168件中 61 - 70件表示
  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た金沢市

    1980年6月1日、高知県民体育館にてマルチン・バルガス(チリ)を8回KOに降し、12度目の防衛に成功。ジュニアフライ級の世界王座防衛回数世界新記録(当時)を達成。その後、10月12日には石川県金沢市実践倫理会館に於いてペドロ・フローレス(メキシコ)を苦戦しながらも15回判定に降し、13度目の防衛にも成功(世界王座防衛13度は日本人男子世界王者の最多記録で、女子を含めると小関桃に次ぐ記録)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た引退

    1981年3月8日、地元沖縄県での凱旋試合として具志川市(現在のうるま市)の具志川市立総合体育館にて14度目の防衛戦を開催。前回の防衛戦で対戦したフローレスと再戦。回が進むにつれ、挑戦者のプレッシャーをかわし切れなくなっていく。8回に最初のダウンを奪われると、迎えた12回、挑戦者の右ストレートをまともに浴びて2度目のダウン。辛くも立ち上がり試合続行に応じたが挑戦者の追撃に襲われる。ここでセコンドからタオルが投入され世界王座陥落。この試合を最後に現役を引退した。本人が語った所によると、最初調子は悪くなかったが、序盤でパンチが目に入り、目がよく見えなくなり、そのあとは記憶が無く、ダウンしたことも翌日の報道で知ったと言う。その後、再戦の話が出るが、網膜剥離寸前と診断され一ヶ月通院。元のようには戦えないと思い、新婚の妻とも話し合ったすえに引退を決めた。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たFC琉球

    地元沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の二代目「ファイヤーサポーター」(初代は川平慈英)を務めており、具志堅をモチーフとしたマスコット「ぐしけんくん(仮)」も誕生している。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た男性

    具志堅 用高(ぐしけん ようこう、1955年6月26日 - )は、日本の元プロボクサー、男性タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。血液型A型。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たホストクラブ

    全日本ホストグランプリの審査委員長も務めている。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た菊花賞

    インターグシケン - 菊花賞(1978年)を制した競走馬。馬名は具志堅にちなむ。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た広島東洋カープ

    協栄ジムの金平正紀前会長が広島出身で、広島東洋カープの後援会員だった関係で、毎年、会長とカープの日南キャンプに行っていたことから、カープの選手、特に山本浩二と仲良しになる。現役時代はお酒は飲んでいなかったが、引退後、山本の行きつけだった六本木のクラブに出入りしてお酒を飲み始め、ここで星野仙一や田淵幸一、東尾修ら野球選手、ビートたけしや高田文夫、片岡鶴太郎ら芸能人との付き合いが始まり、その後のタレント活動につなげた。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たスポーツ振興くじ

    BIG(2013年 - ) - 「よけるマン」として出演。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見た興南中学校・高等学校

    沖縄県石垣市(石垣島)生まれ。旧琉球王国の士族の家系である具志堅親雲上用易を元祖とする允氏具志堅家の系譜であり、名乗り頭に「用」の字を用いている。地元の中学卒業後、沖縄本島に渡り興南高等学校に入学。興南高校とは別の高校も受験したが、試験用紙に名前を書き忘れてしまい落とされた。高校時代ボクシング部に入る前は野球部を志望していたが、身長が足りないことで入部を断られた。上原康恒の実父上原勝次や金城真吉、仲井真重次の特訓で天性の素質が開花。3年次でインターハイ・モスキート級優勝。同校卒業後に上京する。拓殖大学商学部の体育推薦入試に合格していたが、協栄ジムの金平正紀会長の命を受けた高橋勝郎マネージャーに半ば強引に勧誘され協栄ジムに入門。上京後は、後援者から沖縄県との習慣の違いなどの生活面を気遣われ、紹介された剣道家卯木照邦の元で下宿していた。生活は楽ではなく、5回目の世界王座防衛戦までとんかつ屋でバイトしていたという。アマチュア時代の戦績は62勝(50KO、RSC)3敗。アマチュアでのクラスはモスキート級(45kg以下)であったが、当時のプロはフライ級(112ポンド=50.802kg以下)が最軽量級であり、具志堅もフライ級でデビューすることとなった。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅用高

    具志堅用高から見たうるま市

    1981年3月8日、地元沖縄県での凱旋試合として具志川市(現在のうるま市)の具志川市立総合体育館にて14度目の防衛戦を開催。前回の防衛戦で対戦したフローレスと再戦。回が進むにつれ、挑戦者のプレッシャーをかわし切れなくなっていく。8回に最初のダウンを奪われると、迎えた12回、挑戦者の右ストレートをまともに浴びて2度目のダウン。辛くも立ち上がり試合続行に応じたが挑戦者の追撃に襲われる。ここでセコンドからタオルが投入され世界王座陥落。この試合を最後に現役を引退した。本人が語った所によると、最初調子は悪くなかったが、序盤でパンチが目に入り、目がよく見えなくなり、そのあとは記憶が無く、ダウンしたことも翌日の報道で知ったと言う。その後、再戦の話が出るが、網膜剥離寸前と診断され一ヶ月通院。元のようには戦えないと思い、新婚の妻とも話し合ったすえに引退を決めた。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

168件中 61 - 70件表示

「具志堅用高」のニューストピックワード