前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示
  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見た内田博幸内田博幸

    1日 - 【JRA】第1回小倉競馬第8日目第1競走(サラ3歳牝馬限定未勝利戦、ダート1700m、16頭立て)で、この日デビューしたばかりの新人騎手・松山弘平(栗東:池添兼雄厩舎所属)がトミケンプライマリで初騎乗初勝利を果たし、見事に自身19回目の誕生日を飾った。初騎乗初勝利は前年(2008年)の内田博幸(内田はJRA移籍後初騎乗初勝利)以来史上44人目。更に松山は同競馬第9競走(サラ系4歳以上500万円以下、ダート1700m、16頭立て)でも勝利を挙げた。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本競馬

    2005年の日本競馬から見た内田博幸内田博幸

    かしわ記念(船橋競馬場・5月5日)優勝 : ストロングブラッド(騎手 : 内田博幸2005年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本競馬

    2006年の日本競馬から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸が佐々木竹見が持つ中央地方を含めた最多勝利記録を塗り替えたことも忘れてはならない。2006年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • エイシンフラッシュ

    エイシンフラッシュから見た内田博幸内田博幸

    7月12日阪神の新馬戦でデビュー。鞍上は福永祐一。芝1800mで5番人気となり6着だった。一息おいて10月11日の京都の未勝利戦に出走。鞍上は内田博幸へと乗り替わる。2番人気だったが初勝利を飾った。萩ステークスでは再び福永が騎乗するも3着に終わるも、クラシックの登竜門レースと言われるエリカ賞は内田が騎乗し人気に応えて2勝目を挙げた。以後内田が主戦となる。エイシンフラッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た内田博幸内田博幸

    11日 - 【JRA】 第1回中山競馬第4日第4競走で施行されたサラブレッド3歳新馬戦(ダート1800m、16頭立て)において、第4コーナー付近で三浦皇成騎乗のノボプロジェクトが外側へ斜行したため、フォルメン、オンワードオルデンなど合わせて9頭が相次いで落馬するアクシデントが発生した。これによりライラックパンチに騎乗していた内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の負傷を負ったのを始め、蛯名正義、勝浦正樹、後藤浩輝、中舘英二、松岡正海の各騎手も落馬負傷し、その後のレースを他騎手に乗り代わることとなった(馬は9頭とも異常なし)。なおこのレースで落馬事故の原因を生じたとしてノボプロジェクトは第1位入線も失格となり、鞍上の三浦は開催日4日間の騎乗停止処分を受けた。9頭の落馬はJRA史上最多記録となった。→9頭落馬事故も参照。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • アプレザンレーヴ

    アプレザンレーヴから見た内田博幸内田博幸

    3月28日、鞍上に内田博幸を迎え毎日杯に出走。2番人気に支持された。レースでは出遅れたことも災いし、後方から追い込むもアイアンルックの3着に敗れた。このレースでの賞金を加算できず、結局、皐月賞への出走は叶わなかった。アプレザンレーヴ フレッシュアイペディアより)

  • 横山典弘

    横山典弘から見た内田博幸内田博幸

    同年5月31日の日本ダービーをロジユニヴァースで優勝、デビュー24年目、15回目のダービー挑戦にして悲願のダービー制覇を達成し、ついにダービージョッキーの称号を手にした。なお、美浦所属の騎手によるダービー優勝は1997年の大西直宏以来12年ぶりのことである。また、2006年12月の大西の引退以来、美浦所属のダービージョッキーが不在という、美浦所属騎手の暗黒時代が続いていたが、横山がそれにひとまずのピリオドを打つことともなった。2012年5月現在、中央競馬における現役のダービージョッキーは藤田伸二、武豊、安藤勝己、石橋守、四位洋文、横山典弘、内田博幸、池添謙一、岩田康誠の9人である。横山典弘 フレッシュアイペディアより)

  • アジュディミツオー

    アジュディミツオーから見た内田博幸内田博幸

    2004年、2005年の東京大賞典を連覇し、地方競馬所属馬として初めてドバイワールドカップに出走した。また、南関東公営競馬の古馬GIを完全制覇している。主戦騎手は内田博幸。馬名は、父馬アジュディケーティングの馬名と、母馬の馬主の名前に由来する。アジュディミツオー フレッシュアイペディアより)

  • グランリーオ

    グランリーオから見た内田博幸内田博幸

    5歳になったグランリーオは、2005年緒戦となった2月5日のテレビ山梨杯(1000万下、芝1600m)を先団追走からサンキンバスターとの叩き合いを制して勝利した。このレースから鞍上は内田博幸に変わり、それを境にグランリーオの競走成績は急激に上昇した。グランリーオは江田照男が騎乗した5月1日の金峰山特別(芝1600m)を勝利して1000万下クラスを脱すると、再び内田が騎乗し、生涯初の1番人気に推された5月22日のフリーウェイステークス(1600万下、芝1400m)をレコードタイムで逃げ切った。オープン入りを果たしたグランリーオは6月5日の安田記念(G1)へ登録されるが、賞金不足により出走は叶わなかった。グランリーオ フレッシュアイペディアより)

  • 戸崎圭太

    戸崎圭太から見た内田博幸内田博幸

    勝負服は青地に胴赤散らし。青は大井の先輩である内田博幸の勝負服が、胴赤星散らしは同様に的場文男の勝負服の星(★)が由来となっている。戸崎圭太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
100件中 1 - 10件表示

「内田博幸」のニューストピックワード