109件中 51 - 60件表示
  • 木村草弥

    木村草弥から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    京都府綴喜郡青谷村(現在の城陽市)の宇治茶問屋・丸京山城園製茶場の経営者であった木村重太郎とトヨの三男として出生。姉兄妹六人きょうだいの四番目である。太宰治が『パンドラの匣』の元とした日誌の書き手である木村庄助は長兄であり、大阪大学教授、国立国際美術館館長、兵庫県立美術館館長などを歴任した美術史家の木村重信は次兄。木村草弥 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のアウトサイダー・アート

    日本のアウトサイダー・アートから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    アウトサイダー・アートが専門のキュレーターで、兵庫県立美術館学芸員の服部正は、そんな日本のアウトサイダー・アートには、ある特殊事情があると述べる。それは、西洋のアウトサイダー・アートが学んだ歴史の典型を経験していないために生まれたことだという。ここでいう典型とは、福祉施設や精神病院など、現場の医師、ワーカが発する現場で生まれた作品に関する情報を、美術界が取り上げていく構図である。日本の場合、式場、山下以降の、美術界のアウトサイダー・アート全般に対しての「無視」があったため、長いあいだ現場による活動や運動が主流であった。そのため西洋であれば、作品そのものの賞賛が主流であったはずが、日本では最初期の式場隆三郎による活動から既に作家の立場の向上・福祉改善・美術教育と、作品よりその作家に目が向く傾向が強く、美術運動ではなく福祉改善運動としての一面がより重視されていると分析し、これを問題視する。エイブル・アートに対しても同様に批判している。また、以上の状況を踏まえて、さらに日本のアウトサイダー・アートの特殊性を挙げている。西洋では、美術界によるアウトサイダー・アートの活動が盛んであるため、その市場も成熟しているが、日本の場合、福祉と美術の協力が不足しているため、市場が育ちにくく、商業活動と言えば、福祉施設による、Tシャツやカレンダーといった雑貨類を販売するいわゆる「アート活動」が一般的だという。しかし、その福祉施設による活動も、障害者自立支援法などによる予算の縮小や制作時間の短縮の問題があるといい、今後の制作状況に影響があることを懸念する。日本のアウトサイダー・アート フレッシュアイペディアより)

  • 高崎元尚

    高崎元尚から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1978年 アート・ナウ’78展出品(兵庫県立近代美術館高崎元尚 フレッシュアイペディアより)

  • 須田国太郎

    須田国太郎から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『工場地帯』 1936年、油彩、布、130.5×212.2cm、兵庫県立美術館須田国太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾忠則

    横尾忠則から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『振動』(1987年)兵庫県立美術館横尾忠則 フレッシュアイペディアより)

  • 金山平三

    金山平三から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    1945年(昭和20年) 3月17日の神戸大空襲で実家が罹災し、作品が焼失する。5月には最上川をはさんで大石田(現在の山形県北村山郡大石田町)の対岸に位置する北村山郡横山村に疎開する。後にしばしば写生旅行をするようになる刑部人も同宿する。また大石田で斎藤茂吉と親交を結ぶ。1946年(昭和21年) 10月には文部省より日本美術展覧会(日展)の審査員に選ばれるが辞退する。1947年(昭和22年) 2月横山村から大石田に移り、これ以降は大石田が生活の拠点となる。1953年(昭和28年) 2月、前年12月に開館した東京国立近代美術館で開催された「近代洋画の歩み-静養と日本」展に『夏の内海』と『下諏訪のリンク』が出品される。1956年(昭和31年) 5月、日本橋高島屋において金山平三画業五十年展が開催され、多数の未発表作を含む240点が出品される。1957年(昭和32年) 2月には日本藝術院会員に任命される。1959年(昭和34年) 3月には日展顧問を委嘱される。同年11月の第2回新日展には『渓流』を出品する。1961年(昭和36年) 6月には、最晩年の重要な支援者である故郷神戸の川崎重工業株式会社に自選作品100点(翌年38点追加)の永久保管を願い出て、同社によって嘱託として処遇されて、夫妻でのヨーロッパ再訪旅行(9月 - 12月)の機会を得る。1964年(昭和39年) 6月に入院し、7月15日死去(享年81歳)。遺志によって本葬儀は行われず、叙位・叙勲もすべて辞退している。神戸市営追谷墓地に埋葬されている。平三没後、川崎重工業の保管作品から夫人により130点が兵庫県に寄贈され、1970年兵庫県立近代美術館(現在の兵庫県立美術館)の開館にあたって同館所蔵品となる。また兵庫県立美術館には、開室期間が限定の金山平三記念室が設けられている。金山平三 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー

    兵庫県立美術館 原田の森ギャラリーから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    建物は建築家村野藤吾最初の美術館作品である兵庫県立近代美術館として1970年竣工、近代美術館の主要コレクションは2002年4月にHAT神戸に誕生した兵庫県立美術館「芸術の館」に継承された。現在は「芸術の館」の分館「原田の森ギャラリー」として、美術団体の活動や情報収集、交流の場となっている。兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー フレッシュアイペディアより)

  • アルノルト・ベックリン

    アルノルト・ベックリンから見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    『19世紀ドイツ絵画名作』展(プロイセン文化財団ベルリン国立美術館所蔵)カタログ:兵庫県立近代美術館(1985年)、東京国立近代美術館(1986年)アルノルト・ベックリン フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県の観光地

    兵庫県の観光地から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    ファイル:Hyogo prefectural museum of art08s3200.jpg|兵庫県立美術館兵庫県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 具体美術協会

    具体美術協会から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2004年1月24日から3月14日まで、「『具体』回顧展」が兵庫県立美術館で開催された。具体美術協会 フレッシュアイペディアより)

109件中 51 - 60件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード