86件中 61 - 70件表示
  • 金山平三

    金山平三から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    兵庫県立美術館 金山平三記念室金山平三 フレッシュアイペディアより)

  • 田中敬子 (ピアニスト)

    田中敬子 (ピアニスト)から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2006年、兵庫県立美術館において、2台の異なる古典調律がされたピアノでリサイタルを開催。田中敬子 (ピアニスト) フレッシュアイペディアより)

  • 木村重信

    木村重信から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    京都府城陽市生まれ。1949年京都大学文学部哲学科卒業、1953年京都市立美術大学講師、1956年から1957年までソルボンヌ大学民族学研究所に留学。1958年助教授、1969年京都市立芸術大学教授、1974年大阪大学文学部教授、1975年「美術の始原」で大阪大学文学博士、1976年国立民族学博物館併任教授、1989年大阪大学を定年退官、大阪府顧問、1992年国立国際美術館館長、その後兵庫県立美術館長。この間世界全域で多くのフィールドワークをおこないアフリカなどの原始美術の研究で知られる。木村重信 フレッシュアイペディアより)

  • フェルメールの作品

    フェルメールの作品から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    2005年(平成17年) 「震災復興10周年記念 ドレスデン美術館展 世界を映す鏡」 兵庫県立美術館、国立西洋美術館フェルメールの作品 フレッシュアイペディアより)

  • 安井仲治

    安井仲治から見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    安井仲治展/兵庫県立近代美術館・西武百貨店コンテンポラリーアートギャラリー/1987年安井仲治 フレッシュアイペディアより)

  • 木村草弥

    木村草弥から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    京都府綴喜郡青谷村(現在の城陽市)の宇治茶問屋・丸京山城園製茶場の経営者・木村重太郎とトヨの三男として出生した。姉兄妹六人きょうだいの四番目。太宰治『パンドラの匣』の元となった日誌の書き手・木村庄助は長兄。大阪大学教授、国立国際美術館館長、兵庫県立美術館館長などを歴任した美術史家・木村重信は次兄。木村草弥 フレッシュアイペディアより)

  • 大岩オスカール

    大岩オスカールから見た兵庫県立近代美術館兵庫県立美術館

    2010年「ブラジル日系人画家の系譜」、兵庫県立近代美術館(兵庫)大岩オスカール フレッシュアイペディアより)

  • 秦佐和子

    秦佐和子から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    中学生時代に兵庫県立美術館で観たゴッホ展をきっかけに、美術館に足を運ぶようになる。主に印象派絵画を好むが、人物画は好きではなく風景画中心。ジョルジョ・デ・キリコの「街の神秘と憂鬱」も好む。秦佐和子 フレッシュアイペディアより)

  • 東山魁夷

    東山魁夷から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    生前、日展への出品作など代表作の多くを東京国立近代美術館と長野県に寄贈。長野県は長野県信濃美術館に谷口吉生設計による東山魁夷館を増設し、寄贈された作品の常設展示にあてている。その他、少年時代を過ごした神戸市にある兵庫県立美術館、父方の出身地である香川県の香川県立東山魁夷せとうち美術館にも、版画を中心とする作品が寄贈されている。戦後の復員直後から死去するまで暮らしていた千葉県市川市には、自宅に隣接して市川市東山魁夷記念館が開館した。また、美術学校時代のキャンプ旅行の途中、激しい夕立に遇った際に温かいもてなしを受けたことに感謝して後に寄贈された約500点の版画を収蔵する東山魁夷 心の旅路館が、岐阜県中津川市(旧長野県木曽郡山口村)にある。東山魁夷 フレッシュアイペディアより)

  • 村上華岳

    村上華岳から見た兵庫県立美術館兵庫県立美術館

    観世音菩薩施無畏印像(1928年)(兵庫県立美術館村上華岳 フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示

「兵庫県立美術館」のニューストピックワード