74件中 11 - 20件表示
  • エキサイトベースボールマネージャーズ

    エキサイトベースボールマネージャーズから見た内海哲也内海哲也

    内海哲也(読売ジャイアンツ)エキサイトベースボールマネージャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 志田宗大

    志田宗大から見た内海哲也内海哲也

    2009年はシーズン初打席で内海哲也から2004年以来となる本塁打を記録しお立ち台に上がる。クライマックスシリーズ1stステージ第3戦では、8回表1死満塁のチャンスで代打に起用されたが併殺打に倒れる。志田宗大 フレッシュアイペディアより)

  • 竹嶋祐貴

    竹嶋祐貴から見た内海哲也内海哲也

    指名挨拶時には「1年間けがせずに活躍する内海哲也投手が目標。エースと呼ばれるような大きな投手になりたい」と抱負を語った。また、ダルビッシュ有投手のようなしなやかな身体作りも目標としている(仮契約時コメントより)。この世代を代表する選手である中田翔との対戦を楽しみにしており、「直球で3球勝負したい」とコメントしている。竹嶋祐貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た内海哲也内海哲也

    セ:○前田健(広島)、内海(巨人)、久保裕(巨人)、山口(横浜)、越智(巨人)、岩瀬(中日)、S藤川球(阪神) - 阿部(巨人)、城島(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 田中良平 (野球)

    田中良平 (野球)から見た内海哲也内海哲也

    高校生になってから投手に転向。森大輔(七尾工業高)・内海哲也(敦賀気比高)とともに北陸三羽ガラスと呼ばれた。田中良平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た内海哲也内海哲也

    巨:内海(5回) - 西村(1回) - 越智(1回) - 豊田(1回)- クルーン(0回) - 山口(3回) - 東野(1回)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スライダー (球種)

    スライダー (球種)から見た内海哲也内海哲也

    スラーブ(英: Slurve)とはスライダーとカーブの中間的な変化をする球種である。そのほとんどはリリース時に切り方を深くしたスライダーで、カーブ程大きく山なりにはならない。石井一久、内海哲也、山井大介、岩田稔などが決め球として投げており、木田優夫は同種の球を「カイダー」と呼んで投げていた。スライダー (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 敦賀気比高等学校・付属中学校

    敦賀気比高等学校・付属中学校から見た内海哲也内海哲也

    内海哲也 - プロ野球選手(読売ジャイアンツ)※2000年夏の県大会の準優勝投手敦賀気比高等学校・付属中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)から見た内海哲也内海哲也

    11月17日14時より新高輪プリンスホテルで行われ、86選手の交渉権が確定した。シドニーオリンピックが行われた年で、山田秋親、阿部慎之助ら五輪代表選手が上位で多く指名された。横浜を除く11球団が投手または捕手を1位指名したため、横浜の内川聖一が20世紀最後のドラフト1位内野手となった。また巨人志望の内海哲也をオリックスが指名したが、2度の交渉でも内海の意思は変わらず入団を拒否し東京ガスに入社した。この入団拒否について、仰木彬監督が指名直後に直接電話したことで内海の心境は揺らいだが、巨人が敦賀気比高で内海とバッテリーを組んでいた李景一を8位指名したことが、内海の巨人入りへの思いを強める結果になったとされている。2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た内海哲也内海哲也

    オフには背番号を50から同年に引退した塩崎真が付けていた31に変更された。2011年は、開幕こそ二軍スタートだったが、6月11日に一軍登録。同日の巨人戦でスタメン出場を果たすと、内海哲也から本塁打を放った。その後も左投手が先発する試合でスタメン出場するケースが多かったが、7月3日の古巣・ソフトバンク戦では、9回裏に同点に追いついた直後に李承燁の代打で出場し、森福允彦から自身7年ぶりにサヨナラ打を放ち、このカードの同一3連勝を劇的な形で締めた。また、このサヨナラ打で、前日の鈴木郁洋・同月5日の赤田将吾と共に、球団史上初の3試合連続サヨナラ勝ちに貢献した。しかし、その後は打撃がふるわず、打率.205、2本塁打8打点に終わった。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「内海哲也」のニューストピックワード