174件中 21 - 30件表示
  • ライトフライ級

    ライトフライ級から見た具志堅用高具志堅 用高

    1975年に設置。初代ライトフライ級王者はWBCはフランコ・ウデラ(イタリア)、WBAはハイメ・リオス(パナマ)。日本では具志堅用高(協栄)が初めて同級世界王座を獲得し、13度の世界最多防衛記録(当時)を樹立した階級である(1976年10月10日 - 1981年3月8日)。JBCが女子を公認した2008年には富樫直美(ワタナベ)が公認後初となる女子世界王座をこの階級で獲得した。ライトフライ級 フレッシュアイペディアより)

  • 前泊哲明

    前泊哲明から見た具志堅用高具志堅 用高

    初勝利を挙げた時には、巨人戦初登板初勝利という事で特に地元マスコミに注目され、家族には取材が殺到、当時活躍していたボクシングの具志堅用高と合わせて、一躍沖縄の星と呼ばれた。前泊哲明 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚博堂

    大塚博堂から見た具志堅用高具志堅 用高

    具志堅用高 - 「やつが行く」(作詞:藤公之介 編曲:小笠原寛)「今度生まれて来る時は」(作詞:るい 編曲:あかのたちお)1979年 LP「拳」大塚博堂 フレッシュアイペディアより)

  • エス・イー・シーエレベーター

    エス・イー・シーエレベーターから見た具志堅用高具志堅 用高

    テレビCMはかつてスポーツキャスターの佐々木信也を起用していたが、現在は元プロボクサーの具志堅用高が出演している。エス・イー・シーエレベーター フレッシュアイペディアより)

  • 蔵馬

    蔵馬から見た具志堅用高具志堅 用高

    名前の由来は、かつては蔵馬と同音である鞍馬からではないかと言われていたが、感覚で選んだ音に漢字を当てはめただけである。人間名の由来は南野陽子(南野妖狐)から。その他の候補の由来としては南田洋子(南田妖狐)、石田燿子(石田妖狐)、具志堅用高(具志堅妖狐+う)があった。ちなみに志保利の名は『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で演じた2代目麻宮サキの本名・早乙女志織から、母の再婚相手は(畑中妖狐→畑中葉子)である。蔵馬 フレッシュアイペディアより)

  • ボクサー (1977年の映画)

    ボクサー (1977年の映画)から見た具志堅用高具志堅 用高

    特別出演:輪島功一、具志堅用高、ファイティング原田、ガッツ石松ボクサー (1977年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立総合体育館

    広島県立総合体育館から見た具志堅用高具志堅 用高

    プロボクシングでは、旧広島県立体育館時代の1978年5月7日、当時の世界ボクシング協会ライトフライ級王者:具志堅用高(協栄ボクシングジム)がパナマ人ボクサーのハイメ・リオスを相手に5度目の防衛戦を行い、第13ラウンド2分59秒でKO勝ちし、王座防衛に成功した。広島県立総合体育館 フレッシュアイペディアより)

  • 卯木照邦

    卯木照邦から見た具志堅用高具志堅 用高

    沖縄から上京したての若かりし具志堅用高を下宿させていたこともあり、卯木が日本武道館で稽古をしている間、具志堅は皇居の周りをロードワークしていた。具志堅の世界戦のセコンドを務めたこともある。卯木照邦 フレッシュアイペディアより)

  • SOUL FIGHTING

    SOUL FIGHTINGから見た具志堅用高具志堅 用高

    なお、当時のCBCは自前の解説者がいなかったため、キー局TBSの解説者であった具志堅用高が解説を務めていた。また、1987年2月に畑中が日本スーパーフライ級王座を奪取した際、TBSがガッツファイティング枠(即ち関東ローカル枠)で放映したこの試合を、本来放送のないCBCでは、後日(1987年2月28日(土) 15:00~)特別に枠を作って放映するという異例の措置を取っている。SOUL FIGHTING フレッシュアイペディアより)

  • 日曜特集

    日曜特集から見た具志堅用高具志堅 用高

    さようならカンムリワシ 具志堅用高の栄光の奇跡(ここから90分枠)日曜特集 フレッシュアイペディアより)

174件中 21 - 30件表示

「具志堅用高」のニューストピックワード

  • 自分だけだったら負けていた

  • 優勝の喜びはここまで

  • 競争。2月1日に明言することもないと思う。ハイレベルな争いで勝ち取ってくれれば