86件中 31 - 40件表示
  • 上杉清文

    上杉清文から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1981年には、南伸坊提唱のパフォーマンス集団「HAND-JOE」(命名は糸井重里)に、末井昭ともに参加。後に鈴木祐弘、巻上公一、山崎邦彦らも加わる。兵庫県立近代美術館で水戸黄門の扮装をして楽器演奏をするなどの活動をした。なお、写真家・滝本淳助も加えて「ハンジョウ・オール・スターズ(H.A.S.)」というバンドも結成し、渋谷のライブハウス「LA MAMA」でライブを行った。同グループの活動は、レコード「高級芸術宣言」(1984年)及び書籍『高級芸術宣言』(1985年)にまとめられている。上杉清文 フレッシュアイペディアより)

  • エイブル・アート

    エイブル・アートから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    一方、自身もエイブル・アートにかかわった経験を持つ、アウトサイダー・アートの専門家で兵庫県立美術館学芸員の服部正は、エイブル・アート自体に批判的である。服部は、1999年の「エイブル・アート 99'」にチーフ・キュレーターとして参加し、期待を込めて「このアートで元気になる」という副題を命名した。しかし、以降、協会の活動が社会福祉運動に方向性を決めたことを分析して、エイブル・アートに失望したことを告白する。福祉施設発の運動、エイブル・アートが、芸術を通した、障碍者の地位向上、環境の向上を目指す社会運動であり、服部の、その作品自体とその閲覧者を重視する立場とは相容れなかったという。エイブル・アート フレッシュアイペディアより)

  • 宮下規久朗

    宮下規久朗から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1989年に兵庫県立近代美術館学芸員、1992年東京都現代美術館学芸員(1995年開館)。東京都現代美術館時代には、開館展で荒木経惟の担当となり、『アンディ・ウォーホル 1956-86:時代の鏡』展の企画に参加(1996年開催。企画のみで、開催時点には現代美術館を辞していた)。宮下規久朗 フレッシュアイペディアより)

  • 森山大道

    森山大道から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    1995年7月 阪神・淡路大震災支援イベント「HYOGO AID' 95 by ART」に参加し、オリジナルプリントを兵庫県立美術館に寄贈。森山大道 フレッシュアイペディアより)

  • 青木繁記念大賞公募展

    青木繁記念大賞公募展から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    増田洋  美術評論家 (元兵庫県立近代美術館館長)青木繁記念大賞公募展 フレッシュアイペディアより)

  • 井上安治

    井上安治から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立美術館の所蔵作品検索井上安治 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナー (漫画)

    デザイナー (漫画)から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    撮影協力 - ホテル日航ベイサイド大阪(第1・5・6話)、ア・ラ・モード パレ 神戸迎賓館(第1-2・22・26話)、日本ビルヂング(第1-4・7-14・18-19・22-24・26-27・29・31-35話)、trippen(第1-4・7-14・18-19・22-24・26-27・29・31-35話)、CITY MART SAVOY 中津味道館(第2-3・6話)、共同容器株式会社(第2・6話)、新西宮ヨットハーバー(第2話)、CENTRAL CURQUIT(第3・4・6話)、NOIRE(第3・4話)、山崎不動産(第3・4・8話)、リバーサイドアパートメント(第3・4・8話)、神戸市建設局(第4-6話)、ウェディングヴィラ マルキーノ芦屋(第6・9-13・15-19・21-25・28-29・31-35・37-38話)、箕面市立病院(第7-9話)、箕面ライフプラザ(第8-9話)、PORTOPIA HOTEL(第9-11話)、ワンズヌーヴォー(第13-14・16・18・21-25・32-33・35話)、株式会社フットテクノ(第13-14・16・18・21-25・27・32・35話)、堺観光コンベンション協会(第13-14・16・30話)、総合映像スペース CRDO(第18-20話)、HYATT REGENCY OSAKA(第22-23話)、湊町リバープレイス(第24話)、神鋼病院(第25・27・29-31話)、PIAS(第25話)、ホテルモントレ ラ・スール大阪(第30・35-37話)、兵庫県立美術館(第30話)、日本福音ルーテル神戸教会(第31・36話)、長峰山霊園(第32-35話)、株式会社迫田石材(第32-35話)、六甲カトリック教会(第32-35話)、兵庫県公館(第35-37話)デザイナー (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代の建築

    2000年代の建築から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立美術館 (2002年 安藤忠雄)2000年代の建築 フレッシュアイペディアより)

  • ヨコミゾマコト

    ヨコミゾマコトから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2004年- 世界の美術館未来への架け橋「日本から未来へ」展 兵庫県立美術館、いわき市立美術館、岩手県立美術館、神奈川県立近代美術館、金沢21世紀美術館ヨコミゾマコト フレッシュアイペディアより)

  • 白髪一雄

    白髪一雄から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『作品?』 1958年、油彩、布、182.8×243.0cm、兵庫県立美術館白髪一雄 フレッシュアイペディアより)

86件中 31 - 40件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード

  • 日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展

  • 木梨憲武展×20years

  • 日米同盟は日本の外交における基軸だ。