前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示
  • ヴィーナス (マスコットガール)

    ヴィーナス (マスコットガール)から見た内海哲也内海哲也

    Fighters Anthem Special ver. Giants Anthem(内海哲也) 加藤日香留ヴィーナス (マスコットガール) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た内海哲也内海哲也

    セ・パ交流戦全日程終了、パ・リーグが67勝66敗11分けで3年連続7度目の勝ち越し。なお、最優秀選手(MVP)は巨人の内海哲也、また優秀選手に贈られる「日本生命賞」はセが巨人の杉内俊哉、パは日本ハムの吉川光夫が選出された。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の読売ジャイアンツ

    2010年の読売ジャイアンツから見た内海哲也内海哲也

     このシーズンの読売ジャイアンツは2回目の原辰徳監督体制の5年目(通算7年目)のシーズンである。リーグ3連覇中の巨人はシーズン序盤から好調で6月終了時点で貯金17、2位阪神に5.0ゲーム差をつけていた。しかし、7月に入ると内海・藤井ら先発陣、クルーン・久保らリリーフ陣がともに打ち込まれるシーンが多くなり、月間チーム防御率が5点台に悪化した。投手陣の崩壊により、7月を負け越し、阪神に首位を明け渡すと、阪神、中日との三つ巴が終盤まで続いた。最終的に、阪神、巨人との直接対決でともに勝ち越した中日が優勝を飾り、巨人はシーズンを3位で終えた。クライマックスシリーズでは第1ステージで阪神に勝利したが、最終ステージで中日に敗れ、日本シリーズに出場できなかった。2010年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の読売ジャイアンツ

    2012年の読売ジャイアンツから見た内海哲也内海哲也

    マジック1で迎えた9月21日の東京ドームでの対東京ヤクルト21回戦、2回裏に阿部慎之助が先制のソロ本塁打、3回裏にも阿部の適時打、村田修一の犠飛で加点し、一時3点のリードを奪った。4-1で迎えた5回表、先発内海哲也が宮出隆自に3ラン本塁打を打たれ同点とされるが、6回裏一死満塁から長野久義の2点適時打にて再び勝ち越す。その後は7回を福田聡志、8回を山口鉄也が抑え、9回は西村健太朗が登板。二死の後、打者田中浩康の空振りの際に一塁走者雄平がカウントを間違え飛び出してしまい、タッチアウトとなり試合終了。3年ぶり34回目の優勝を決めた。2012年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た内海哲也内海哲也

    4月7日 - 中日の谷繁元信が対巨人戦(東京ドーム)で、2回表に内海哲也から左越に第1号本塁打を放ち、野村克也と並ぶ25年連続本塁打を記録、初年度からの連続は谷繁が初2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 内海五十雄

    内海五十雄から見た内海哲也内海哲也

    東京巨人軍に在籍した。主な出場ポジションは一塁手であった。現在、読売ジャイアンツに在籍する内海哲也は実孫。内海五十雄 フレッシュアイペディアより)

  • 中島俊哉

    中島俊哉から見た内海哲也内海哲也

    4月上旬に一軍昇格し、左投手キラーとして相手先発投手が左投手の時にほぼ全試合と言っていいほど出場。5月28日の巨人戦(東京ドーム)で内海哲也からプロ初本塁打を放った。6月3日の阪神戦では、本拠地Kスタ宮城での初本塁打(プロ第2号)を放ってお立ち台に上がる。そのヒーローインタビューの最中に同僚の草野大輔、横川史学から祝福のペットボトルの水を思いがけず背後から浴びせられ、仰天顔の写真が翌日のスポーツ紙の一面を飾った。またこの試合後、監督の野村克也は「中島? 顔覚えたよ。国分町で会っても分かるよ」と中島を認めるコメントを出した。その後も、夏場には右投手の時にも先発出場を果たすなどシーズンを通して好調を保ち、ほぼ1シーズン一軍に帯同し、規定打席未満ながら打率.315、5本塁打、25打点と成長を見せた。中島俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た内海哲也内海哲也

    ジャイアンツに勝つために筋力トレーニング、ルールを理解するためのクイズを行った黒バラメンバー。続いては集中力が必要と坂本勇人、内海哲也、阿部慎之助に(カンペを読みながら)言われたため、アハ体験や集中力を高めるゲームに挑戦し集中力を鍛える。この企画では上重アナが司会進行、嗣永桃子がアシスタントとして登場する。なお嗣永は進行しつつメンバーに絡み、集中力を削りにかかってくる。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 東野峻

    東野峻から見た内海哲也内海哲也

    開幕から先発ローテーションに加わり、7月14日のヤクルト戦でプロ入り初の完封勝利を挙げたものの、シーズンでは四死球70、被本塁打18、6暴投と制球難に苦しむ。無駄に球数を費やしテンポの悪い投球を繰り返したことで、原監督からは「砂遊びは卒業しなきゃいけない。同じような失敗が多すぎる」と苦言を呈された。防御率3.17はリーグ9位であったが、2か月以上勝ち星から見放されたこともあり、8勝8敗に終わった。クライマックスシリーズはアドバンテージを含んだ3勝1敗で迎えた第4戦の先発を任され、4回1/3を自責点1で降板。日本シリーズは第2戦に先発をした内海哲也が2回2/3を4失点で降板した後を受けて登板、3回1/3を無失点の好投。これを評価され巨人3勝2敗で迎えた第6戦の先発を任されたが1回二死一塁から高橋信二の打球を右手の甲に受け緊急降板。チームは日本一となったが、勝利投手とはなれなかった。東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木将光

    鈴木将光から見た内海哲也内海哲也

    入団7年目で初めて一軍に昇格。9月13日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)に「7番・右翼手」としてスタメンで一軍デビューを果たすと、2回表の一軍初打席で先発の内海哲也から初安打を放った。また、ウエスタン・リーグ公式戦には78試合へ出場。打率.275、3本塁打、22打点という成績を残した。鈴木将光 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
111件中 1 - 10件表示