253件中 91 - 100件表示
  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た東海道本線

    地上側では速度照査機能を持ち、曲線区間の手前で十分に減速、あるいは非常停止が行えるATS-Pが、車上側では運転士のマスコン・ブレーキ・警笛・EBリセットスイッチなどの無操作が約60秒続くと5秒間警報が鳴動し、さらに操作がない場合は自動的に非常ブレーキが作動するデッドマン装置の一種である緊急列車停止装置(EB装置)と、列車の異常時に操作することで、防護無線をはじめとする必要な処置を一斉に行う緊急列車防護装置(TE装置)の導入が進んだ。しかしその後、同社がEB装置設置済みの車両について、一時的にしても取り外したままにしていたり、スイッチが切れていたりする状態で、福知山線や片町線、山陰本線、大糸線、湖西線、東海道本線、草津線などで運行していたことが判明している。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た山陰本線

    振替輸送の他にも不通特約の切符を発行する措置もした。不通特約の切符とは、みどりの窓口の駅員が普通の切符に赤いペンで手書きで「不通特約」と書いただけの切符のことで、この切符は福知山線経由と同じ料金で山陰本線などのほかの路線経由で目的地まで向かうことができる。おもに尼崎駅 - 宝塚駅間をまたぐ長距離の利用客に発行された。発行された例として「東海道線・山陰本線京都駅経由の新大阪 - 福知山」「山陽本線・加古川線谷川駅経由新大阪 - 福知山」がある。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た速度照査

    現場のカーブは前述の通り半径300mで制限速度は時速70km。当該線区に設置されていた自動列車停止装置(ATS-SW)はJR西日本では最も古いタイプのものとされ、あたかもこれが事故を防げなかった原因であるかのような報道がされているが、当該装置でも速度照査用の地上子などの設備を設置すれば速度照査機能の付加は可能であり、ATS-SWそのものが直ちに事故原因に繋がる訳ではない。ちなみに事故現場には速度照査用の地上設備は設置されていなかった。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た線形 (路線)

    また、JR東西線との直通に対応した尼崎駅の改良に伴い、過去の線路付け替えで曲線半径が小さくなった。これは、当初の上り線は現場マンションを挟んだ東側にあり、下り線に併設されていた尼崎市場への貨物線跡地などを利用する形で現在の上り線が敷設された。この時点で東西線区間には新型ATSが設置されたが、福知山線においては付け替え区間を含めて設置されなかった。カーブでの高速運転をするためにカントを付けるが、現場は緩和曲線が短く、カントは上限105mmより少ない97mmなのでその分制限速度が5km/h低くなっていた。半径300mでカント105mm(上限値)での制限速度は75km/h。従前の「本則」では60km/h - 65km/h。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たJR西日本321系電車

    また、207系車両は従来の車両に近い構造の車体設計となっており、のちに登場した同社の223系2000番台や321系においても、製造コスト削減と量産体制の簡素化を図りながら、従来の車両と同等の強度を確保することを両立させるため、梁を省略する代わりに車体側板の強度を上げることにより、車体全体を支える設計思想に基づく車体構造となっている(これはJR東日本の209系以降の通勤・近郊型車両でも、ほぼ同じ設計思想である)。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たJR西日本221系電車

    ただし、本来油圧ダンパーと空気バネは独立したものであり、207系自体、また類似構造の台車を履く221系も当初ヨーダンパーを装備していなかったことから、ブレーキの効き具合にも直接の影響はないといえる。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た西明石駅

    この改正により、東海道本線(JR神戸線)の須磨駅 - 西明石駅間の各駅停車列車を現行の毎時8本から4本に半減させるなど、昼間時の利用率の低い区間の列車が削減されたが2008年春に行われたダイヤ改正で昼間時の毎時2本が再び西明石駅発着に戻っている。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た伊丹市

    福知山線の運転休止期間中、福知山線沿線である三田市・宝塚市・川西市・伊丹市周辺と、大阪・神戸市周辺を結ぶ経路において、振替輸送が実施される。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た芦屋市消防本部

    25日の出場部隊:尼崎市消防局35隊145名、県内応援隊として兵庫県防災航空隊、神戸市消防局、伊丹市消防局、西宮市消防局、明石市消防本部、姫路市消防局、宝塚市消防本部、川西市消防本部、三田市消防本部、猪名川町消防本部、芦屋市消防本部、豊岡市消防本部、加古川市消防本部、朝来市消防本部から60隊217名、緊急消防援助隊大阪府隊42隊136名、京都府隊1隊5名、岡山県隊1隊5名の44隊146名の消防機関計139隊508名で活動。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た日本の救急車

    阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の経験が生かされ、迅速な救助活動が行われた。事故発生当時、いち早く現場へ駆けつけて救助にあたったのは近隣の人々である。負傷者の人数があまりにも多く救急車での搬送が追いつかなかったため、歩行可能な負傷者及び軽傷者は警察のパトロールカーや近隣住民の自家用車などで病院に搬送された。また、一度に多数のけが人を搬送する為、大型トラックの荷台に複数のけが人を乗せて病院へ搬送する手段が取られた。通常、トラックの荷台に人を乗せて公道を走るのは道路交通法違反であるが、一刻を争う緊急事態ということを考慮し、兵庫県警察は白バイの先導を付ける事を条件に例外的に許可した。これらの結果、負傷者の半数は近隣の人々が医療機関に搬送しており、震災当時にみられたボランティアの精神が生かされている。のちに、救助・救援活動の功績を讃えて、同年7月に76企業・団体と1個人に対して国から感謝状が、8月には48企業・団体と34個人に対して兵庫県警察から感謝状が、9月には32企業・団体と30個人に対して尼崎市から感謝状がそれぞれ贈呈された。また、11月には日本スピンドル製造と1個人に対して紅綬褒章が授与された。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

253件中 91 - 100件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード