111件中 71 - 80件表示
  • 山岸穣

    山岸穣から見た内海哲也内海哲也

    片上小学校3年生の時に野球を始め、福井商高時代には2年春・3年夏の2回、ともにエースとして甲子園に出場した。特に、3年夏は県大会決勝で内海哲也や李景一らを擁する敦賀気比高と延長10回の末、3?2で勝利し甲子園出場を決めた。しかし甲子園では初戦で敗退した。福井商高でのチームメイトには1学年下に天谷宗一郎がいた。山岸穣 フレッシュアイペディアより)

  • 村中恭兵

    村中恭兵から見た内海哲也内海哲也

    初安打:2009年9月18日、対読売ジャイアンツ20回戦(明治神宮野球場)、3回裏に内海哲也から左前安打村中恭兵 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷正勝

    小谷正勝から見た内海哲也内海哲也

    2003年には山下大輔の監督就任に伴い横浜に一軍投手コーチとして復帰したが、山下監督退任と共に2004年で退団し、2005年からは巨人二軍投手コーチを務める。就任した巨人でも早速内海哲也のフォーム修正などを担当、前二軍監督の高橋一三とともに翌年内海がブレイクする下地をつくった。また、入団テストを受けに来た山口鉄也の獲得を進言。越智大祐も小谷のアドバイスからピッチングのコツを掴みブレイクしている。その後も主にシーズン中のフォーム修正などを担当している。小谷正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た内海哲也内海哲也

    に、紅白戦・オープン戦で結果を残したことや、上原浩治・ジェレミー・パウエルが不調で出遅れたことで開幕から先発ローテーションに入った。前半戦は落ちついた投球で、4月11日の対広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げると、5月16日の対横浜ベイスターズ戦まで4連勝を飾るなど、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せた。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるなど、新人王の有力候補と言われたが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、20被本塁打(リーグ4位)、6暴投(同8位)を記録して、新人王獲得はならなかった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 4月29日

    4月29日から見た内海哲也内海哲也

    1982年 - 内海哲也、プロ野球選手4月29日 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た内海哲也内海哲也

    ''、前年に痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は安定した活躍を見せ、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 坂本誠志郎

    坂本誠志郎から見た内海哲也内海哲也

    初打席:同上、2回裏に内海哲也から空振三振坂本誠志郎 フレッシュアイペディアより)

  • 天谷宗一郎

    天谷宗一郎から見た内海哲也内海哲也

    福井県立福井商業高等学校時代は、バッティングセンスと俊足から「北陸のイチロー」と呼ばれていた。2年夏の選手権大会では、県大会決勝で内海哲也や李景一らを擁する敦賀気比高に延長10回の死闘の末、3?2で勝利し甲子園出場を決めている。しかし甲子園では7番右翼手で出場したが初戦敗退。この時のチームメイトには1学年上に山岸穣がいた。翌年の春の甲子園では3番打者として1回戦で1本塁打を含む3安打、1イニング2盗塁の活躍を見せた。夏の甲子園も出場し3期連続出場となった。天谷宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た内海哲也内海哲也

    後半戦はオールスターを挟んで前半戦終盤から通算で5試合安打が出なかったが、最終的にシーズンを通して2試合以上安打が出なかったのはこの1回限りで、以降はこれまでと同じく安打を量産していった。9月5日の対広島戦の8回表1死2塁から、この日3本目の安打となる中前適時打を打ち、来日1年目の外国人史上最多となるシーズン175安打(それまでは1997年にフィル・クラークが記録した174安打)を記録し、9月16日の対横浜ベイスターズ戦の8回に加賀繁から、藤村富美男の球団記録に並ぶシーズン191安打を記録。9月18日には3安打を放ち、シーズン194安打と球団記録を更新すると共にシーズン安打歴代5位の記録となり、マルチ安打も60度目と球団新記録となった。9月19日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で球団新記録の22回目の猛打賞を記録。9月23日の対中日ドラゴンズ戦第4打席では吉見一起から史上4人目となるシーズン200安打目のソロ本塁打を放った。来日1年目での200安打は史上初。28日の対巨人戦の第3打席で内海哲也からシーズン最多安打のセ・リーグ新記録となる205安打目のヒットを放ち、NPB史上3人目の「シーズン200安打以上、100得点」も達成し、10月3日の対広島戦の第4打席ではレフトにヒットを打ち、イチローに並ぶ日本記録の210安打を達成。10月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦第2打席で中澤雅人から中前安打を記録。当時のNPB新記録であるシーズン211安打を達成するとともに、この試合で24回目の猛打賞を記録した。最終的に最多安打ながら首位打者を獲得できなかったものの、リーグ3位の打率.349, 両リーグ通じて最多の214安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナインにも選ばれた。また、『週刊ベースボール』誌上の読者投票「今年最も活躍した外国人選手」では、77%の得票で1位となった。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガス硬式野球部

    東京ガス硬式野球部から見た内海哲也内海哲也

    内海哲也(投手) - ドラフト自由獲得枠で読売ジャイアンツに入団東京ガス硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

111件中 71 - 80件表示