159件中 71 - 80件表示
  • 内海哲也

    内海哲也から見た林昌範

    林昌範らと競って開幕ローテーションを勝ち取り、4月だけでプロ初勝利を含む3勝を上げるが、その後は打ち込まれ、6月以降は1勝もできず4勝9敗、防御率5点台に終わる。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た敦賀気比高等学校・付属中学校

    敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれた。仲澤忠厚や李景一らとともにの秋季福井大会・北信越大会では他校を寄せ付けない圧倒的な強さで優勝し、翌年の選抜高等学校野球大会への出場を確実とした。第30回明治神宮野球大会では内海自身は本調子では無かったが、強力打線の援護により準優勝。第72回選抜高等学校野球大会に出場することが決まり、優勝候補に挙げられていたが、同級生の仲澤忠厚が飲酒運転と無免許運転による事故を起こし、敦賀気比高校は甲子園出場を辞退した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た城陽市

    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。現在は読売ジャイアンツに所属。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た読売ジャイアンツ

    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。現在は読売ジャイアンツに所属。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たSLAM DUNK

    移動中や遠征先では漫画をよく読んでおり、少年期はドラゴンボールやSLAM DUNKを読んで育った世代。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た広島東洋カープ

    初登板:2004年5月25日、対広島東洋カープ10回戦(サンマリンスタジアム宮崎)、9回表に3番手で救援登板・完了、1回3失点内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見たドラゴンボール

    移動中や遠征先では漫画をよく読んでおり、少年期はドラゴンボールやSLAM DUNKを読んで育った世代。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た全国高等学校野球選手権福井大会

    高3夏の予選では福井大会決勝で山岸穣・天谷宗一郎を擁する福井県立福井商業高等学校に延長10回の末に2-3で敗れ、あと一歩で甲子園出場は果たせなかった。阪神のスカウトに「高校生では打てない」と評された落差の大きなカーブと恵まれた体格から投じる角度のついた最速144km/hの速球の緩急自在な投げ分けで三振の山を築いた。1試合平均14個を超える奪三振率を誇り、「北陸のドクターK」の異名を取った。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た埼玉西武ライオンズ

    は春季キャンプ中に脇腹を痛め、オープン戦前半を欠場。開幕投手も高橋尚成に譲るが、ローテーションの軸として1年間活躍し、12勝8敗でシーズンを終了した。打線の援護に恵まれない一方でエラーから自滅する試合や、突然の連続四球で降板する試合も目立ち、与四球68はセ・リーグワーストを記録した。前年4勝1敗と得意としていた中日戦も0勝5敗と相性が悪く、苦しい1年となった。阪神タイガースには相性が良いため、終盤の直接対決で好投する場面も多く(最後の直接対決3試合全てに先発して勝利)、チームの優勝(メークレジェンド)に貢献した。ポストシーズンでは埼玉西武ライオンズとの日本シリーズ第3戦と第7戦に先発し、第3戦では5回3失点ながらも打線の援護に助けられ、勝利投手。第7戦も6回途中までヒラム・ボカチカの本塁打による1失点に抑えたが、第3戦に続き、四球を連発し途中降板。その後、リリーフした越智大祐が打ち込まれ逆転を許し、日本一を逃した。四球の多さに不安こそ残したものの、被本塁打は7本と両リーグの規定投球回到達者中、楽天の岩隈久志、阪神の岩田稔に次ぐ少なさを誇り、防御率はリーグ3位の2.73を記録した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た開幕投手

    3月30日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で初の開幕投手を務め、勝利し、その後も安定した活躍を続け、9月19日の阪神タイガース戦では自己最多の13勝目を上げる。自身初タイトルとなる最多奪三振を獲得。中日と対戦したクライマックスシリーズでは初戦に先発。内海はこの年中日を得意としたが、タイロン・ウッズに2ランホームランを浴びるなど4回4失点(自責点2)で敗戦投手となった。チームはストレートの3連敗で日本シリーズ進出を逃した。シーズン終了後、チームがセス・グライシンガーを獲得したことについて、あるイベントで内海は「(補強する)お金があるなら投手陣に回して欲しい。僕ら3人(ローテーションを投げぬき2桁勝利を挙げた内海、高橋尚成、木佐貫洋)は精一杯やったし、他のみんなもそう」と、球団の相次ぐ補強に物申した。こうした補強に対する反発・苦言とも取れる発言が公になることは全球団でも異例で、この後に球団から厳重注意を受け、さらに公式サイトが予告なしに閉鎖された。内海は発言について反省し、球団批判はしないと述べた。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

159件中 71 - 80件表示

「内海哲也」のニューストピックワード