2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 安藤勝己

    安藤勝己から見た内田博幸内田博幸

    2008年にはブエナビスタで阪神ジュベナイルフィリーズを制覇、年末にはダイワスカーレットでグランプリ・有馬記念制覇を果たした。牝馬の優勝は37年ぶり、史上4頭目の記録であった。なお当年勝己は勝利数4位(1位武豊)、勝率2位(同前)、獲得賞金3位とJRA賞では無冠であったが、最多賞金獲得騎手は勝己に続いて地方から中央入りした岩田康誠(園田競馬出身)が武豊を抑えて獲得、前年3月から中央入りした内田博幸(大井競馬出身)も全部門で4位以内と急激に台頭し、地方競馬出身騎手の躍進が目立った年となった。安藤勝己 フレッシュアイペディアより)

  • モーリス (競走馬)

    モーリス (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    栗東トレーニングセンター、吉田直弘厩舎より10月6日の京都競馬場の芝1400mの新馬戦で内田博幸を鞍上にデビューし、2着馬に3馬身差をつけ2歳コースレコードで勝利を飾った。続く京王杯2歳ステークスは1番人気に推されるもスタートで出遅れ6着に惜敗した。続く万両賞で勝利し2勝目を挙げ、2歳シーズンを終える。モーリス (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 大井競馬場

    大井競馬場から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸 - 2008年3月に中央競馬へ移籍大井競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 金盃

    金盃から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸が騎手として史上5人目の連覇。金盃 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和競馬場

    浦和競馬場から見た内田博幸内田博幸

    人材についても、浦和の厩舎関係者については、高崎競馬場の名調教師であった塩野七郎の一門の系譜を汲む人物が多く存在する。ちなみに、南関東では大井の的場文男なども塩野の孫弟子にあたり、中央競馬に転じた内田博幸も塩野の曾孫弟子である。浦和競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 久留米市

    久留米市から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸 - 騎手・中央競馬所属(旧三潴町出身)久留米市 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤浩輝

    後藤浩輝から見た内田博幸内田博幸

    2009年の参加者は池添謙一、武豊、内田博幸、三浦皇成、鈴木淑子、井崎脩五郎であり、特に三浦は約1週間前の12月19日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、公の場で初めての飲酒となった。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • 9頭落馬事故

    9頭落馬事故から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸 - 左尺骨近位骨幹部骨折9頭落馬事故 フレッシュアイペディアより)

  • トランセンド (競走馬)

    トランセンド (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2009年から新設された重賞競走の(格付けなし)のレパードステークスでは、内田博幸がイギリスで騎乗停止となっていたため、松岡正海に乗り替わりとなった。スーニ、シルクメビウスなどダートで実績のある馬が出走していたが、1番人気に支持された。レースでは2番手追走から直線で抜け出しスーニに3馬身差をつけて勝利した。早い時計が出にくい良馬場だったが、勝ち時計は前走と同じタイム(レコードタイ)だった。同じ舞台で行われるエルムステークスでも1番人気に推されたが、伸びきれず4着に敗れた。続く武蔵野ステークスでは初めて後方に控え、直線でじりじりと伸びてきたが6着に敗れた。安田師は「芝とダートの切れ目を気にした」とコメント。レース後はジャパンカップダートには進まず、休養に入った。トランセンド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • マイネルハニー

    マイネルハニーから見た内田博幸内田博幸

    11月15日、東京競馬場芝1600mで行われたメイクデビュー東京にて鞍上に内田博幸を迎えてデビューし、逃げ切り新馬勝ちを収める。2戦目となったベゴニア賞では再び逃げの手に出るも3着に惜敗、続く3戦目はやや出負けする形となり中団から差を詰めるも後の菊花賞馬サトノダイヤモンドの4着に敗れた。マイネルハニー フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「内田博幸」のニューストピックワード