111件中 51 - 60件表示
  • 石川雄洋

    石川雄洋から見た内海哲也内海哲也

    は、開幕から1番・遊撃手でレギュラーに定着。後半戦からは2番打者を打つようになった。前半戦は全試合フルイニング出場を果たしたが10月4日、右外腹斜筋付着部(右わき腹)損傷により出場選手登録を抹消される。10月22日のシーズン最終戦の巨人戦で復帰し、9回裏に守備固めとして起用されたが、自身の失策によりピンチを広げ、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打と内海哲也の最多勝をアシストしてしまう痛恨の結果を招いた。また2年連続で本塁打はなく、盗塁数も前年と比べて3分の1に減り失策数は13個に増加。シーズン中盤には三振数で一時リーグトップに立つなど、攻守共に粗さが目立った。石川雄洋 フレッシュアイペディアより)

  • 田中浩康

    田中浩康から見た内海哲也内海哲也

    250犠打:2012年6月22日、対読売ジャイアンツ9回戦(長野オリンピックスタジアム)、1回表に内海哲也から投手前犠打 ※史上14人目田中浩康 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た内海哲也内海哲也

     阪神は初回、先発内海哲也を攻め鳥谷の先制タイムリーツーベースで先制すると、続くゴメスがレフトスタンドでの2ランホームランで3点を先制。3回にもゴメスが今度はタイムリーで4点目を挙げた。阪神の先発藤浪晋太郎は6回まで無得点に抑えていたが、7回に阿部慎之助のソロホームランで1点を献上するとその後無死満塁の大ピンチを招いた。しかし代打のフレデリク・セペダを一塁ゴロ併殺打に仕留めるなど巨人の反撃を許さず、その後は抑えの呉昇桓まで3投手の継投で逃げ切った。2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スリークォーター

    スリークォーターから見た内海哲也内海哲也

    この投法の日本プロ野球界での使用者は、現役では右投げ投手でダルビッシュ有や田中将大、前田健太、鍵谷陽平らがおり、左投げ投手では杉内俊哉、内海哲也、元選手では西本聖や郭泰源、石井一久が挙げられる。スリークォーター フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た内海哲也内海哲也

    8月31日、球団オフィシャルサイトにて2016年限りでの現役引退が発表された。年齢に加え、本年は一度も一軍に昇格出来なかったことで退き際を悟ったという。現役引退に際し、「今季限りでの現役を引退することを決めました。千葉ロッテマリーンズで2005年に31年ぶりの日本一など、日本一を2度経験することも出来ました。幸せな野球人生でした。それはすべて、どんな時も応援してくれたファンの皆様、そして関係者を始め、色々な形でサポートしてくれた方々のおかげだと思っています。感謝をしています。22年間、本当にありがとうございました。」とコメントした。9月25日の対オリックス戦(QVCマリン)で引退試合を行い、「4番指名打者」として先発出場した。9回表にはDHを解除し、左翼手および右翼手の守備に就いた。打撃では、最後の打席となった第4打席で二塁打を記録し、自ら引退の花道を飾った。引退の挨拶では、「私にはもう1つの夢があります。この千葉ロッテマリーンズを日本一の球団にすることです。その夢に向かって、勇往邁進してまいります。」と述べている。なお、ロッテ球団としては初のパブリックビューイングも実施された。また、引退セレモニー、および(引退に際しての)現役生活を振り返る記事等を通して、西岡剛、鈴木大地、西野勇士等から、一人の野球人として的確なアドバイスを送ったことに対する感謝の言葉が寄せられたほか、引退試合では巨人時代のチームメイト(阿部慎之助、坂本勇人、長野久義、内海哲也、山口鉄也、2014 - 2015年にロッテに在籍したルイス・クルーズ)が応援に駆け付ける等、その人望の厚さが伺える引き際となった。12月2日、自由契約公示された。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 竹嶋祐貴

    竹嶋祐貴から見た内海哲也内海哲也

    2007年のドラフト会議において読売ジャイアンツに4巡目で指名され入団。滑川高校史上初のプロ野球選手である。10月23日契約金4000万円、年俸480万円で仮契約した。指名挨拶時には「1年間けがせずに活躍する内海哲也投手が目標。エースと呼ばれるような大きな投手になりたい」と抱負を語った。また、ダルビッシュ有投手のようなしなやかな身体作りも目標としている(仮契約時コメントより)。この世代を代表する選手である中田翔との対戦を楽しみにしており、「直球で3球勝負したい」とコメントしている。竹嶋祐貴 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野清

    矢野清から見た内海哲也内海哲也

    引退後は阪急・オリックスでコーチを務め、2000年10月にオリックス・ブルーウェーブ(当時)の球団本部長に就任。同年のドラフトで、オリックスは巨人入りを熱望していた敦賀気比高の内海哲也を1位で強行指名したが、内海は入団を拒否。交渉にあたった矢野は「意志は固かった。交渉にならなかった。巨人に行きたいばっかりで…。社会人入りを止める方法はない。1位という評価をもう少し真剣に考えてほしかった」と獲得断念を表明した。矢野清 フレッシュアイペディアより)

  • 死球

    死球から見た内海哲也内海哲也

    シーズン終了時点で、危険球による退場の最多記録は桑田真澄と浅尾拓也と山口俊と内海哲也の3度である。桑田は1995年、1999年、2005年に、山口は2012年、2014年、2015年に、内海は2006年、2007年、2014年に、1度ずつ記録したものに対し、浅尾は全て2008年の記録である。死球 フレッシュアイペディアより)

  • 金田正一

    金田正一から見た内海哲也内海哲也

    現在でも、金田の球歴を知る選手・OB・関係者にとっては畏れ多い存在である。2008年に金本知憲の2千本安打達成記念の名球会ブレザーを進呈するために阪神甲子園球場を訪問したが、阪神側のベンチに座った際も選手は近寄れない様子だった。一方、2月に巨人のキャンプを訪問した際には原辰徳監督が内海哲也に「あの方を知ってるか」と聞いたところ、「カネムラさん」と呼び間違えた上、(勝利数を問われて)「300何勝でしたっけ?」といった発言をしたことに、同行した広岡達朗が激怒したことがあった。金田正一 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た内海哲也内海哲也

    危険球退場:3回 ※浅尾拓也、内海哲也、山口俊と並びNPB最多タイ記録桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

111件中 51 - 60件表示

「内海哲也」のニューストピックワード