168件中 51 - 60件表示
  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た小林弘

    1979年1月7日には、神奈川県川崎市体育館にて2度目の防衛戦でも対戦(2-1の判定勝ち)したリゴベルト・マルカノ(ベネズエラ)を終始圧倒して7回KOに降し、7度目の防衛に成功。当時の日本人世界王者の最多防衛回数を更新(それまでの最多防衛記録は小林弘、輪島功一の6度)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た嘉陽宗嗣

    引退後は解説者として活躍する一方、芸能界でのタレント活動にも参加。1994年には日本人初のボクシング世界王者でもある白井義男と共同で「白井・具志堅スポーツジム」を開設。現在は同ジムの会長として後進育成に力を入れ、元日本スーパーフライ級王者の名護明彦、元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者の嘉陽宗嗣らを育てている。2017年5月20日には所属する比嘉大吾が前王者フアン・エルナンデスを破ってWBC世界フライ級王者となり、所属ジムから初の世界王者が誕生した。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たボブ・マーリー

    『世界戦の前日、ボブ・マーリーと喧嘩し、後に意気投合し、翌日の世界戦に招待した』、というエピソードがWikipediaの記事として載ったが、そのことを本人にインタビューした際、「ボブ・マーリーって誰?僕は誰とも喧嘩なんてしたことないよ」と、否定している。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た亀田三兄弟

    亀田兄弟の非常識な振る舞い、対戦相手・戦績の問題点、反則スタイルなどに対し、くりかえしテレビ番組などで問題を指摘し、改めるよう発言している、その後は亀田兄弟ともTVなどで共演をしており、具志堅に対しては敬意を表し接していた。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た山口圭司

    山口圭司は国際ジム入りが決まり掛けていたが、自身と同じ全日本高校王者から18歳でプロボクサーとなった具志堅や友利正の勧めで自身が憧れている井岡弘樹が所属していたグリーンツダに入門した。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た上原康恒

    沖縄県石垣市(石垣島)生まれ。旧琉球王国の士族の家系である具志堅親雲上用易を元祖とする允氏具志堅家の系譜であり、名乗り頭に「用」の字を用いている。地元の中学卒業後、沖縄本島に渡り興南高等学校に入学。興南高校とは別の高校も受験したが、試験用紙に名前を書き忘れてしまい落とされた。高校時代ボクシング部に入る前は野球部を志望していたが、身長が足りないことで入部を断られた。上原康恒の実父上原勝次や金城真吉、仲井真重次の特訓で天性の素質が開花。3年次でインターハイ・モスキート級優勝。同校卒業後に上京する。拓殖大学商学部の体育推薦入試に合格していたが、協栄ジムの金平正紀会長の命を受けた高橋勝郎マネージャーに半ば強引に勧誘され協栄ジムに入門。上京後は、後援者から沖縄県との習慣の違いなどの生活面を気遣われ、紹介された剣道家卯木照邦の元で下宿していた。生活は楽ではなく、5回目の世界王座防衛戦までとんかつ屋でバイトしていたという。アマチュア時代の戦績は62勝(50KO、RSC)3敗。アマチュアでのクラスはモスキート級(45kg以下)であったが、当時のプロはフライ級(112ポンド=50.802kg以下)が最軽量級であり、具志堅もフライ級でデビューすることとなった。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たジョージ・フォアマン

    1976年10月10日、山梨県甲府市の山梨学院大学体育館にて"リトル・フォアマン"の異名を持つWBA世界ライトフライ級王者ファン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に9戦目で挑戦。戦績21勝(15KO)1敗、うち初回KO勝ちが11度という強打の王者に対して、挑戦者・具志堅は開始当初から軽快に動き回り、一発を狙う王者を回転の速い連打で圧倒し、2回、4回にダウンを奪った。また、3回には手負いのグスマンの左フックを浴び、ロープに後退したが、グスマンの後続パンチを全てウィービングで外してピンチを切り抜けるなど、防御面でも天才的な動きを見せた。そして、7回開始早々、グスマンをロープに追い詰め、コンビネーションブローで3度目のダウンを奪ったところでKO勝ちとなり、沖縄県出身者初の世界王者となった。試合後「ワンヤ、カンムリワシニナイン(自分はカンムリワシになりたい)」と話したことから「カンムリワシ」の異名がついた。なお、9戦目での世界王座奪取は当時の国内最短記録となった(後に辰吉丈一郎に更新され、現在は田中恒成の5戦目)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た日本プロボクシング協会

    2007年春、東日本協会会長選への出馬を表明したが、結果的に断念。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たコンクリート

    ユーモラスな発言による笑い話は有名で『カモンはコンクリート(ブロック塀)(“家紋”を“家の門”と勘違いしたらしい)』『母校のデントウはナショナル(蛍光灯)(これも“伝統”と“電灯”の勘違い)』『おとうさんは海を歩いています(“うみあっちゃ〜”=“海で歩く人”=方言で“漁師”の意味“うみあっちゃ〜”を標準語でなんというのかわからず直訳してしまった)』『(クイズ番組で)ラッキーセブンの5』などの発言をしたことがある。2006年はこの発言集をまとめた本が出版された。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た甲府市

    1976年10月10日、山梨県甲府市の山梨学院大学体育館にて"リトル・フォアマン"の異名を持つWBA世界ライトフライ級王者ファン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に9戦目で挑戦。戦績21勝(15KO)1敗、うち初回KO勝ちが11度という強打の王者に対して、挑戦者・具志堅は開始当初から軽快に動き回り、一発を狙う王者を回転の速い連打で圧倒し、2回、4回にダウンを奪った。また、3回には手負いのグスマンの左フックを浴び、ロープに後退したが、グスマンの後続パンチを全てウィービングで外してピンチを切り抜けるなど、防御面でも天才的な動きを見せた。そして、7回開始早々、グスマンをロープに追い詰め、コンビネーションブローで3度目のダウンを奪ったところでKO勝ちとなり、沖縄県出身者初の世界王者となった。試合後「ワンヤ、カンムリワシニナイン(自分はカンムリワシになりたい)」と話したことから「カンムリワシ」の異名がついた。なお、9戦目での世界王座奪取は当時の国内最短記録となった(後に辰吉丈一郎に更新され、現在は田中恒成の5戦目)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「具志堅用高」のニューストピックワード