100件中 21 - 30件表示
  • 桜花賞 (浦和競馬)

    桜花賞 (浦和競馬)から見た内田博幸内田博幸

    浦和競馬場の1600mコースは「コーナーの途中からスタートする」と酷評されることもあるほど特徴的なため、内枠また浦和出走経験のある馬にやや有利なことが多いといわれる。またこのレースは1番人気が負けやすく、2005年には内田博幸騎乗のヨウヨウが2着に敗れ2007年の1番人気馬のブラックムーンに至っては馬体故障で競走を中止するアクシデントも発生した。桜花賞 (浦和競馬) フレッシュアイペディアより)

  • アンパサンド (競走馬)

    アンパサンド (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2007年、初戦のニューイヤーカップでは1番人気に支持されるも3着。内田博幸騎乗で出走した京浜盃では後方からの展開。直線で外から伸びて先に抜け出したトップサバトンを追い詰めるが、1/2馬身差の2着に終わった。アンパサンド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • リアルインパクト

    リアルインパクトから見た内田博幸内田博幸

    レース後は宮城県の山元トレーニングセンターに放牧に出されたが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に遭い、同トレセンでの調整が不可能になった。このため、3日後に美浦トレーニングセンター近郊の牧場に輸送された後、3月18日に美浦トレセンに帰厩した。この影響で調整が遅れ、初戦のニュージーランドトロフィーでは内田博幸を鞍上に迎えて挑むも11着に敗退した。レース後は調子が上向き順調に調教を重ね、NHKマイルカップに臨んだがスタートの出負け、直線で前が壁になるなどスムーズなレースが出来ず、内から伸びてくるも3着に敗退。三度グランプリボスの後塵を拝する。この時点で東京優駿(日本ダービー)に出走可能な収得賞金を保持していたが、距離適性を考慮して日本ダービーの出走登録を見送り、敢えて古馬相手の安田記念に出走。9番人気の低評価ながらも、戸崎圭太を鞍上に3、4番手で進めると直線で抜け出し、右前脚を落鉄しながらも最後は同厩舎のストロングリターンの追撃をクビ差抑え、1分32秒0のタイムで勝利した。同競走において出走した3歳馬は当馬のみで、2004年のメイショウボーラー(11着)以来7年ぶりであった。3歳馬による安田記念(前身の安田賞含む)勝利は第2回のスウヰイスー以来59年ぶり、1984年のグレード制施行により安田記念がGIに指定された1984年以降では初の3歳馬による勝利となった。また、グレード制施行以後に古馬GI競走で1勝馬が勝利したのも史上初である。リアルインパクト フレッシュアイペディアより)

  • 嶋田潤

    嶋田潤から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸(2008年-2011年 騎手)嶋田潤 フレッシュアイペディアより)

  • 赤間清松

    赤間清松から見た内田博幸内田博幸

    調教師としては所属騎手だった内田博幸を南関東トップジョッキーに育て上げたが、内田に対する指導の厳しさはかなりなもので、鉄拳制裁が日常茶飯事だったという。赤間清松 フレッシュアイペディアより)

  • 日本騎手クラブ

    日本騎手クラブから見た内田博幸内田博幸

    2010年4月12日の東西役員総会で、会長に武豊、副会長に蛯名正義と福永祐一、関東支部長に横山典弘、同副支部長に内田博幸、関西支部長に福永祐一、同副支部長が佐藤哲三が選出、会長の柴田善臣は相談役となることが決まり、日本騎手クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野宏史

    鷹野宏史から見た内田博幸内田博幸

    2008年3月1日付で美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属騎手としてJRA騎手免許交付。デビュー同期に伊藤工真、大江原圭、三浦皇成の3人と、大井から移籍してきた内田博幸がいる。同日、中山競馬第3競走でハイブリッドスターに騎乗しJRA初騎乗(10着)、5月18日、新潟競馬第3競走でアンブロークンに騎乗しJRA移籍後初勝利を挙げた。鷹野宏史 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井英光

    坂井英光から見た内田博幸内田博幸

    2005年は83勝で南関東10位、そして2006年には自身初となる年間100勝超え(103勝)を果たし、南関東7位にランクイン。大井競馬での成績に限れば05年・06年ともに3位であり、内田博幸・的場文男のスタージョッキーに続く位置まで上り詰めた。坂井英光 フレッシュアイペディアより)

  • 今野忠成

    今野忠成から見た内田博幸内田博幸

    2002年に初めて年間100勝以上を記録。NARグランプリ2005ではベストフェアプレイ賞を受賞し、2006年には地元重賞を5勝し、通算1000勝も達成した。さらに11月12日の東京競馬場で行われたオーロカップで、ダイワバンディットに騎乗しJRA初勝利を挙げる。11番人気の低評価を覆してのものだった。ちなみにこのレースでの2着馬、コイウタに騎乗していたのは当時大井競馬場に所属していた内田博幸で、JRAのメインレースで地方競馬所属騎手が1・2着を占めた。翌週の11月22日の浦和記念をケイアイミリオンで逃げ切りダートグレード競走2勝目となった。また、川崎競馬場の騎手会長を務めていた岡村裕基騎手が2006年7月31日付で引退したことを受けて、同年8月より同競馬場の騎手会長に就任した。今野忠成 フレッシュアイペディアより)

  • 大江原圭

    大江原圭から見た内田博幸内田博幸

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には伊藤工真と三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で栗東トレーニングセンター・作田誠二厩舎所属としてデビュー。父と伯父はともに騎手時代から美浦トレーニングセンターに所属していたが、美浦だと甘えてしまうかも知れないとの理由で敢えて栗東に所属した。デビューの同期には前述の2人に加え、大井競馬場から移籍してきた内田博幸と高知競馬場から移籍してきた鷹野宏史がいる。大江原圭 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「内田博幸」のニューストピックワード