86件中 41 - 50件表示
  • 要素主義

    要素主義から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立近代美術館(1998年2月21日 - 4月5日)要素主義 フレッシュアイペディアより)

  • 仲田定之助

    仲田定之助から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1920年代日本展/東京都美術館・愛知県美術館・山口県立美術館・兵庫県立近代美術館/1988年仲田定之助 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木宏子

    佐々木宏子から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2010年、一般財団法人佐々木宏子財団を設立。巡回個展『佐々木宏子 青のあいだ-Unconscious Nature and Conscious Object-』(兵庫県立美術館、青森県立美術館、世田谷美術館)佐々木宏子 フレッシュアイペディアより)

  • 坂田一男

    坂田一男から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『女と植木鉢』 1926年、油彩、布、81×65cm、兵庫県立美術館坂田一男 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトール・パリモフ

    ヴィクトール・パリモフから見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立近代美術館(10月15日?11月23日)ヴィクトール・パリモフ フレッシュアイペディアより)

  • 広告界 (雑誌)

    広告界 (雑誌)から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    「知られざる中山岩太 写真のモダニズムII 」カタログ(中島徳博・高砂三和子編 、兵庫県立近代美術館+西武百貨店・ザ・コンテンポラリー・アートギャラリー、1989年)広告界 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 林武

    林武から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『裸婦』(1930年(昭和5年)) 兵庫県立美術館林武 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアウトサイダー・アート

    日本のアウトサイダー・アートから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    アウトサイダー・アートが専門のキュレーターで、兵庫県立美術館学芸員の服部正は、そんな日本のアウトサイダー・アートには、ある特殊事情があると述べる。それは、西洋のアウトサイダー・アートが学んだ歴史の典型を経験していないために生まれたことだという。ここでいう典型とは、福祉施設や精神病院など、現場の医師、ワーカが発する現場で生まれた作品に関する情報を、美術界が取り上げていく構図である。日本の場合、式場、山下以降の、美術界のアウトサイダー・アート全般に対しての「無視」があったため、長いあいだ現場による活動や運動が主流であった。そのため西洋であれば、作品そのものの賞賛が主流であったはずが、日本では最初期の式場隆三郎による活動から既に作家の立場の向上・福祉改善・美術教育と、作品よりその作家に目が向く傾向が強く、美術運動ではなく福祉改善運動としての一面がより重視されていると分析し、これを問題視する。エイブル・アートに対しても同様に批判している。また、以上の状況を踏まえて、さらに日本のアウトサイダー・アートの特殊性を挙げている。西洋では、美術界によるアウトサイダー・アートの活動が盛んであるため、その市場も成熟しているが、日本の場合、福祉と美術の協力が不足しているため、市場が育ちにくく、商業活動と言えば、福祉施設による、Tシャツやカレンダーといった雑貨類を販売するいわゆる「アート活動」が一般的だという。しかし、その福祉施設による活動も、障害者自立支援法などによる予算の縮小や制作時間の短縮の問題があるといい、今後の制作状況に影響があることを懸念する。日本のアウトサイダー・アート フレッシュアイペディアより)

  • 神戸市営バス

    神戸市営バスから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    100 JR六甲道 - 灘区役所 - 阪急王子公園 - JR灘駅(→県立美術館前→日赤病院前→灘の浜(HAT神戸)・循環)神戸市営バス フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー

    兵庫県立美術館 原田の森ギャラリーから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    建物は建築家村野藤吾最初の美術館作品である兵庫県立近代美術館(1970年竣工)そのものであるが、近代美術館の主要コレクションは2002年4月にHAT神戸に誕生した兵庫県立美術館「芸術の館」に継承された。現在は「芸術の館」の分館「原田の森ギャラリー」として、美術団体の活動や情報収集、交流の場となっている。兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー フレッシュアイペディアより)

86件中 41 - 50件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード