139件中 71 - 80件表示
  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た文化放送

    文化放送『くにまるワイド ごぜんさま〜』の「邦流」のコーナーにゲスト出演した際に、高校卒業後の話題になり、拓殖大学と協栄ジムとの間で激しい争奪戦があり、具志堅本人は当初、拓殖大学に入学するつもりで上京したが、空港に到着すると協栄ジムの高橋勝郎マネージャーが待ち構えていて、状況を把握しきれないままジムに連れて行かれ、そのままなし崩し的にプロ転向することになってしまい、大学への入学を辞退することになったと発言している。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見たエス・イー・シーエレベーター

    SECエレベーター「チャンピオン編」、「トレーニング編」、「アニメ・家族編」、「アニメ・スタッフ編」、「Wブレーキ編」(2005年 - )具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見たライトフライ級

    具志堅 用高(ぐしけん ようこう、男性、1955年6月26日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た石垣市

    具志堅 用高(ぐしけん ようこう、男性、1955年6月26日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た拓殖大学

    沖縄県石垣市(石垣島)生まれ。具志堅親雲上用易を元祖とする允氏具志堅家は名乗り頭が用である。地元の中学卒業後、沖縄本島に渡り興南高等学校に入学。上原康恒の実父上原勝次や金城真吉、仲井真重次の特訓で天性の素質が開花。3年次でインターハイ・モスキート級優勝。同校卒業後に上京する。拓殖大学商学部の体育推薦入試に合格していたが、入学を辞退し協栄ジムに入門。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た第82回選抜高等学校野球大会

    興南高校ボクシング部に入る前は野球部を志望していたが、身長が足りないことで野球部への入部を断られている。2010年センバツでは、興南高校OBとして決勝戦をアルプススタンドで観戦し同校のセンバツ初制覇を心から祝福している。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た協栄ボクシングジム

    協栄ジム初代会長の金平正紀が具志堅の世界初挑戦の時に「100年に一人の天才」というキャッチフレーズで売り出した。(具志堅引退後に同じライトフライ級でデビューした大橋秀行は“150年に一人の天才”)具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見たカンムリワシ

    ニックネームは「カンムリワシ」。生来のサウスポー(左利き)(ただし、書き手は右手)。ボクシングスタイルはファイタータイプ。血液型A型。トレードマークは独特のアフロヘアー(天然ではない)と口髭。入場テーマ曲はメイナード・ファーガソンの「Conquistador」(征服者)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見た世界ボクシング協会

    具志堅 用高(ぐしけん ようこう、男性、1955年6月26日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント。沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。太田プロダクション所属。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

  • 具志堅 用高

    具志堅用高から見たメキシコ

    1980年6月1日、高知県民体育館にてマルチン・バルガス(チリ)を8回KOに降し、12度目の防衛に成功。ジュニアフライ級の世界王座防衛回数世界新記録(当時)を達成。その後、10月12日には石川県金沢市実践倫理会館に於いてペドロ・フローレス(メキシコ)を苦戦しながらも15回判定に降し、13度目の防衛にも成功(世界王座防衛13度は日本人世界王者の最多記録で、2012年末現在も破られていない)。具志堅用高 フレッシュアイペディアより)

139件中 71 - 80件表示

「具志堅用高」のニューストピックワード

  • 自分だけだったら負けていた

  • 優勝の喜びはここまで

  • 競争。2月1日に明言することもないと思う。ハイレベルな争いで勝ち取ってくれれば