103件中 21 - 30件表示
  • オーロマイスター

    オーロマイスターから見た内田博幸内田博幸

    前走から鞍上の内田博幸とともに初ダートとなったレースでは、好位からの競馬で2着に4馬身をつける圧勝、福島で猪苗代特別も快勝した。夏には札幌遠征し昇級戦の報知杯大雪ハンデキャップ、格上挑戦となったしらかばステークスで続けて鞍上が替わる中、2着に入っている。鞍上が内田博幸に戻ったながつきステークスで勝利を挙げ、ダート転向後一度も連対を外すことなくオープン入りを果たした。11月のトパーズステークスでは3番人気に推されたが、7着に終わった。鞍上を再び吉田豊に戻して臨んだ続く師走ステークスではクリールパッションの2着と好走した。オーロマイスター フレッシュアイペディアより)

  • ディアジーナ

    ディアジーナから見た内田博幸内田博幸

    デビューは6月28日函館競馬場のメイクデビュー函館で3着。2戦目は2着で、3戦目に札幌競馬場で初勝利を挙げる。その後コスモス賞では10着に敗れるが、赤松賞3着、ひいらぎ賞2着の成績で2008年を終える。なお赤松賞より内田博幸が主戦騎手をつとめる。ディアジーナ フレッシュアイペディアより)

  • サンアディユ

    サンアディユから見た内田博幸内田博幸

    2008年は春の目標を高松宮記念に据えて大井から移籍したばかりの内田博幸を鞍上に迎え、オーシャンステークスから始動する。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に支持されていたもののスタートで隣りの枠に入っていたアイルラヴァゲインが後ろ扉を蹴ったことに驚き、サンアディユ自身もゲート内で前扉をくぐろうとするなど暴れてしまう。さらに発走態勢が整わないままゲートが開かれてしまったことにより大きく出遅れてしまい、そのまま最下位16着に敗れた。サンアディユ フレッシュアイペディアより)

  • チャンス (2010年のテレビドラマ)

    チャンス (2010年のテレビドラマ)から見た内田博幸内田博幸

    最終回には内田博幸騎手、柴田善臣騎手、田中勝春騎手(いずれも本人役)、鈴木康弘調教師(有馬記念のスターター役)、杉本清(別名で実況を担当)も出演する。チャンス (2010年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野宏史

    鷹野宏史から見た内田博幸内田博幸

    2008年3月1日付で美浦・二ノ宮敬宇厩舎所属騎手としてJRA騎手免許交付。デビュー同期に伊藤工真、大江原圭、三浦皇成の3人と、大井から移籍してきた内田博幸がいる。同日、中山競馬第3競走でハイブリッドスターに騎乗しJRA初騎乗(10着)、5月18日、新潟競馬第3競走でアンブロークンに騎乗しJRA移籍後初勝利を挙げた。鷹野宏史 フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルメモリー

    ネフェルメモリーから見た内田博幸内田博幸

    6月3日の東京ダービーでは戸崎が同厩舎のナイキハイグレードに騎乗するため内田博幸に乗り替わりに。レースはそのナイキハイグレードとの二強ムードの様相を呈す中、スタートから軽快にハナを切り逃げを打つも、最後の直線大外から強襲した伏兵のサイレントスタメンに差され4着に終わった。なお、関東オークスは出走を回避したため、チャームアスリープ以来の南関東牝馬三冠はならなかった。ネフェルメモリー フレッシュアイペディアより)

  • 日本騎手クラブ

    日本騎手クラブから見た内田博幸内田博幸

    2010年4月12日の東西役員総会で、会長に武豊、副会長に蛯名正義と福永祐一、関東支部長に横山典弘、同副支部長に内田博幸、関西支部長に福永祐一、同副支部長が佐藤哲三が選出、会長の柴田善臣は相談役となることが決まり、日本騎手クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本競馬

    2007年の日本競馬から見た内田博幸内田博幸

    最優秀騎手賞 内田博幸(大井)2007年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • ストロングブラッド

    ストロングブラッドから見た内田博幸内田博幸

    6歳時も苦戦が続き、根岸ステークス、名古屋大賞典で入着はしたものの、中山金杯、フェブラリーステークスでは惨敗であった。続くかしわ記念では、内田博幸に乗り替わって久々の勝ち星をGI勝利で得るが、さきたま杯は出走取り消し、帝王賞では2着と惜敗した。ストロングブラッド フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のスポーツ

    1970年のスポーツから見た内田博幸内田博幸

    7月26日 - 内田博幸(福岡県、競馬)1970年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示

「内田博幸」のニューストピックワード