168件中 111 - 120件表示
  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た通字

    沖縄県石垣市(石垣島)生まれ。旧琉球王国の士族の家系である具志堅親雲上用易を元祖とする允氏具志堅家の系譜であり、名乗り頭に「用」の字を用いている。地元の中学卒業後、沖縄本島に渡り興南高等学校に入学。興南高校とは別の高校も受験したが、試験用紙に名前を書き忘れてしまい落とされた。高校時代ボクシング部に入る前は野球部を志望していたが、身長が足りないことで入部を断られた。上原康恒の実父上原勝次や金城真吉、仲井真重次の特訓で天性の素質が開花。3年次でインターハイ・モスキート級優勝。同校卒業後に上京する。拓殖大学商学部の体育推薦入試に合格していたが、協栄ジムの金平正紀会長の命を受けた高橋勝郎マネージャーに半ば強引に勧誘され協栄ジムに入門。上京後は、後援者から沖縄県との習慣の違いなどの生活面を気遣われ、紹介された剣道家卯木照邦の元で下宿していた。生活は楽ではなく、5回目の世界王座防衛戦までとんかつ屋でバイトしていたという。アマチュア時代の戦績は62勝(50KO、RSC)3敗。アマチュアでのクラスはモスキート級(45kg以下)であったが、当時のプロはフライ級(112ポンド=50.802kg以下)が最軽量級であり、具志堅もフライ級でデビューすることとなった。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た文藝春秋 (雑誌)

    14度目の世界王座防衛戦で敗れた理由として、計量クリア後の褒美となっていたアイスクリームを食べることができず、そのことが頭に引っかかっていたからと日本テレビ『いつみても波瀾万丈』で語っている。『ダウンタウンDX』では、「あの時アイスクリームを食べていれば、20回は防衛できた」とも発言している。『文藝春秋』に本人が綴ったエピソードの中で、当時は計量後に、ステーキ250g、スッポンの生血、鰻を食べ、最後に必ずアイスクリームを食べることにしていたと書いている。そして、その14回目の王座防衛に失敗した時は、普段は来ない金平会長がやってきて「沖縄は暑いから(すぐに溶けてしまう)」とアイスクリームを取り上げたということ。具志堅本人は、これを「アイスクリーム事件」といって、ショックだったと書いている。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たクラブ (接待飲食店)

    協栄ジムの金平正紀前会長が広島出身で、広島東洋カープの後援会員だった関係で、毎年、会長とカープの日南キャンプに行っていたことから、カープの選手、特に山本浩二と仲良しになる。現役時代はお酒は飲んでいなかったが、引退後、山本の行きつけだった六本木のクラブに出入りしてお酒を飲み始め、ここで星野仙一や田淵幸一、東尾修ら野球選手、ビートたけしや高田文夫、片岡鶴太郎ら芸能人との付き合いが始まり、その後のタレント活動につなげた。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たアフロヘアー

    ニックネームは「カンムリワシ」。生来のサウスポー(ただし、書き手は右手)。ボクシングスタイルはファイタータイプ。血液型A型。トレードマークは独特のアフロヘアー(天然ではない)と口髭。入場テーマ曲はメイナード・ファーガソンの「Conquistador」(征服者)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た730 (交通)

    730(1978年・沖縄県の左側通行切り替えを周知するCM)具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た引越し

    オオトリ引越サービス(堺市の引越し業者。テレビ大阪で流れていた)(1990年代頃)具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たインターグシケン

    インターグシケン - 菊花賞(1978年)を制した競走馬。馬名は具志堅にちなむ。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たSPEC〜零〜

    SPEC〜零〜(2013年10月23日、TBS)- ボクサー 役具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た俳句

    ガッツ石松、輪島功一と共に出演した奥の細道を題材にした旅番組の俳句を作るコーナーで、指を折りながら五七五を数えていたにもかかわらず、出来た俳句は「みちのく 一人旅 志」というものだった。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たベネズエラ

    1979年1月7日には、神奈川県川崎市体育館にて2度目の防衛戦でも対戦(2-1の判定勝ち)したリゴベルト・マルカノ(ベネズエラ)を終始圧倒して7回KOに降し、7度目の防衛に成功。当時の日本人世界王者の最多防衛回数を更新(それまでの最多防衛記録は小林弘、輪島功一の6度)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

168件中 111 - 120件表示

「具志堅用高」のニューストピックワード