前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • 内海哲也

    内海哲也から見たトニ・ブランコ

    ポストシーズンでは中日とのクライマックスシリーズ第1戦に先発するも6回2失点で負け投手になり、第5戦では5回途中にトニ・ブランコに2点本塁打を打たれ同点とされたところで降板。交代を告げられマウンドを降りる際にはボールをグラウンドに叩きつける場面もあった。日本シリーズでは、第1戦目に7回を投げ無失点、第5戦目にも先発し、8回2失点と好投した。その好成績で、同年のセ・パ交流戦に続いて日本シリーズでもMVPに選出された。オフの契約更改では年俸4億円で4年契約を結んだ。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た山口鉄也

    開幕前、決意表明として名球会参加資格のボーダーラインである200勝の達成と、背番号26を永久欠番にすると宣言。3月26日の東京ヤクルトスワローズ戦では自身二度目の開幕投手を務め、勝利投手となった。左脇腹痛で登録抹消されたものの、再昇格直後に登板した5月9日の対横浜戦で、巨人の左腕投手としては前年の山口鉄也以来となる開幕5連勝を達成した(先発に限れば1971年の高橋一三、2002年・2007年の高橋尚成、2004年の工藤公康に次いで4人目)。6月18日は完封勝利で中日から3年ぶりの白星を挙げた。しかし、8月11日の試合で結果が残せず、原監督から中継ぎ降格を告げられる。翌日の試合で前日からの連投の形で中継ぎ登板し、1回を無失点に抑え、8月27日の中日ドラゴンズ戦で完投勝利し、8勝目。最終的に2年ぶりとなる2桁勝利(11勝)を挙げたが、早い段階で打ち込まれて降板する試合が目立ったことから、防御率が自己最低の4点台(4.38)と精彩を欠いた。尚、契約更改時に年俸ダウンを不服とし、一回目の更改時では保留したが、最終的に2000万ダウンで更改した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た阿部慎之助

    炎の体育会TV(TBS系)同日の三時間SPに、-阿部慎之助、坂本勇人、澤村拓一、山口鉄也、長野久義と共に出演し、ストラックアウトに挑戦した。 内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た阪神タイガース

    3月30日の横浜ベイスターズ戦で初の開幕投手を務め、勝利する。その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海はこの後、発言については反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た工藤公康

    開幕前、決意表明として名球会参加資格のボーダーラインである200勝の達成と、背番号26を永久欠番にすると宣言。3月26日の東京ヤクルトスワローズ戦では自身二度目の開幕投手を務め、勝利投手となった。左脇腹痛で登録抹消されたものの、再昇格直後に登板した5月9日の対横浜戦で、巨人の左腕投手としては前年の山口鉄也以来となる開幕5連勝を達成した(先発に限れば1971年の高橋一三、2002年・2007年の高橋尚成、2004年の工藤公康に次いで4人目)。6月18日は完封勝利で中日から3年ぶりの白星を挙げた。しかし、8月11日の試合で結果が残せず、原監督から中継ぎ降格を告げられる。翌日の試合で前日からの連投の形で中継ぎ登板し、1回を無失点に抑え、8月27日の中日ドラゴンズ戦で完投勝利し、8勝目。最終的に2年ぶりとなる2桁勝利(11勝)を挙げたが、早い段階で打ち込まれて降板する試合が目立ったことから、防御率が自己最低の4点台(4.38)と精彩を欠いた。尚、契約更改時に年俸ダウンを不服とし、一回目の更改時では保留したが、最終的に2000万ダウンで更改した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たジェレミー・パウエル

    初安打:2005年5月11日、対オリックス・バファローズ2回戦(東京ドーム)、7回裏にJPから中前安打内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た宮本慎也

    1000投球回数:2010年9月15日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、3回裏3死目に宮本慎也を遊飛で達成 ※史上323人目内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た澤村拓一

    お試しかっ!(テレビ朝日、2012年12月24日)、-長野久義、坂本勇人、山口鉄也、澤村拓一と共に帰れま10に出演。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たヒラム・ボカチカ

    ポストシーズンでは埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦と第7戦に先発し、第3戦では5回3失点ながらも打線の援護に助けられ、勝利投手。第7戦も6回途中までヒラム・ボカチカの本塁打による1失点に抑えたが、第3戦に続き、四球を連発し途中降板。その後、リリーフした越智大祐が打ち込まれ逆転を許し、日本一を逃した。四球の多さに不安こそ残したものの、被本塁打は7本と両リーグの規定投球回到達者中、楽天の岩隈久志、阪神の岩田稔に次ぐ少なさを誇り、防御率はリーグ3位の2.73を記録した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た仰木彬

    ドラフトでは複数球団による1位指名での争奪戦が確実視されていたが、祖父の内海五十雄が巨人の野手だったこともあり、ドラフト直前に巨人以外からの指名は拒否することを表明した。そのため、2000年ドラフト会議では、巨人が単独で3位以降で指名することが想定されたが、オリックス・ブルーウェーブが1位指名した。指名直後に仰木彬から電話を受けるなどしたため、一時はオリックス入団に傾いたが、高校時代にバッテリーを組んでいた李景一が巨人から8位で指名されたことで再び拒否の姿勢を固め、最終的には東京ガスへ進んだ。社会人時代は香月良太・森大輔とともに「三羽ガラス」と呼ばれていた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「内海哲也」のニューストピックワード