111件中 81 - 90件表示
  • 和田一浩

    和田一浩から見た内海哲也内海哲也

    1500安打:2010年9月3日、対読売ジャイアンツ22回戦(ナゴヤドーム)、5回裏に内海哲也から左越2ラン ※史上106人目和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 林昌範

    林昌範から見た内海哲也内海哲也

    、池谷公二郎の指導で投球フォームをスリークォーター気味に改造。先発ローテーションを内海哲也と争ったが敗れ、中継ぎに転向すると、フォーム改造の効果も相まって平均球速が140キロ台後半まで上昇。セットアッパー、シーズン中盤以降は抑えとして安定した投球を見せ、2勝2敗18セーブ、防御率1.61の成績を残す。この年のオフに原辰徳が監督に復帰するが、引き続きリリーフでの起用となる。林昌範 フレッシュアイペディアより)

  • ラスティングス・ミレッジ

    ラスティングス・ミレッジから見た内海哲也内海哲也

    初打席:同上、1回表に内海哲也の前に空振り三振ラスティングス・ミレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 片岡治大

    片岡治大から見た内海哲也内海哲也

    2001年に東京ガスへ入社し、同社の社会人野球チーム・東京ガス硬式野球部に入部。怪我が多かったため、登録名を「片岡 易之」とした。同期入社には内海哲也がいる。片岡治大 フレッシュアイペディアより)

  • 市川友也 (野球)

    市川友也 (野球)から見た内海哲也内海哲也

    初出場:2010年4月1日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、9回表に内海哲也の代打で出場市川友也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題の日曜サンデー

    爆笑問題の日曜サンデーから見た内海哲也内海哲也

    2010年6月27日 - すべてのコーナーを通常とは異なる「超豪華」な演出とする「どこから聴いても超豪華スペシャル!!」を放送。交通情報のキャスター(碓氷浩子)への、田中の呼び掛けと太田の合いの手 の部分を、TBSラジオの各番組のパーソナリティ(13時台前半のみ巨人の内海哲也)が呼び掛けたものを事前に録音した音源で行った。また、通常はTBSニュースバードのキャスター(2012年10月以降はTBS954情報キャスターも)が担当している「TBSニュース」をナレーターでのみ出演している長峰が担当、16時台の天気予報の原稿を「赤坂応接間」ゲストの山崎弘也が読み上げた。そのほか、やくみつる、原由子がコーナーゲストで生出演したり、「週末版TBSラジオショッピング」のBGMをINSPiが歌ったオリジナルバージョンにするなどした。爆笑問題の日曜サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本

    1982年の日本から見た内海哲也内海哲也

    4月29日 - 内海哲也、プロ野球選手1982年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 野口茂樹

    野口茂樹から見た内海哲也内海哲也

    内海哲也や高橋尚成、野口同様新加入したジェレミー・パウエルらが開幕ローテーション、1軍入りを果たしたため2軍スタートとなった。エース上原浩治や高橋尚成らの故障で5月14日の西武ライオンズ戦に移籍後初登板初先発し、味方が初回に1点を先制したが初回に5失点した。結果的に3回5失点でマウンドを降りた(チームがその後追いついたため負けはつかなかった)。この試合で2軍落ちとなり、先発陣のゲーリー・グローバーの離脱や高橋尚成の抑え転向で先発陣に空きができても登板できず、わずか1試合の登板に終わった。野口茂樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中田賢一

    中田賢一から見た内海哲也内海哲也

    ''、春は2月23日の紅白戦を最後に父の看病・葬儀などで戦列を離れ、3月5日から練習を再開した。4月1日の開幕第3戦からローテーション入りし、先発で3連勝した。しかし続く4月22日の対東京ヤクルトスワローズ戦では自己ワーストとなる10失点(自責10)を記録し、チームを首位から陥落させた。変化球の制球に苦しみ与四球がかさみ、6月10日以降1ヶ月以上勝ち星がつかない時期が続いた。7月18日の対ヤクルト戦では6回1点リードの場面から救援登板し、2イニングを無失点に抑えてプロ入り初ホールドを記録した。オールスターゲームに監督推薦選手として選出され、7月21日第2戦に2番手として初出場を果たし、1失点こそしたものの151km/hの速球などで2イニングで3三振を奪った。8月19日の対横浜戦で先発し、プロ入り初となる2桁勝利を達成した。シーズン終盤まで内海哲也(巨人)と熾烈な奪三振王争いを繰り広げた。トップと11個差で迎えたシーズン最終登板の10月6日のヤクルト戦では、5回までで8奪三振と快調なペースで進み、このまま続投すれば奪三振王のタイトルをほぼ確実に手中に収めるのではないかと思われたが、クライマックスシリーズへ向けての他投手陣の調整登板のため5回終了後にマウンドを降り、惜しくも初のタイトル獲得を逃した。中田賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た内海哲也内海哲也

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日に達成した上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得し、チーム5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。しかし、この年より導入されたCSではファイナルステージで2位の中日と対戦しで第3戦に先発し、3回まで無失点に抑えるも1点リードの4回にタイロン・ウッズに逆転3ラン本塁打を浴び、7回には谷繁元信にソロ本塁打を浴びるなど7回4失点で敗戦投手となり日本シリーズ進出を逃した。同年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中で(上原と共に)ジャイアンツ投手陣の最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

111件中 81 - 90件表示