253件中 71 - 80件表示
  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たBSフジ

    BSフジで放送されていた子ども番組「きかんしゃトーマス」では事故発生直後に、機関車が脱線する場面があるエピソードは放送内容が全て変更された。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た阪神電気鉄道

    また、振替輸送を行った路線では、事故以前からの既存利用者にも列車・バスの車内や駅などの混雑という形で影響がおよび、ゴールデンウィークがあけた5月9日からは、混雑緩和のため阪神電気鉄道や同線に至る路線などが新たに追加された。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た日本放送協会

    NHKはBShiで放映中だった『列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜』について、遺族や負傷者の心情を考慮するため、放送延期の対応をとった(詳細)。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た自動列車停止装置

    現場のカーブは前述の通り半径300mで制限速度は時速70km。当該線区に設置されていた自動列車停止装置(ATS-SW)はJR西日本では最も古いタイプのものとされ、あたかもこれが事故を防げなかった原因であるかのような報道がされているが、当該装置でも速度照査用の地上子などの設備を設置すれば速度照査機能の付加は可能であり、ATS-SWそのものが直ちに事故原因に繋がる訳ではない。ちなみに事故現場には速度照査用の地上設備は設置されていなかった。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た緊急消防援助隊

    また、救急医療関係者が事故現場周辺に展開して大量の負傷者が発生した場合のトリアージを実施している。事故から約2時間後には、尼崎市により事故現場至近の中学校が開放され、避難所として利用されたほか、緊急車両の待機場や消防防災ヘリコプターの臨時ヘリポートとして活用された。兵庫県は緊急消防援助隊の応援要請、広域緊急援助隊の出動要請、また現場に近い伊丹に駐屯する陸上自衛隊第3師団への災害派遣要請をそれぞれ行った。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た航空・鉄道事故調査委員会

    事故列車は、4両編成と途中の片町線(学研都市線)京田辺駅で切り離す予定だった3両編成を連結した7両編成で運転していた。前から1・4・5・7両目の運転台のある車両に列車の運行状態(非常ブレーキ作動の前後5秒間)を逐一記録する「モニター制御装置」の装備があり、航空・鉄道事故調査委員会が解析を行ったところ、前から5両目(後部3両編成の先頭車両)と7両目に時速108kmの記録が表示されていた。ただし、これが直ちに脱線時の速度を示しているとは限らない。先頭車両が脱線、急減速した影響で車列が折れ、連結器部分で折り畳まれるような形になったために、玉突きになって被害が拡大したものとされる。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た神戸市消防局

    25日の出場部隊:尼崎市消防局35隊145名、県内応援隊として兵庫県防災航空隊、神戸市消防局、伊丹市消防局、西宮市消防局、明石市消防本部、姫路市消防局、宝塚市消防本部、川西市消防本部、三田市消防本部、猪名川町消防本部、芦屋市消防本部、豊岡市消防本部、加古川市消防本部、朝来市消防本部から60隊217名、緊急消防援助隊大阪府隊42隊136名、京都府隊1隊5名、岡山県隊1隊5名の44隊146名の消防機関計139隊508名で活動。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た西宮市消防局

    25日の出場部隊:尼崎市消防局35隊145名、県内応援隊として兵庫県防災航空隊、神戸市消防局、伊丹市消防局、西宮市消防局、明石市消防本部、姫路市消防局、宝塚市消防本部、川西市消防本部、三田市消防本部、猪名川町消防本部、芦屋市消防本部、豊岡市消防本部、加古川市消防本部、朝来市消防本部から60隊217名、緊急消防援助隊大阪府隊42隊136名、京都府隊1隊5名、岡山県隊1隊5名の44隊146名の消防機関計139隊508名で活動。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見た尼崎市消防局

    25日の出場部隊:尼崎市消防局35隊145名、県内応援隊として兵庫県防災航空隊、神戸市消防局、伊丹市消防局、西宮市消防局、明石市消防本部、姫路市消防局、宝塚市消防本部、川西市消防本部、三田市消防本部、猪名川町消防本部、芦屋市消防本部、豊岡市消防本部、加古川市消防本部、朝来市消防本部から60隊217名、緊急消防援助隊大阪府隊42隊136名、京都府隊1隊5名、岡山県隊1隊5名の44隊146名の消防機関計139隊508名で活動。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

  • JR福知山線脱線事故

    JR福知山線脱線事故から見たJR西日本207系電車

    事故列車は、宝塚発JR東西線経由片町線(学研都市線)同志社前行きの上り快速列車である。列車番号は5418Mの7両編成で、前4両は、網干総合車両所に所属する207系0番台Z16編成(クハ207-17+モハ207-31+モハ206-17+クハ206-129)同志社前行き、後ろ3両は、同所所属の207系1000番台S18編成(クモハ207-1033+サハ207-1019+クハ206-1033)京田辺行きである。列車の前5両が脱線して、先頭2両は線路脇の9階建てマンションに激突し、先頭車は1階駐車場へ突入、2両目はマンション壁面へぶつかり原形をとどめない形で大破した(当初は状況などから2両が重なるように壁面で大破していると誤解されていた)。JR福知山線脱線事故 フレッシュアイペディアより)

253件中 71 - 80件表示

「JR福知山線脱線事故」のニューストピックワード