111件中 91 - 100件表示
  • ブラッド・エルドレッド

    ブラッド・エルドレッドから見た内海哲也内海哲也

    初打席:同上、1回表に内海哲也から右飛ブラッド・エルドレッド フレッシュアイペディアより)

  • 田口麗斗

    田口麗斗から見た内海哲也内海哲也

    ドラフト指名時には「小さいころから夢見た舞台に立てるのでうれしいです。頭が真っ白になりました」と語り、高校日本代表として共に戦った松井裕樹との対戦を熱望し、目標は最終的には「200勝投手、内海さんのように誰からも信頼されるエースになりたいと思います」と語っている。田口麗斗 フレッシュアイペディアより)

  • 澤村拓一

    澤村拓一から見た内海哲也内海哲也

    2012年に巨人が日本一に輝いた際に出演したテレビ番組「中井正広のブラックバラエティ」で「日本一になったらなにをするか」と問われ、阿部慎之助、内海哲也が「家族サービス」と答える中、「トレーニング」というほどの練習好き。特に大学時代から取り組み始めたウェイトトレーニングに熱心で、2011年時点ではスクワットで240kgの重量を10回持ち上げた。しかし2014年の自主トレの段階では「3年やったけど、結果を残せなかった。今年、真価が問われる年だと言われているのに、同じことを繰り返しているようでは馬鹿でしょう」と言う理由で高重量のバーベルを使った練習は行わなくなり、体を上手く使う技術を追求することを模索し始めた。澤村拓一 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た内海哲也内海哲也

    巨人時代の原辰徳監督からは絶大なる信頼を受けていた。移籍当初の巨人はFA制度を利用しての補強が相次ぎ、その影響で世代交代・若手の育成が急務だった。原は木村に同じく巧打・堅守で知られた川相昌弘のような役割を期待していた。木村が守備で緩慢なプレーでミスをした際、すぐ交代させるなど、木村には若手への見本となるためのハードルを高く敷いた。木村もこれによく応え、野手のチームリーダー格として若手を牽引した。木村が引退時の巨人は小笠原・アレックス・ラミレス・マーク・クルーンなどまだ他球団からの移籍選手に依存していたが、2012年の優勝では打者では坂本勇人、長野久義、阿部慎之助、投手では内海哲也、山口鉄也、西村健太朗などが主力となり、木村の努力は実を結んだといえる。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た内海哲也内海哲也

    2013年シーズン序盤は前年に引き続き打撃不振に苦しみ、交流戦中の6月12日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では8年ぶりに9番打者として出場。しかし、グリップの位置を肩まで下げるように打撃フォームを改造したことが功を奏し、7月は自身初の月間打率4割などの成績で、2008年7月以来5年ぶり、巨人移籍以降では初の月間MVPを獲得。8月30日の対中日戦(東京ドーム)でセ・リーグタイ記録の月間45安打。翌31日の同カードで新記録の月間46安打を記録し、2か月連続で月間MVPを獲得した。最終的にはシーズン終盤まで争った最多安打のタイトルは逃したが、自己最多の164安打を記録し、3年ぶりの25本塁打、5年ぶり2度目の打率3割を達成した。また、前年に続きベストナインを獲得した。日本シリーズ終了後の秋季練習では監督の原辰徳から「生え抜きではないが、俺は修(修一)に(選手会長を)託そうと思っている。」と4年間務めた内海哲也の後の選手会長に任命され、第18代・選手会長に就任した。初代選手会長である長嶋茂雄以降は常に生え抜きの選手が務めてきたが、投手野手関係なく後輩を食事に連れて行くなどチームメイトの信頼も厚く、リーダーシップを発揮していたことが抜擢につながった。契約更改では新たに3年総額10億円で契約を結んだ。また、自身初めて三塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞した。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川光夫

    吉川光夫から見た内海哲也内海哲也

    は開幕から先発ローテーション入りし、4月1日の埼玉西武ライオンズ戦では黒星を喫したものの8回1失点と好投を見せ、4月8日の千葉ロッテマリーンズ戦では1438日ぶりの勝利を挙げた。交流戦では内海哲也と並ぶトップタイの4勝を挙げ、防御率1.42と安定した内容でセ・パ交流戦優秀選手賞(パシフィック・リーグ)を受賞した。なお6月5日の広島東洋カープ戦では3回に東出輝裕の頭部に当て危険球による退場処分を受けた。8月11日の西武戦では、新人以来5年ぶりとなる完封勝利を自身初の無四球で飾ると、次の登板である8月17日のロッテ戦では自身初の2桁勝利をマークするなど、完全復活を印象付けた。最終的にはリーグ2位の14勝を挙げ、自身初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得し、パ・リーグMVPに選ばれチームの優勝の原動力となるなど、前年までの不振を全て払拭したシーズンとなった。しかし、巨人との対戦となった日本シリーズでは一転して肘の痛みと変化球の制球に苦しみ、第1戦、第5戦と先発するが、レギュラーシーズンで3本塁打だったジョン・ボウカーに両試合ともに本塁打を打たれ、いずれも敗戦投手になった。吉川光夫 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊現代

    週刊現代から見た内海哲也内海哲也

    2007年5月5・12日号で、『野村克也東北楽天ゴールデンイーグルス監督「野間口投手“巨人入団”の裏巨額謝礼金」疑惑』、さらには5月19日号で、『まだまだある球界汚染 巨人の内海哲也選手に裏金疑惑』と続けて報じ、汚染の原因は巨人と報じた。これに対し野村克也や巨人は「裏金工作はありえない」と抗議文書を送付した。週刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た内海哲也内海哲也

    2009年12月17日 - 読売ジャイアンツ(内海、亀井、越智、山口、松本、東野、坂本・5枚)※通常放送関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • リック・ガトームソン

    リック・ガトームソンから見た内海哲也内海哲也

    初安打:2005年6月28日、対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)、4回表に内海哲也から左前安打リック・ガトームソン フレッシュアイペディアより)

  • ピタゴラスイッチ

    ピタゴラスイッチから見た内海哲也内海哲也

    ジャイアンツのピッチャーのみなさんといっしょ(内海哲也・木佐貫洋・久保裕也・林昌範)ピタゴラスイッチ フレッシュアイペディアより)

111件中 91 - 100件表示