111件中 101 - 110件表示
  • オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム (日本プロ野球)から見た内海哲也内海哲也

    地方球場での試合では、その球場の主管球団に相当する順番の球団(地方開催時はNPB主管のため)の投手が先発を務めることが多い。例としては、2006年第2戦(サンマリンスタジアム宮崎)の先発が、全セは宮崎をキャンプ地とする巨人の内海哲也で、全パは地元九州(宮崎市はキャンプ地でもある)福岡ソフトバンクの斉藤和巳だった。オールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ズームイン!!サタデー

    ズームイン!!サタデーから見た内海哲也内海哲也

    2000年代後半からは大道典嘉(現・福岡ソフトバンクホークス2軍打撃コーチ)を筆頭に、鶴岡一成(引退)、古城茂幸(引退)、亀井義行などで結成されたウーウー隊(柳沢慎吾の持ちネタでパトカーのサイレンを真似した「ウーウー」を頻繁に行う集団。)のメンバーや、坂本勇人、松本哲也、鈴木尚広、内海哲也、村田修一といった選手の他、コーチの篠塚和典(2010年に退団)や川相昌弘、巨人軍球団職員のジョン・チョンヨン(イ・スンヨプ(現・三星ライオンズ)の専属通訳)などが多く登場し、上記の巨人を去った地位所有者の後を継ぐような形で活躍している。特に大道はこのコーナーで選手を仕切る事が多く、司会の宮本から「(番組)プロデューサーみたいだ」などと言われたことがある。ズームイン!!サタデー フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス

    東京ガスから見た内海哲也内海哲也

    野球 - 社会人野球では都市対抗野球へ出場する強豪で、小林雅英が千葉ロッテマリーンズから、また内海哲也が読売ジャイアンツからドラフト会議での自由枠指名を受けて入団した。詳しくは東京ガス硬式野球部の項を参照。東京ガス フレッシュアイペディアより)

  • 岡島豪郎

    岡島豪郎から見た内海哲也内海哲也

    ''、右肘痛の影響で、5月に入ってから一軍へ昇格した。一軍公式戦では当初、4試合に捕手として先発出場。正捕手の嶋の打撃が好調で捕手としての出場機会が限られたことから、セ・パ交流戦の期間中に自ら志願して、大学2年次まで経験していた外野守備の練習を再開した。5月24日の読売ジャイアンツ戦でプロ入り後初めて外野(ライト)の守備に就くと、6月30日のオリックス・バファローズ戦ではスタメンとしては初めて外野手(レフト)で起用される。7月29日のチームの決起集会で監督の星野に「(守備位置は)どこでもいいので使ってください!」と直訴した。同月31日の西武戦(こまちスタジアム)からは、聖澤諒に変わって「1番・右翼手」としてレギュラーに定着。一軍公式戦では規定打席には届かなかったものの、79試合に出場。打率.323、出塁率.405、OPS.790の好成績を残し、球団初のリーグ優勝の原動力となった。巨人との日本シリーズでも全試合に1番打者として出場、打率.259ながら第5戦では内海哲也から先制打、第7戦では杉内俊哉から追加点となる適時打と勝負強さを発揮して勝利に貢献、チーム初の日本一にも大きく貢献した。オフの11月には、台湾で行われた「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」の日本代表に選出された。岡島豪郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村紀洋

    中村紀洋から見た内海哲也内海哲也

    3500塁打:2012年9月28日、対読売ジャイアンツ戦20回戦(横浜スタジアム)、2回裏に内海哲也から右前安打 ※史上26人目中村紀洋 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た内海哲也内海哲也

    は同じ左腕の岩田稔など投手陣に故障者が出た影響もあって開幕から先発ローテーション入り。6月までは打線の援護に恵まれない試合もあって負けが先行し、7月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦では5回途中4失点で敗戦投手となり、その後3試合はリリーフでの登板となった。7月19日の対巨人戦で再び先発して9回を2安打無失点12奪三振で勝利投手となった後は登板した11試合全てに先発して9勝2敗と安定した投球を続け、プロ入り後初の規定投球回到達となるリーグ9位の165回を投げ、共に同4位の防御率2.62に13勝、同2位の154奪三振といずれもチームトップの成績を記録した。同年は対巨人戦で内海哲也を相手に4試合連続で投げ勝ち、広島東洋カープに対しても7試合の登板で4勝して防御率1.45と得意にした。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た内海哲也内海哲也

    2013年1月1日、- 坂本勇人、内海哲也、澤村拓一、山口鉄也、長野久義と共に出演し、ストラックアウトに挑戦した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た内海哲也内海哲也

    3月15日、球団が1997年から2004年度に6選手と結んだ契約でこのうち計27億円が最高標準額(2007年までは上限ではなく超えても構わないというのがプロ野球全体の理解であり、超過の場合に制裁措置と定められたのは2007年以降)を超過していたのではないかと朝日新聞の記事で報じられた。開幕序盤は球団史上初の開幕戦完封負けを喫するなど低迷し、4月4日の対広島戦(マツダ)に敗れ単独最下位となり、開幕8試合で5度の完封負けで46イニング無得点を記録するなど、4月は2度の5連敗を記録した。しかし、原監督は「必ず噛み合う様になる」と信じた通り、5月は6日の阪神戦から25日のロッテ戦まで10連勝(3分挟む)を記録、5月14日に勝率5割としている。交流戦に入っても好調は続き、6月6日にリーグ首位に立ち、6月16日の対楽天戦(Kスタ宮城) に勝利して、セ・リーグ球団初の交流戦優勝を達成。その後中日との首位争いとなるが、7月1日に首位に立つと、前半戦を中日と4.5ゲーム差、貯金20の首位で折り返す。後半戦に入り8月には6連勝と7連勝を記録、8月23日に優勝へのマジックナンバー30を点灯させ、9月8日の対ヤクルト戦(新潟)に勝利してクライマックスシリーズ進出を決め、9月21日の対ヤクルト戦(東京ドーム)で勝利して3年ぶり34度目のリーグ優勝を達成。最終的に86勝43敗15分で、2位中日に10.5ゲーム差。打者では阿部慎之助が首位打者、打点王の二冠、長野と坂本が最多安打を獲得、投手では内海哲也が最多勝、杉内俊哉が最多奪三振、最高勝率の二冠を獲得した。チームとしても防御率2.16は、1966年の西鉄ライオンズ(2.13)以来の好成績となった。クライマックスシリーズファイナルステージでは2位の中日と対戦するが、3連敗で中日に王手をかけられた後に怒涛の3連勝という、クライマックスシリーズ史上初の3連敗からの3連勝で日本シリーズ進出を決める。日本ハムとの日本シリーズは4勝2敗で3年ぶり22度目の日本一を達成。アジアシリーズ2012では決勝戦で台湾のLamigoモンキーズに6対3で勝利し、初のアジア王者となった。これで交流戦、セ・リーグ、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、アジアシリーズの全てで優勝し、日本プロ野球史上初の5冠を達成した。ドラフト会議では前年日本ハムの1巡目指名を拒否した東海大の菅野智之を単独指名で獲得した。また東野をオリックスへトレードし、交換で阿南徹と香月良太を獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 坂本勇人

    坂本勇人から見た内海哲也内海哲也

    2009年12月17日 - 内海哲也、山口鉄也、越智大祐、東野峻、亀井義行、松本哲也とともに出演。坂本勇人 フレッシュアイペディアより)

  • シンカー・スクリューボール

    シンカー・スクリューボールから見た内海哲也内海哲也

    1人の投手が縦横・大小複数のシンカーを投げ分けることもあり、潮崎哲也は緩急2種類のシンカーを投げたが、遅いシンカーは浮き上がってから落ちる逆方向のカーブのような軌道だった。これはスクリューと呼ぶこともできるが、呼び方は投手によって様々で、潮崎は遅いシンカーと呼んでいた。中には内海哲也のように、チェンジアップと呼ばれていた変化球を自らスクリューと呼ぶようになる選手もいる。山田久志は自らのシンカーをスプリット系と語り、速い球速で鋭く落ちたという。この様なシンカーは高速シンカーとも呼ばれる。シンカー・スクリューボール フレッシュアイペディアより)

111件中 101 - 110件表示