111件中 21 - 30件表示
  • エキサイトベースボールマネージャーズ

    エキサイトベースボールマネージャーズから見た内海哲也内海哲也

    内海哲也(読売ジャイアンツ)エキサイトベースボールマネージャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 荒金久雄

    荒金久雄から見た内海哲也内海哲也

    オフには背番号を50から同年に引退した塩崎真が付けていた31に変更された。2011年は、開幕こそ二軍スタートだったが、6月11日に一軍登録。同日の巨人戦でスタメン出場を果たすと、内海哲也から本塁打を放った。その後も左投手が先発する試合でスタメン出場するケースが多かったが、7月3日の古巣・ソフトバンク戦では、9回裏に同点に追いついた直後に李承燁の代打で出場し、森福允彦から自身7年ぶりにサヨナラ打を放ち、このカードの同一3連勝を劇的な形で締めた。また、このサヨナラ打で、前日の鈴木郁洋・同月5日の赤田将吾と共に、球団史上初の3試合連続サヨナラ勝ちに貢献した。しかし、その後は打撃がふるわず、打率.205、2本塁打8打点に終わった。荒金久雄 フレッシュアイペディアより)

  • 仲澤忠厚

    仲澤忠厚から見た内海哲也内海哲也

    敦賀気比高では内海哲也や李景一らとともに2年秋(1999年)の福井大会、北信越大会で優勝を果たし、翌年の第72回選抜大会への出場を確実とした(実際には辞退)。また第30回明治神宮野球大会高校の部においては、強力打線の主軸として全試合で安打を打つなど活躍し準優勝。ちなみに秋の県大会、北信越大会においても全試合で安打を打っている。背筋力280キログラム以上、50メートル6秒台前半、遠投120メートルといった高い身体能力で走攻守すべてを兼ね備えた超高校級内野手として注目され上位指名確実と言われていた。仲澤忠厚 フレッシュアイペディアより)

  • 香田勲男

    香田勲男から見た内海哲也内海哲也

    から2年間は近鉄の一軍投手コーチ(ブルペン)を務めた。から8年間は巨人の投手コーチを務め、2004年・からまでは二軍、・からまでは一軍(ブルペン)を担当し、内海哲也、山口鉄也を育て上げた。香田勲男 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の読売ジャイアンツ

    2016年の読売ジャイアンツから見た内海哲也内海哲也

    4月からのヤクルト戦3連敗、6日からの中日戦3連敗し3位まで順位を落とす。11日阪神戦に勝利し再び首位に立ち、坂本が打率・359で首位打者。13日、クルーズが復帰。17日、内海哲也が今季初登板。5回2/3を3失点で降板しチームはそのまま敗退した。23日、ギャレットが降格し、レスリー・アンダーソンが今季初昇格。26日、大竹寛が今季初登板。27日、5位に転落。31日、阿部慎之助が5番DHで今季初出場。2016年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本プロ野球

    2010年の日本プロ野球から見た内海哲也内海哲也

    9月15日 - 巨人の内海哲也が対ヤクルト戦でNPB史上323人目の通算1000投球回2010年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の野球

    2000年の野球から見た内海哲也内海哲也

    12月3日 - オリックスからドラフト1位で指名された敦賀気比高校の内海哲也が同球団との2度目の入団交渉で、入団拒否の意思を示し、球団側も獲得を断念。2000年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 李景一

    李景一から見た内海哲也内海哲也

    敦賀気比高等学校時代は内海哲也、仲澤忠厚とチームメイトであり、内海とはバッテリーを組んでいた。李景一 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部健太

    阿部健太から見た内海哲也内海哲也

    は打撃投手としてシーズンを迎えたが、この年のチームは二軍クラスの内野手・外野手に故障者が続出しており、イースタン・リーグの公式戦で投手を外野手や指名打者、複数の捕手を内野手として同時にスタメンへ起用するほどの野手不足に陥っていた。その中で編成部長の松井優典から、現役引退から間もない阿部の身体能力や野球センスの高さが注目され、7月8日に球団と育成選手契約を結んで現役に復帰した。チームの支配下登録投手が不慣れな野手としての出場によって故障する事態を避けるため、投手としての登録でありながら「野手としてイースタン・リーグの公式戦にのみ出場する」という異例の条件であった。育成契約での年俸は推定550万円で、背番号は打撃投手として付けていた「107」を引き続き使用。契約直後の7月14日、イースタン・リーグの対読売ジャイアンツ戦(戸田球場)に8番・左翼手としてスタメンに起用され、調整登板の内海哲也から適時打を放って、現役復帰後初の安打・打点を記録した。このシーズンは同リーグで11試合に出場し、17打数2安打3打点の成績を残したが、すべて野手としての出場であり、投手としての登板機会はなかった。10月2日に自身3度目の戦力外通告を受け、改めて現役を引退。スカウトへ転身した。10月30日にNPBから自由契約選手として公示された。阿部健太 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の中日ドラゴンズ

    2013年の中日ドラゴンズから見た内海哲也内海哲也

    4月7日 - 谷繁元信が対巨人戦(東京ドーム)で、2回表に内海哲也から左越に第1号本塁打を放ち、野村克也と並ぶ25年連続本塁打を記録、初年度からの連続は谷繁が初2013年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

111件中 21 - 30件表示

「内海哲也」のニューストピックワード