111件中 11 - 20件表示
  • ジェレミー・パウエル

    ジェレミー・パウエルから見た内海哲也内海哲也

    から仰木彬の勧めで登録名をJPに変更する。開幕前には川越英隆・ケビン・バーンと共に先発三本柱として期待され、チーム最多の14勝を挙げた。また、チーム唯一の規定投球回到達投手だった。同年から始まったセ・パ交流戦では、5月11日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で、交流戦における投手第1号本塁打を内海哲也から放った。シーズンオフに残留交渉が難航し、12月2日に自由契約となる。ジェレミー・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • 梶谷隆幸

    梶谷隆幸から見た内海哲也内海哲也

    「この時期まで試合ができるというのがめちゃくちゃ幸せだし、楽しみ。シーズン中とは違うというのは想定して、準備してきましたから、プレーでも示したい。上のチームを叩いて、チーム全員で向かっていきたい」という姿勢で臨んだ2016年のCSでは、巨人とのファーストステージ第1戦(10月8日)で、3回表にマイルズ・マイコラスから放った打球が東京ドームのバックスクリーン右側を直撃。この打球によって、チームのCS初本塁打と初打点を記録した。ファーストステージ第3戦で内海哲也から死球を受けて左手薬指を骨折したが、チームは広島とのファイナルステージへ進出。チームは1勝4敗で日本シリーズへの進出を逃したが、梶谷自身は全5試合に出場しながら骨折をものともしないプレーで奮闘した。特に第3戦(10月15日)では、5回表の打席で勝ち越しの適時打を放つと、3点リードの8回裏2死満塁で迎えたピンチでは新井貴浩の飛球を右翼ファウルゾーンでダイビングキャッチ。攻守にわたる活躍によって、チームにステージ唯一の勝利をもたらした。なお、梶谷はシリーズ終了後に、「2015年(のシーズン前半)に首位に立っていた時には、正直なところ優勝のイメージが湧かなかった。でも、CSを経験したことで、(個人でもチームでも)優勝の具体的なイメージが浮かぶようになっている」と述懐している。梶谷隆幸 フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・メッセンジャー

    ランディ・メッセンジャーから見た内海哲也内海哲也

    のシーズン当初は中継ぎとして起用されていたものの、不安定な投球が続いたことや先発投手の駒不足から、阪神はシーズン開始直後にジェイソン・スタンリッジを獲得、メッセンジャーはスタンリッジと入れ替わりで4月23日に二軍落ちした。二軍ではリリーフから先発への変更を目標に、長いイニングを投げるための調整を行った。その後、7月までは二軍暮らしを強いられたものの、先発ローテーションの一角だったケーシー・フォッサムが不振から二軍落ちし、それに代わる先発投手として昇格。7月11日の対横浜ベイスターズ10回戦で来日後初先発し、6回2失点で勝利を挙げた。8月4日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で内海哲也から左中間越えの大飛球を放ったところ、いったん本塁打と判定。ビデオ判定で打球が外野フェンスの最上部に当たっていることが判明したため、判定が二塁打に変更されたが、先発投手としては7回を2失点に抑えて勝利投手になった。しかし、9月8日の対中日ドラゴンズ戦で森野将彦に頭部死球を当てて危険球退場となり、その後も序盤に大量失点を与えたりと不安定な登板が続いて、5勝6敗、防御率4.93でシーズンを終えた。この成績のため翌年の契約は流動的であったが、新しく外国人選手を獲得するより計算できるとの首脳陣の判断によりオフに再び1年契約を結んだ。シーズン後には土木作業でトレーニングする意味合いも兼ねて、自宅の庭に馬小屋とブルペンを自作して自主トレーニングをしていた。ランディ・メッセンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た内海哲也内海哲也

    は、長野久義を獲得し前年同様優勝が期待されたが、前年度活躍した内海哲也、東野峻、ゴンザレス、オビスポといった主力投手がそろって不調に陥り、高橋尚成の退団やマーク・クルーンの救援失敗も響いてチーム防御率が1点近く悪化し、連覇を逃した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

  • 山田哲人

    山田哲人から見た内海哲也内海哲也

    ''4月5日に代打でシーズン公式戦初出場、初打席、初安打を記録。8月10日の対読売ジャイアンツ戦で内海哲也から初本塁打を記録した。山田哲人 フレッシュアイペディアより)

  • 三田政夫

    三田政夫から見た内海哲也内海哲也

    1938年、東京巨人軍に入団。同期入団には、川上哲治、千葉茂、楠安夫、吉原正喜、内海五十雄(内海哲也の祖父)、岩本章、野村高義がおり「花の13年組」と呼ばれたメンバーの1人でもあった。しかし、当時の巨人の外野は呉波、中島治康、伊藤健太郎がおり出場機会に恵まれなかった。1939年までの2年間で59試合出場、通算15安打に終わり(花の13年組では、内海〈通算20試合出場、1安打〉に次いで少ない)、1939年11月16日の名古屋軍戦(後楽園球場)に藤本定義監督の計らいでスタメン出場させてもらったのを花道に、1939年シーズン終了後応召(シーズン中に徴兵検査に合格していたため、シーズン終了後に応召される事となっていた)。その後、戦死した(没年月日、死没場所は不明)。三田政夫 フレッシュアイペディアより)

  • 覚前昌也

    覚前昌也から見た内海哲也内海哲也

    中学時代には「京都田辺硬式野球部」で下級生から中心選手として、1年時から3年連続全国大会優勝を達成。その当時、元ヤクルトの三上真司・元阪神の東辰弥・元日本ハムの駒居鉄平・巨人の内海哲也・ロッテの今江敏晃らと共に汗を流していた。3年時には、全日本代表に選出。3番・キャプテンとして、世界大会に出場し、世界一を達成。その当時のボーイズリーグで№1プレーヤーと称された。覚前昌也 フレッシュアイペディアより)

  • 小俣進

    小俣進から見た内海哲也内海哲也

    現役引退後はロッテ、巨人の打撃投手を務めた後、に長嶋茂雄が巨人監督に就任するとともに専属広報となる。長嶋の監督退任後は終身名誉監督付き総務部主任を務め、その後はスカウトとして星野真澄などを担当した。プロ野球コンベンション2011では、内海哲也、長野久義、藤村大介、阿部慎之助、澤村拓一、リン・イーハウの6選手と共にスタッフ部門賞で表彰される。2011年12月末で退団。小俣進 フレッシュアイペディアより)

  • 志田宗大

    志田宗大から見た内海哲也内海哲也

    2009年はシーズン初打席で内海哲也から2004年以来となる本塁打を記録しお立ち台に上がる。クライマックスシリーズ1stステージ第3戦では、8回表1死満塁のチャンスで代打に起用されたが併殺打に倒れる。志田宗大 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の読売ジャイアンツ

    2013年の読売ジャイアンツから見た内海哲也内海哲也

    6月16日 - 内海哲也が対ソフトバンク戦(ヤフオク)でNPB通算100勝、史上131人目2013年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

111件中 11 - 20件表示

「内海哲也」のニューストピックワード