117件中 61 - 70件表示
  • 内海哲也

    内海哲也から見た広島東洋カープ

    初登板:2004年5月25日、対広島東洋カープ10回戦(サンマリンスタジアム宮崎)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回3失点内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た全国高等学校野球選手権福井大会

    高3夏の予選では不調に苦しみ本来の調子が出ないまま、県大会決勝で山岸穣・天谷宗一郎を擁する福井県立福井商業高等学校に延長10回の末に2-3で敗れ、あと一歩で甲子園出場は果たせなかった。阪神のスカウトに「高校生では打てない」と評された落差の大きなカーブと恵まれた体格から投じる角度のついた最速144km/hの速球の緩急自在な投げ分けで三振の山を築いた。1試合平均14個を超える奪三振率を誇り、「北陸のドクターK」の異名を取った。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た北海道日本ハムファイターズ

    クライマックスシリーズは登板予定の試合の前に勝ち抜けが決まったことで登板なし。北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズは第2戦に先発し、3回裏2死から5連打を浴び4失点で敗戦投手となったが、その後の第6戦では先発だった東野峻が、初回2死に高橋信二の投直を右手の甲に受け降板した後に急遽マウンドに上がり、4回2/3を無失点に抑えて勝利投手となり、日本一に貢献した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たイースタン・リーグ

    は二軍で9勝を上げ、イースタン・リーグ最優秀防御率を獲得。勝ち星こそつかなかったが、一軍初先発も経験した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た阪神甲子園球場

    は2年ぶりの開幕投手を務めた。開幕戦、ヤクルトと対戦し6回3失点で降板し、黒星スタートとなった。4月12日の対中日戦で史上130人目の1000奪三振を達成し、シーズン初勝利を挙げた。シーズン序盤はやや安定感を欠いたが、交流戦では4勝0敗、防御率1.29の成績でチームをセ・リーグ球団初の優勝に貢献し、MVPを獲得。さらに7月16日の阪神戦(甲子園)からレギュラーシーズン最終登板の10月5日の横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)まで8連勝を記録。先発陣の中でただ1人ローテーションを守りきり、巨人では斎藤雅樹(1995年?1996年)以来、巨人の左腕投手では史上初となる2年連続で最多勝を獲得した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た飲酒運転

    敦賀気比高等学校でエース左腕として活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれた。仲澤忠厚や李景一らとともにの秋季福井県大会・北信越大会では他校を寄せ付けない圧倒的な強さで優勝し、翌年の選抜高等学校野球大会への出場を確実とした。明治神宮野球大会では内海自身は本調子では無かったが、強力打線の援護により準優勝。第72回選抜高等学校野球大会でも優勝候補の筆頭に挙げられていたが、大会直前に仲澤が飲酒運転・無免許で自動車事故を起こすという不祥事を受け、敦賀気比高校は甲子園出場を辞退した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たTBSテレビ

    関口宏の東京フレンドパークII(TBS、2009年12月17日、2011年1月10日)内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た横浜スタジアム

    初完投勝利:2006年4月15日、対横浜ベイスターズ5回戦(横浜スタジアム)、9回1失点内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た東京ドーム

    は2年ぶりの開幕投手を務めた。開幕戦、ヤクルトと対戦し6回3失点で降板し、黒星スタートとなった。4月12日の対中日戦で史上130人目の1000奪三振を達成し、シーズン初勝利を挙げた。シーズン序盤はやや安定感を欠いたが、交流戦では4勝0敗、防御率1.29の成績でチームをセ・リーグ球団初の優勝に貢献し、MVPを獲得。さらに7月16日の阪神戦(甲子園)からレギュラーシーズン最終登板の10月5日の横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)まで8連勝を記録。先発陣の中でただ1人ローテーションを守りきり、巨人では斎藤雅樹(1995年?1996年)以来、巨人の左腕投手では史上初となる2年連続で最多勝を獲得した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たフォークボール

    は開幕投手こそ東野に譲ったが、春先から好調を維持。4月13日の対ヤクルト戦(北九州市民球場)でシーズン初勝利を挙げると、5月6日の対中日戦から6月18日の対西武戦まで7連勝した。この期間中、5月28日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で完封勝利、前述の西武戦では1失点完投勝利を挙げ、同年5月の月間MVP(月間MVP受賞は自身2度目)と交流戦優秀選手をそれぞれ受賞した。その後も新たに習得したフォークを武器に安定した投球を続け、前年の不調を断ち切るエース級の働きをみせ、7月19日の対中日戦(新潟県立野球場)でセリーグ投手最速で10勝目に到達。9月25日の対阪神戦(甲子園)では自己新記録となる15勝目を挙げた。巨人の左腕投手の15勝到達は1979年の新浦寿夫以来、32年ぶりであった。最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起(中日)とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。防御率も自己最高となる1.70の好成績を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「内海哲也」のニューストピックワード