100件中 31 - 40件表示
  • ジョッキーマスターズ

    ジョッキーマスターズから見た内田博幸内田博幸

    馬場取締委員を日本騎手クラブ会長の柴田善臣が務め、パドックでのひき馬役には松岡正海・小林淳一・佐藤哲三・伊藤工真・内田博幸・北村宏司・石橋脩・田中博康の各騎手が担当した。誘導馬には日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエースに騎乗した西浦勝一が騎乗。現役騎手からは柴田善臣、横山典弘、田中勝春、蛯名正義、武士沢友治が誘導馬に騎乗した。ウィナーズサークルでのスターター役は小島太が務めた。ジョッキーマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • ナイキアディライト

    ナイキアディライトから見た内田博幸内田博幸

    2月の報知グランプリカップは勝ったものの、マイルグランプリ、かしわ記念と結果を出すことができず、放牧。その間に同じ船橋の川島正行厩舎に移籍した。移籍初戦の埼玉新聞杯は内田博幸騎手鞍上で快勝するが、JBCマイル、東京大賞典はいずれも大敗した。ナイキアディライト フレッシュアイペディアより)

  • チャンス (2010年のテレビドラマ)

    チャンス (2010年のテレビドラマ)から見た内田博幸内田博幸

    最終回には内田博幸騎手、柴田善臣騎手、田中勝春騎手(いずれも本人役)、鈴木康弘調教師(有馬記念のスターター役)、杉本清(別名で実況を担当)も出演する。チャンス (2010年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉新聞栄冠賞

    埼玉新聞栄冠賞から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸が騎手として史上3人目の連覇。埼玉新聞栄冠賞 フレッシュアイペディアより)

  • オーロマイスター

    オーロマイスターから見た内田博幸内田博幸

    前走から鞍上の内田博幸とともに初ダートとなったレースでは、好位からの競馬で2着に4馬身をつける圧勝、福島で猪苗代特別も快勝した。夏には札幌遠征し昇級戦の報知杯大雪ハンデキャップ、格上挑戦となったしらかばステークスで続けて鞍上が替わる中、2着に入っている。鞍上が内田博幸に戻ったながつきステークスで勝利を挙げ、ダート転向後一度も連対を外すことなくオープン入りを果たした。11月のトパーズステークスでは3番人気に推されたが、7着に終わった。鞍上を再び吉田豊に戻して臨んだ続く師走ステークスではクリールパッションの2着と好走した。オーロマイスター フレッシュアイペディアより)

  • 内田利雄

    内田利雄から見た内田博幸内田博幸

    仲の良い騎手は岩手所属の菅原勲や同姓でJRA所属の内田博幸、同じくJRA所属の青木芳之などがいる。博幸に関しては『サラブレ』のコラムでは利雄が博幸を「弟」と呼び、逆に博幸が利雄を「アニキ」と呼び合う仲である。内田利雄 フレッシュアイペディアより)

  • コンサートボーイ

    コンサートボーイから見た内田博幸内田博幸

    1997年のマイルグランプリでは内田博幸の騎乗で1年ぶりの勝ち星を挙げて復活を果たしたが、帝王賞の枠順発表前日に内田が落馬事故を起こして騎乗停止処分を受け、急遽的場文男の騎乗で帝王賞に臨むことになった。的場は追い込み脚質だったコンサートボーイを一転して先行させる積極策でアブクマポーロの追撃を振り切り、この年から導入された統一グレードGIレースの初代王者となった。コンサートボーイ フレッシュアイペディアより)

  • サンアディユ

    サンアディユから見た内田博幸内田博幸

    2008年は春の目標を高松宮記念に据えて大井から移籍したばかりの内田博幸を鞍上に迎え、オーシャンステークスから始動する。単勝1.7倍の圧倒的1番人気に支持されていたもののスタートで隣りの枠に入っていたアイルラヴァゲインが後ろ扉を蹴ったことに驚き、サンアディユ自身もゲート内で前扉をくぐろうとするなど暴れてしまう。さらに発走態勢が整わないままゲートが開かれてしまったことにより大きく出遅れてしまい、そのまま最下位16着に敗れた。元来、音に敏感な面があり、驚くと体をこわばらせてしまう面があった。また以前に騎乗した川田は「ゲート内で固まってしまい出ないことがある」とも語っていた。2007年から本馬を担当した厩務員は様々な工夫を施し我慢させることを教え、克服させた結果が快進撃に結実していたが隣りゲートの物音により不運にもその悪癖が引き起こされてしまった。サンアディユ フレッシュアイペディアより)

  • シルクメビウス

    シルクメビウスから見た内田博幸内田博幸

    2010年4月25日のアンタレスステークスから始動。スタートで後手を踏み、向正面でポジションを押し上げて中団から脚を伸ばすも届かず5着に敗れた。次走の東海ステークス(中京競馬場改修の影響で京都ダート1900mでの変則開催)では中団追走から直線で末脚を伸ばし、ゴール前でトランセンドをクビ差交わして重賞2勝目を挙げた。ブリーダーズゴールドカップでも同様の鋭い末脚で2着のカネヒキリに4馬身差をつけ優勝。秋に入り11月3日のJBCクラシックでは中団から追い上げるも4着止まりだった。12月5日のジャパンカップダートでは後方から脚を伸ばしたがトランセンドの5着に敗れた。その後は12月29日に行われた東京大賞典では鞍上が内田博幸に乗り替わって出走したがスマートファルコンの5着に終わった。シルクメビウス フレッシュアイペディアより)

  • シンメイフジ

    シンメイフジから見た内田博幸内田博幸

    2010年の始動戦は3月20日のフラワーカップ。好スタートを決めハナに立ち、道中も先頭でレースを進めた。直線に入って一旦突き放すも3番人気のオウケンサクラに並ばれると後退し5着。4月11日、阪神の第70回桜花賞では再び後方追走になり6着。5月23日、東京の第71回優駿牝馬では11着となり初の二桁着順に敗れた。6月16日、川崎で行われた第46回関東オークスでは内田博幸が手綱を取り初ダートとなったが、1番人気に支持され、課題のスタートも五分に出て好位追走から抜け出し2着に0.3秒差突き離して快勝した。6月30日、右第1指骨剥離骨折を発症していることが判明した。シンメイフジ フレッシュアイペディアより)

100件中 31 - 40件表示

「内田博幸」のニューストピックワード