253件中 41 - 50件表示
  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た業務上過失致死傷

    2010年(平成22年)1月29日、この脱線事故で業務上過失致死傷容疑で書類送検され、神戸地検が不起訴とした元運輸部長2人について、神戸第一検察審査会は20日付で不起訴不当を議決した。不起訴不当は、検察審査会の委員11人の過半数が「不起訴が妥当でなく、地検に再審査を求める」意見の場合に議決される。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故

    運転士が、カーブ手前でそれに気づき非常ブレーキをかけたために(のちに否定される)車輪のフランジとレールとの間で非常に強い摩擦力が起き、2000年(平成12年)3月8日に発生した「日比谷線事故」と同じような車輪がせり上がって脱線した「せり上がり脱線」が起こり事故がおきたという見方もある。しかし、通常のせり上がり脱線が発生するためには車輪に非常に高い横圧がかかることが必要で、現場の半径300mのカーブ程度では通常は考えにくい。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たブレーキ

    地上側では速度照査機能を持ち、曲線区間の手前で十分に減速、あるいは非常停止が行えるATS-Pが、車上側では運転士のマスコン・ブレーキ・警笛・EBリセットスイッチなどの無操作が約60秒続くと5秒間警報が鳴動し、さらに操作がない場合は自動的に非常ブレーキが作動するデッドマン装置の一種である緊急列車停止装置(EB装置)と、列車の異常時に操作することで、防護無線をはじめとする必要な処置を一斉に行う緊急列車防護装置(TE装置)の導入が進んだ。しかしその後、同社がEB装置設置済みの車両について、一時的にしても取り外したままにしていたり、スイッチが切れていたりする状態で、福知山線や片町線、山陰本線、大糸線、湖西線、東海道本線、草津線などで運行していたことが判明している。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た新潟県中越地震

    さらに事故当時、一部のマスメディアが取材ヘリを現場に飛ばし、救出活動を妨げた(要救助者の声や生体反応をローター音で遮ってしまう)。これは新潟県中越地震でも一度問題になっていた直後であり、また昼夜問わず取材ヘリを飛ばしたため近隣住民の迷惑ともなり、ウェブにおいてマスコミ批判を呼んだ。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た神戸市

    福知山線の運転休止期間中、福知山線沿線である三田市・宝塚市・川西市・伊丹市周辺と、大阪・神戸市周辺を結ぶ経路において、振替輸送が実施される。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たタモリ倶楽部

    タモリ倶楽部』の企画「全日本踏切大賞」が遅れネット局の朝日放送で放送されなかった(テレビ朝日での本放送は事故の前だったため、普通に放送されている)。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た救急医療

    また、救急医療関係者が事故現場周辺に展開して大量の負傷者が発生した場合のトリアージを実施している。事故から約2時間後には、尼崎市により事故現場至近の中学校が開放され、避難所として利用されたほか、緊急車両の待機場や消防防災ヘリコプターの臨時ヘリポートとして活用された。兵庫県は緊急消防援助隊の応援要請、広域緊急援助隊の出動要請、また現場に近い伊丹に駐屯する陸上自衛隊第3師団への災害派遣要請をそれぞれ行った。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た接待

    2009年(平成21年)9月25日、事故当時鉄道本部長だった山崎正夫前社長が、先輩である当時の事故調査委員の1人であった山口浩一元委員に対し、お土産(鉄道模型やチョロQなど)持参で接待し、事故の調査報告を有利にするための工作と情報漏洩が発覚した。結果的には、事故調査報告書に反映されなかったが、幹部が事前に内容を知っていたという事実が明らかとなった。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たボランティア

    阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の経験が生かされ、迅速な救助活動が行われた。事故発生当時、いち早く現場へ駆けつけて救助にあたったのは近隣の人々である。負傷者の人数があまりにも多く救急車での搬送が追いつかなかったため、歩行可能な負傷者及び軽傷者は警察のパトロールカーや近隣住民の自家用車などで病院に搬送された。また、一度に多数のけが人を搬送する為、大型トラックの荷台に複数のけが人を乗せて病院へ搬送する手段が取られた。通常、トラックの荷台に人を乗せて公道を走るのは道路交通法違反であるが、一刻を争う緊急事態ということを考慮し、兵庫県警察は白バイの先導を付ける事を条件に例外的に許可した。これらの結果、負傷者の半数は近隣の人々が医療機関に搬送しており、震災当時にみられたボランティアの精神が生かされている。のちに、救助・救援活動の功績を讃えて、同年7月に76企業・団体と1個人に対して国から感謝状が、8月には48企業・団体と34個人に対して兵庫県警察から感謝状が、9月には32企業・団体と30個人に対して尼崎市から感謝状がそれぞれ贈呈された。また、11月には日本スピンドル製造と1個人に対して紅綬褒章が授与された。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た鉄道模型

    2009年(平成21年)9月25日、事故当時鉄道本部長だった山崎正夫前社長が、先輩である当時の事故調査委員の1人であった山口浩一元委員に対し、お土産(鉄道模型やチョロQなど)持参で接待し、事故の調査報告を有利にするための工作と情報漏洩が発覚した。結果的には、事故調査報告書に反映されなかったが、幹部が事前に内容を知っていたという事実が明らかとなった。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

253件中 41 - 50件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード