具志堅 用高

具志堅用高 ニュース&Wiki etc.

具志堅 用高(ぐしけん ようこう、1955年6月26日 - )は、日本の元プロボクサー、男性タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。血液型A型。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「具志堅用高」のつながり調べ

  • 左利き

    左利きから見た具志堅用高

    特に野球、ボクシング、相撲、柔道など直接人と勝負するスポーツや一対一で必ず対戦するようなスポーツにおいては左利きであることが有利に作用する。右利きと左利きの人口比から左利きが右利きと対戦する機会が多いのに対して右利きは左利きと対戦する機会が少ないからである。右利きにとっては慣れないフォームの相手と戦う不利に加え、左利きが逆方向・逆回転の攻撃をしてくる。このため、多くのスポーツで左利きを利点として戦う選手がトップクラスにいる(ボクシングで世界王座13度防衛、うち6連続KO勝ちの記録を持つ具志堅用高も左利き)。一般的にサッカーやアイスホッケーなど、相手側と対称のコートで行う球技の場合、右側には右利きの選手、左側には左利きの選手を配置するのが有利であるとされる。(左利き フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た具志堅用高

    2010年に発足したプロボクシング・世界チャンピオン会が日本プロ野球名球会にならって設立されており、チャンピオン会副会長具志堅用高が「名球会と野球で対決したい」と発言。そこで、名球会現副会長であり、活躍の時期も同じ、そして20年以上の付き合いがある山本浩二と具志堅を呼び、2人の活躍の歴史を見た後、野球ではなく黒バラ恒例ゲーム対決(「スーパーマリオブラザーズ」、「ワニワニパニック」、「太鼓の達人」の3ゲーム)での勝負を行う。(中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

「具志堅用高」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「具志堅用高」のニューストピックワード