109件中 31 - 40件表示
  • ヴィクトール・パリモフ

    ヴィクトール・パリモフから見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立近代美術館(10月15日?11月23日)ヴィクトール・パリモフ フレッシュアイペディアより)

  • ヤノベケンジ

    ヤノベケンジから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    1992年 グループ展「アートナウ '92」(兵庫県立近代美術館、神戸)ヤノベケンジ フレッシュアイペディアより)

  • 仲田定之助

    仲田定之助から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1920年代日本展/東京都美術館・愛知県美術館・山口県立美術館・兵庫県立近代美術館/1988年仲田定之助 フレッシュアイペディアより)

  • 田中敬子 (ピアニスト)

    田中敬子 (ピアニスト)から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    調性感が非常に強い、という田中は、現代の平均律に疑問を持ち、古典調律を勉強する。2006年、兵庫県立美術館において、2台の異なる古典調律がされたピアノでリサイタルを開催。田中敬子 (ピアニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 中村貞夫

    中村貞夫から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2010年 - 兵庫県立美術館にて黄河シリーズの個展開催中村貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤まろ

    内藤まろから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立美術館「山田修二の軌跡展」・映像監督内藤まろ フレッシュアイペディアより)

  • 木村俊彦

    木村俊彦から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立美術館 意匠設計は安藤忠雄。木村俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • エイブル・アート

    エイブル・アートから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    一方、自身もエイブル・アートにかかわった経験を持つ、アウトサイダー・アートの専門家で兵庫県立美術館学芸員の服部正は、エイブル・アート自体に批判的である。服部は、1999年の「エイブル・アート 99'」にチーフ・キュレーターとして参加し、期待を込めて「このアートで元気になる」という副題を命名した。しかし、以降、協会の活動が社会福祉運動に方向性を決めたことを分析して、エイブル・アートに失望したことを告白する。福祉施設発の運動、エイブル・アートが、芸術を通した、障害者の地位向上、環境の向上を目指す社会運動であり、服部の、その作品自体とその閲覧者を重視する立場とは相容れなかったという。エイブル・アート フレッシュアイペディアより)

  • 小幡正雄

    小幡正雄から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    その後、兵庫県立美術館学芸員の服部正や、西宮市にあるすずかけ作業所で絵画教室を行う絵本作家のはたよしこなど、アウトサイダーアートに関心を持つ人々の評価を受けるようになり、小幡の作品は展覧会に出品されるようになった。そしてこれまで施設の定期清掃時には全て処分されていた作品も、しっかりと保存されるようになった。小幡正雄 フレッシュアイペディアより)

  • ヨコミゾマコト

    ヨコミゾマコトから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2004年- 世界の美術館未来への架け橋「日本から未来へ」展 兵庫県立美術館、いわき市立美術館、岩手県立美術館、神奈川県立近代美術館、金沢21世紀美術館ヨコミゾマコト フレッシュアイペディアより)

109件中 31 - 40件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード