111件中 61 - 70件表示
  • 2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス

    2013年の東北楽天ゴールデンイーグルスから見た内海哲也内海哲也

    26日に行われた第1戦(Kスタ宮城)では、則本が8回2失点と好投を見せたが、打線はあと1本が出ず、巨人の投手内海哲也と、スコット・マシソン - 山口鉄也 - 西村健太朗(スコット鉄太朗)に完封リレーされ敗北した。また、この日よりKスタ宮城の最大収容人数が1155人増やされ、2万8120人となった。2013年の東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た内海哲也内海哲也

    その後再び6ゲームまで差は広がったが、巨人は9月11日の対中日戦から怒涛の連勝をスタート。猛烈な追い上げで阪神との差を瞬く間に縮める。3ゲーム差で迎えた9月19日からの直接対決3連戦もその勢いは止まらず、3連戦合計でアレックス・ラミレスが1本塁打5打点、阿部、小笠原、李承燁がともに2本塁打4打点と打線が爆発。阪神の先発投手を3人とも5回もたずに引きずり下ろして、連勝を10まで伸ばし、直接対決3試合目の9月21日についに同率首位に追い付く。その後の3試合を両者がともに勝ち→引き分け→勝ち、と全く同じ勝敗で同率のまま一歩も譲らず、巨人は引き分けを挟んで12連勝まで伸ばす。9月25日に巨人の連勝が止まって再び阪神が単独首位に立つと、その後は両チームとも抜け出せないまま一進一退のせめぎ合いが続き、巨人は単独首位に立つことができないまま140試合を消化。一方、追いつかれても追い抜かれはせず、最終盤でも優位を保っていた阪神も140試合目の10月6日対ヤクルト戦に敗れたことで、両者が81勝56敗3分の同率首位で並んだ状態で141試合目の10月8日の最終直接対決(東京ドーム)を迎える。試合は4回に李の2点適時打で先制した巨人が先発内海哲也ー山口ー豊田ークルーンの継投で阪神を押し出し四球の1点に抑えて逃げ切り、対阪神戦7連勝。ついに阪神を抜いてシーズン初の単独首位に立ち、巨人に優勝マジック2が点灯した(敗れた阪神は、シーズン初の2位転落)。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 山田修義

    山田修義から見た内海哲也内海哲也

    中学生時代に全日本少年硬式野球連盟(ヤングリーグ)のオールスター福井に所属すると、敦賀気比高等学校の2年春と3年夏に、甲子園の全国大会へ出場。3年春の福井県大会では1試合20奪三振、3年夏の県大会では通算49個奪三振の大会記録を樹立した。このような活躍から、高校の先輩で自身と同じ左腕投手の内海哲也にちなんで、「内海2世」と評価された。山田修義 フレッシュアイペディアより)

  • 堂上直倫

    堂上直倫から見た内海哲也内海哲也

    初安打:2010年6月18日、対読売ジャイアンツ7回戦(東京ドーム)、8回表に内海哲也から中前安打堂上直倫 フレッシュアイペディアより)

  • 法政大学野球部

    法政大学野球部から見た内海哲也内海哲也

    内海五十雄 - 平安中学出身 / プロ野球選手の内海哲也は実孫。法政大学野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 三羽烏

    三羽烏から見た内海哲也内海哲也

    北陸三羽烏 - 内海哲也、田中良平、森大輔三羽烏 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原将生

    笠原将生から見た内海哲也内海哲也

    も同様のポジション(先発・ロングリリーフもこなすビハインド中継ぎ)として起用されており、先発が崩れていた5月中盤には連投し、更に登板を回避した菅野智之に代わる先発や、内海哲也・杉内俊哉とエース級の投手がゲーム序盤で危険球退場のアクシデントに見舞われた後、スクランブルでロングリリーフをして試合を作り、原監督から高い評価を受けた。オフの10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。笠原将生 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木貴裕

    荒木貴裕から見た内海哲也内海哲也

    初打席:同上、2回表に内海哲也の前に空振り三振荒木貴裕 フレッシュアイペディアより)

  • 宮國椋丞

    宮國椋丞から見た内海哲也内海哲也

    はWBCに出場したエース内海哲也の代役として開幕投手を務めた。20歳での開幕投手は1988年の桑田真澄以来だったが、7回途中3失点で勝ち星はつかず。7月25日の広島戦で2回途中8失点でノックアウトされるなど、打たれ出すと止まらなくなるピッチングが目立つようになり、シーズンを通じてスランプに陥り、このシーズンは三度の二軍降格を命じられた。10月3日に右下腿内側痛が判明し、ポストシーズンの出場が絶望的となった。CSには出場せず、日本シリーズの40人枠からも外れた。宮國椋丞 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内恒夫

    堀内恒夫から見た内海哲也内海哲也

    また、2005年には二軍で投げていた内海哲也の才能を見抜き、先発ローテーションの一角として登板させている。結果は4勝9敗、防御率5点台だったものの、堀内が去った翌年は二桁勝利を挙げる活躍を見せ、以後はチームのエースピッチャーへと成長した。内海自身も「今の自分があるのは勝てなくても堀内さんが使ってくれたおかげです」と述べている。堀内恒夫 フレッシュアイペディアより)

111件中 61 - 70件表示