109件中 61 - 70件表示
  • 前田寛治

    前田寛治から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『ベッドの裸婦』 - 1928年、油彩・画布、兵庫県立美術館前田寛治 フレッシュアイペディアより)

  • 小石清

    小石清から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    小石清と浪華写真倶楽部展/兵庫県立近代美術館・西武百貨店コンテンポラリーアートギャラリー/1988年小石清 フレッシュアイペディアより)

  • 竹葉丈

    竹葉丈から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    躍動する魂のきらめき 日本の表現主義展(栃木県立美術館、兵庫県立美術館、名古屋市美術館、岩手県立美術館、松戸市立博物館、2009年?2010年)竹葉丈 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤義重

    斎藤義重から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    1984年 「斎藤義重展」東京都美術館、栃木県立美術館、兵庫県立近代美術館、大原美術館、福井県立美術館斎藤義重 フレッシュアイペディアより)

  • 中原佑介

    中原佑介から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県神戸市生まれ。本名・江戸頌昌(えどのぶよし)。京都大学理学部卒、京都大学大学院中退。湯川秀樹研究室で理論物理学を専攻していたが、在学中の1955年美術評論が雑誌に掲載されたのを機に、美術批評家となる。1970年に国際美術展「東京ビエンナーレ」のコミッショナー、1976年と1978年にベネチア・ビエンナーレのコミッショナーを務めた。1990年3月から9月まで水戸芸術館美術部門芸術総監督を務めた。その後京都精華大学教授となり、2002年に退任して京都精華大学名誉教授となった。2006年4月から2010年3月まで兵庫県立美術館長を務め、2008年1月には国際美術評論家連盟会長に就任した。東野芳明、針生一郎と並んで「美術評論の御三家」と呼ばれた。2011年3月3日、79歳で死去。中原佑介 フレッシュアイペディアより)

  • 津高和一

    津高和一から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    作品はニューヨーク近代美術館、大英博物館、サンパウロ現代美術館、メキシコタマヨ現代美術館、兵庫県立美術館、西宮市大谷記念美術館、大阪芸術大学、東京国立近代美術館などに所蔵されている。津高和一 フレッシュアイペディアより)

  • 大河原邦男

    大河原邦男から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2013年、兵庫県神戸市の兵庫県立美術館にて「超・大河原邦男展―レジェンド・オブ・メカデザイン―」を開催。大河原邦男 フレッシュアイペディアより)

  • 大岩オスカール

    大岩オスカールから見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    『雷雨』2002年、兵庫県立美術館大岩オスカール フレッシュアイペディアより)

  • 大岩オスカール

    大岩オスカールから見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    2010年「ブラジル日系人画家の系譜」、兵庫県立近代美術館(兵庫)大岩オスカール フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立美術館

    静岡県立美術館から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    岩手県立美術館、下関市立美術館、静岡県立美術館、兵庫県立美術館、読売新聞東京本社文化事業部編『ロダン-創造の秘密-白と黒の新しい世界、フランス国立ロダン美術館コレクション』読売新聞社、2006年(平成18年)。静岡県立美術館 フレッシュアイペディアより)

109件中 61 - 70件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード