117件中 71 - 80件表示
  • 内海哲也

    内海哲也から見た速球

    スリークォーターから平均球速約139km/h、最速148km/hのストレートとスライダー(スラーブ)、スクリューを決め球に投球を組み立てる。加えて2011年シーズン開幕前に習得したフォークボール、2012年に習得したツーシームを習得したことで投球の幅が広がった。スクリューは2012年までチェンジアップと呼ばれてきたが、「最近、チェンジアップがわがまま顔になってきて、スクリューっていう言葉が絶滅しつつある。ぼくはこれからスクリューでいきたい」として同年からスクリューと呼ぶようになった。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た横浜DeNAベイスターズ

    は2年ぶりの開幕投手を務めた。開幕戦、ヤクルトと対戦し6回3失点で降板し、黒星スタートとなった。4月12日の対中日戦で史上130人目の1000奪三振を達成し、シーズン初勝利を挙げた。シーズン序盤はやや安定感を欠いたが、交流戦では4勝0敗、防御率1.29の成績でチームをセ・リーグ球団初の優勝に貢献し、MVPを獲得。さらに7月16日の阪神戦(甲子園)からレギュラーシーズン最終登板の10月5日の横浜DeNAベイスターズ戦(東京ドーム)まで8連勝を記録。先発陣の中でただ1人ローテーションを守りきり、巨人では斎藤雅樹(1995年?1996年)以来、巨人の左腕投手では史上初となる2年連続で最多勝を獲得した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たスライダー (球種)

    は開幕一軍入りを果たせなかったものの、4月に高橋尚成が離脱したことで代役として昇格するとリリーフで結果を残し、そのまま先発に定着。スライダーを習得して飛躍の年となり、初完投勝利・初完封勝利を記録するなど、チームトップの12勝(13敗)を記録。オールスターゲームや日米野球にも出場した。リーグ3位の奪三振を記録したが、リーグ最多の9暴投を記録した上、左打者に対する被打率が高いという課題を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た最多勝利

    は開幕投手こそ東野に譲ったが、春先から好調を維持。4月13日の対ヤクルト戦(北九州市民球場)でシーズン初勝利を挙げると、5月6日の対中日戦から6月18日の対西武戦まで7連勝した。この期間中、5月28日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で完封勝利、前述の西武戦では1失点完投勝利を挙げ、同年5月の月間MVP(月間MVP受賞は自身2度目)と交流戦優秀選手をそれぞれ受賞した。その後も新たに習得したフォークを武器に安定した投球を続け、前年の不調を断ち切るエース級の働きをみせ、7月19日の対中日戦(新潟県立野球場)でセリーグ投手最速で10勝目に到達。9月25日の対阪神戦(甲子園)では自己新記録となる15勝目を挙げた。巨人の左腕投手の15勝到達は1979年の新浦寿夫以来、32年ぶりであった。最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起(中日)とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。防御率も自己最高となる1.70の好成績を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た最多奪三振

    3月30日の横浜ベイスターズ戦で初の開幕投手を務め、勝利する。その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海はこの後、発言については反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2月20日、WBC日本代表に正式に選ばれたことが発表された。尚、巨人からは村田修一以外の7人全員が当選となった。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たバント

    2006年には打率.214を記録するなど投手としてはバッティングはいい部類に入る。打撃センスを活かし高校時代はクリーンナップを打っていた。その反面、バントは苦手としており、しばしば送りバントに苦労する場面が見られる。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:1回(2012年)内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たバース・デイ

    バース・デイ(TBS、2012年12月1日)内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た2009 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    のWBC日本代表に選出され、3月20日(日本時間)の韓国戦に先発。頭部直撃の死球を出すなど制球に苦しみ、3回途中1失点で降板(勝敗付かず)。今大会ではこれが唯一の登板であった。帰国後は勝てない試合が続き、5月4日の阪神タイガース戦で敗戦後、二軍落ち。しかし、その後再昇格してからは本来の投球スタイルを取り戻し、8月再度不調に陥るものの、9月は1完封勝利を含む4勝0敗、防御率1.16で自身初の月間MVPを受賞。最終的には前年に続いて2点台(リーグ7位)の防御率を残すが、前半戦4勝止まりだったことが響き、4年連続2桁勝利はならなかった。四球を半分程度に減らすことが出来たものの、逆に被本塁打が激増し、奪三振が減ってしまった。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「内海哲也」のニューストピックワード