111件中 41 - 50件表示
  • マーク・クルーン

    マーク・クルーンから見た内海哲也内海哲也

    は夏場に故障で離脱した他、被本塁打が5本、自責点が24点と、いずれも前年より大幅に増加するなど、打ち込まれる試合が増えた。7月18日の対横浜戦では、3打席連続四球後にブレット・ハーパーに逆転サヨナラ満塁本塁打を浴びるなど、自身の乱調により星を落とす試合が目立つようになった。8月18日にナゴヤドームでの試合前練習中、「つばを吐きかけられた」とファンに対して激怒するトラブルがあった。9月に入ると、セーブが付く最終回で乱調になると途中降板し、山口鉄也や越智大祐などのセットアッパーがクローザーを務める試合も多くなった。シーズン最終戦の10月8日の対ヤクルト戦では勝てば2位・敗れば3位となり、4-3での9回表に登板するが、2死から畠山和洋に同点適時打を浴びると、10回表には失策と四球で2走者を出塁させて降板。その後を受けた高木康成が川本良平に決勝3ランを浴びて敗戦、シーズン3位に終わった。最終的には25セーブを挙げたものの、防御率は4点台と大幅に悪化してシーズンを終えた。度重なる救援失敗からクライマックスシリーズではファーストステージではチームはストレートの2連勝でファイナルステージに進出したが、抑えは山口鉄也に譲った。さらにファイナルステージでは初戦と第4戦に中継ぎとして登板した。いずれも無失点だったが、同ステージ唯一の勝ち試合である第3戦もセーブ機会だったが登板はなかった。結局、この年の巨人は打線は文句なしの成績を挙げたが投手陣が不振で、先発投手では13勝を挙げたものの後半打ち込まれた東野峻、同様に後半不振で一時中継ぎ降格となった内海哲也、前年15勝のディッキー・ゴンザレスは体重増加で5勝止まりで、先発投手の崩壊やクルーン自身の度重なる救援失敗で勝ち試合を落とす等、リーグ4連覇を逃すと同時に日本シリーズ進出も逃した。衰えが見えたこともあり、巨人は翌シーズン以降の契約は更新しない事を通告。この年限りで退団した。マーク・クルーン フレッシュアイペディアより)

  • 裏金

    裏金から見た内海哲也内海哲也

    2012年3月には、やはり読売ジャイアンツで、NPB加盟球団相互の申し合わせに反し、最高標準額を大幅に上回る額(高い選手で10倍)の契約金を一部の選手に支払っていた事が朝日新聞の取材により発覚。対象になったのは阿部慎之助10億円、野間口貴彦7億円、高橋由伸6億5千万円、上原浩治5億円+退団時の功労金1億2千万円、二岡智宏5億円+退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円、内海哲也2億5千万円だという。裏金 フレッシュアイペディアより)

  • 香月良太

    香月良太から見た内海哲也内海哲也

    ドラフト候補として高卒でのプロ入りはほぼ確実視されていたが、上位指名のみ入団という意向を示していた事もあり指名は無く、社会人野球の東芝に入社した。高校3年時に講演にきたダイエーの王貞治監督は「3年後待っているぞ」と言い、社会人時代も評価は下がらず内海哲也、森大輔らと併せて「3羽ガラス」と呼ばれた。香月良太 フレッシュアイペディアより)

  • 城陽市立久世小学校

    城陽市立久世小学校から見た内海哲也内海哲也

    内海哲也(読売巨人軍)城陽市立久世小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た内海哲也内海哲也

    実況:植草朋樹(TX)、解説:野村克也・阿波野秀幸(翌シーズンより読売ジャイアンツコーチ)、ゲスト解説:内海哲也(読売ジャイアンツ)リポーター:結城亮二(ソフトバンクサイド)・高木大介(TVA、中日サイド、監督・ヒーローインタビュー兼務)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 加藤健 (野球)

    加藤健 (野球)から見た内海哲也内海哲也

    は捕手として1試合の出場、さらに守備機会も無かったが、は開幕前に阿部が負傷離脱したことで、開幕2戦目となった4月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)では内海哲也とバッテリーを組んで7回途中無失点に抑え、4月15日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)では澤村拓一の初登板・初先発でバッテリーを組んだ。加藤健 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • スライダー (球種)

    スライダー (球種)から見た内海哲也内海哲也

    スラーブ(英: Slurve)とはスライダーとカーブの中間的な変化をする球種である。そのほとんどはリリース時に切り方を深くしたスライダーで、カーブ程大きく山なりにはならない。石井一久、内海哲也、山井大介、岩田稔、松葉貴大などが決め球として投げており、木田優夫は同種の球を「カイダー」と呼んで投げていた。スライダー (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た内海哲也内海哲也

    セ:○前田健(広島)、内海(巨人)、久保裕(巨人)、山口(横浜)、越智(巨人)、岩瀬(中日)、S藤川球(阪神) - 阿部(巨人)、城島(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 八木亮祐

    八木亮祐から見た内海哲也内海哲也

    初安打:2013年4月28日、対読売ジャイアンツ6回戦(明治神宮野球場)、5回裏に内海哲也から左前安打八木亮祐 フレッシュアイペディアより)

  • 木佐貫洋

    木佐貫洋から見た内海哲也内海哲也

    ''は主力投手であった上原浩治・ジェレミー・パウエルが故障で出遅れたため開幕一軍入りを果たし、自己最高となる12勝(9敗)・防御率3.09を記録した。内海哲也・高橋尚成とともに一年を通してローテーションを守った。木佐貫洋 フレッシュアイペディアより)

111件中 41 - 50件表示