74件中 41 - 50件表示
  • 吉川光夫

    吉川光夫から見た内海哲也内海哲也

    、4月1日の埼玉西武ライオンズ戦では黒星を喫したものの8回1失点と好投を見せ、4月8日の千葉ロッテマリーンズ戦では1438日ぶりの勝利を挙げた。交流戦では内海哲也と並ぶトップタイの4勝を挙げ、防御率1.42と安定した内容でセ・パ交流戦優秀選手賞(パシフィック・リーグ)を受賞した。8月11日の西武戦では、新人以来5年ぶりとなる完封勝利を自身初の無四球で飾ると、次の登板である8月17日のロッテ戦では自身初の2桁勝利をマークするなど、完全復活を印象付けた。最終的にはリーグ2位の14勝を挙げ、自身初のタイトルとなる最優秀防御率を獲得し、パリーグMVPに選ばれチームの優勝の原動力となるなど、前年までの不振を全て払拭したシーズンとなった。しかし、巨人との対戦となった日本シリーズでは一転して肘の痛みと変化球の制球に苦しみ、第1戦目、第5戦目と先発するがいずれもジョン・ボウカー(レギュラーシーズンの本塁打は3本)に本塁打を打たれるなど、いずれも敗戦投手になっている。吉川光夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山田修義

    山田修義から見た内海哲也内海哲也

    敦賀気比高では2年春と3年夏に甲子園に出場。3年春の福井県大会では、大会記録の1試合20奪三振を記録。また3年夏の県大会では、49個の大会通算奪三振を記録し、同高の先輩内海哲也の記録を更新した。同じサウスポーでもあることから、「内海2世」とマスコミから称された。山田修義 フレッシュアイペディアより)

  • 尾花高夫

    尾花高夫から見た内海哲也内海哲也

    〜まで巨人の投手チーフコーチを務めた。継投や投手運営など、投手部門の責任者であった。就任前年のチーム防御率4.80(リーグ最下位)を、就任1年目の2006年には3.65と改善することに成功。2009年は球団として19年ぶりとなるチーム防御率2点台(2.94)とし、?2009年のリーグ3連覇に貢献した。投手総合コーチ就任後は、二軍投手コーチの小谷正勝と共に内海哲也、山口鉄也、越智大祐、東野峻らを戦力として育て上げた。尾花高夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田中浩康

    田中浩康から見た内海哲也内海哲也

    250犠打:2012年6月22日、対読売ジャイアンツ9回戦(長野オリンピックスタジアム)、1回表に内海哲也から投手前犠打 ※史上14人目田中浩康 フレッシュアイペディアより)

  • 東野峻

    東野峻から見た内海哲也内海哲也

    開幕から先発ローテーションに加わり、7月14日のヤクルト戦でプロ入り初の完封勝利を挙げたものの、シーズンでは四死球70、被本塁打18、6暴投と制球難に苦しむ。無駄に球数を費やしテンポの悪い投球を繰り返したことで、原監督からは「砂遊びは卒業しなきゃいけない。同じような失敗が多すぎる」と苦言を呈された。防御率3.17はリーグ9位であったが、2か月以上勝ち星から見放されたこともあり、8勝8敗に終わった。クライマックスシリーズはアドバンテージを含んだ3勝1敗で迎えた第4戦の先発を任され、4回1/3を自責点1で降板。日本シリーズは第2戦に先発をした内海哲也が2回2/3を4失点で降板した後を受けて登板、3回1/3を無失点の好投。これを評価され巨人3勝2敗で迎えた第6戦の先発を任されたが1回二死一塁から高橋信二の打球を右手の甲に受け緊急降板。チームは日本一となったが、勝利投手はリリーフした内海に譲った。東野峻 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た内海哲也内海哲也

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日の上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得した。2007年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中でジャイアンツ投手陣の(上原と共に)最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た内海哲也内海哲也

    は同じ左腕の岩田稔など投手陣に故障者が出た影響もあって開幕から先発ローテーション入り。6月までは打線の援護に恵まれない試合もあって負けが先行し、7月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦では5回途中4失点で敗戦投手となり、その後3試合はリリーフでの登板となる。7月19日の対巨人戦で再び先発して9回を2安打無失点12奪三振で勝利投手となった後は登板した11試合全てに先発して9勝2敗と安定した投球を続け、プロ入り後初の規定投球回到達となるリーグ9位の165回を投げ、共に同4位の防御率2.62に13勝、同2位の154奪三振といずれもチームトップの成績を記録した。同年は対巨人戦で内海哲也を相手に4試合連続で投げ勝ち、広島東洋カープに対しても7試合の登板で4勝して防御率1.45と得意にした。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 4月29日

    4月29日から見た内海哲也内海哲也

    1982年 - 内海哲也、プロ野球選手4月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス硬式野球部

    東京ガス硬式野球部から見た内海哲也内海哲也

    内海哲也投手( 巨人自由獲得枠)東京ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た内海哲也内海哲也

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

74件中 41 - 50件表示

「内海哲也」のニューストピックワード