作なしに発報ができるように改修が進められている。列車防護無線装置 フレッシュアイペディアより)

  • オーバーラン

    オーバーランから見たJR福知山線脱線事故JR福知山線脱線事故

    鉄道におけるオーバーランは(規模の大小を問わなければ)ごく日常的な現象であり、小規模であれば報道されることもなく一般に知られることもなかったが、JR福知山線脱線事故では、事故前に発生したとされるオーバーランと事故そのものとの関係がマスメディアによって殊更クローズアップされ、それ以降特に問題視する必要のない程度のオーバーランでも過剰に扱われる傾向にある。なお、同事故の本質的な原因はオーバーランではないとされている(詳細は同事故の項を参照)。オーバーラン フレッシュアイペディアより)

264件中 11 - 20件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード