103件中 31 - 40件表示
  • ボレアス (競走馬)

    ボレアス (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    初戦のヒヤシンスステークスでは藤岡佑介鞍上でメンバー最速の上がりを繰り出すも4着に敗れた。次走は芝の毎日杯で重賞初挑戦だったものの12着に敗退した。ダートに戻った東日本大震災被災地支援競走いぶき賞(例年の競走名は端午ステークス)では内田博幸鞍上でグレープブランデーの2着に敗れた。クレイグ・ウィリアムズを背にユニコーンステークスに出走するも先に抜け出したアイアムアクトレスを捉えきれず、グレープブランデーにも交わされ3着に敗れる。なおレース後に鼻出血を発症していることが判明した。次走で大井のジャパンダートダービーに鞍上に武豊を迎え出走したが、三度グレープブランデーの後塵を拝し、頭差の2着と惜敗した。その後レパードステークスに出走し1番人気に応え、2着に2馬身差をつけ重賞初勝利を挙げた。その後、10月10日のマイルチャンピオンシップ南部杯では中団追走も直線で伸びず11着に終わった。次走の浦和記念ではボランタスの3着と惜敗した。12月23日の名古屋グランプリでは中団でレースを進めたが、直線で伸びを欠き6着に終わった。ボレアス (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ジョッキーマスターズ

    ジョッキーマスターズから見た内田博幸内田博幸

    馬場取締委員を日本騎手クラブ会長の柴田善臣が務め、パドックでのひき馬役には松岡正海・小林淳一・佐藤哲三・伊藤工真・内田博幸・北村宏司・石橋脩・田中博康の各騎手が担当した。誘導馬には日本馬として初めてジャパンカップを制したカツラギエースに騎乗した西浦勝一が騎乗。現役騎手からは柴田善臣、横山典弘、田中勝春、蛯名正義、武士沢友治が誘導馬に騎乗した。ウィナーズサークルでのスターター役は小島太が務めた。ジョッキーマスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 大江原圭

    大江原圭から見た内田博幸内田博幸

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には伊藤工真と三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で栗東トレーニングセンター・作田誠二厩舎所属としてデビュー。父と伯父はともに騎手時代から美浦トレーニングセンターに所属していたが、美浦だと甘えてしまうかも知れないとの理由で敢えて栗東に所属した。デビューの同期には前述の2人に加え、大井競馬場から移籍してきた内田博幸と高知競馬場から移籍してきた鷹野宏史がいる。大江原圭 フレッシュアイペディアより)

  • スルガスペイン

    スルガスペインから見た内田博幸内田博幸

    そしてさらに半年休んだ末に、すでに9歳となっていたスルガスペインは再び大井競馬場へと舞い戻る。舞台はかつて自身が重賞勝利を挙げた金盃、そして鞍上には当時売り出し中の若手騎手であった内田博幸騎手が起用された。久々にスタートの出も悪くなく、ハナこそ佐々木竹見騎手騎乗のハナブサトップに奪われたものの、続く2番手の好位につける。ところが向こう正面半ばで突然故障を発生し、そのまま競走を中止。予後不良の診断となり、安楽死の処分が取られた。スルガスペイン フレッシュアイペディアより)

  • みんなのケイバ

    みんなのケイバから見た内田博幸内田博幸

    3月2日、内田博幸騎手を「ヴィクトリアマイルでピンクカメオを勝利に導いた」とナレーションが紹介(正しくはNHKマイルカップ)。みんなのケイバ フレッシュアイペディアより)

  • マイネレーツェル

    マイネレーツェルから見た内田博幸内田博幸

    4月13日の桜花賞は池添謙一がトールポピーに騎乗するため、内田博幸の騎乗で出走したが、インから伸びきれず、6着。続く優駿牝馬では武豊とのコンビで挑んだが、直線塞がれる不利もあって9着に終わる。マイネレーツェル フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木竹見

    佐々木竹見から見た内田博幸内田博幸

    1966年に記録した年間505勝(2384戦)は当時の世界記録であり、2006年に内田博幸(大井)が更新するまで40年もの間日本記録でもあった。なお、内田の勝利数にはJRAでの勝利数が含まれており、地方競馬のみの記録としては現在も最多勝記録である。このほか、1965年から1967年まで史上初の3年連続400勝突破も達成している。佐々木竹見 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤工真

    伊藤工真から見た内田博幸内田博幸

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には大江原圭とアニマル・ベジテイション・カレッジ時代からの同期である三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で騎手免許を交付された。デビューの同期には前述の2人に加え内田博幸と鷹野宏史がいる。デビュー時からの所属は美浦・古賀史生厩舎。3月1日に中山競馬場で行われた第1競走で中央競馬初騎乗を迎え、自厩舎のトウショウブリーズに騎乗して11番人気で9着だった。なお、1着となったのは中央移籍後初騎乗で同期デビューの内田博幸だった。10月26日に東京競馬場で行われた第1競走でサザンスターディに騎乗し、89戦目で初勝利を挙げた。伊藤工真 フレッシュアイペディアより)

  • リアルインパクト

    リアルインパクトから見た内田博幸内田博幸

    レース後は宮城県の山元トレーニングセンターに放牧に出されたが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に遭い、同トレセンでの調整が不可能になった。このため、3日後に美浦トレーニングセンター近郊の牧場に輸送された後、3月18日に美浦トレセンに帰厩した。この影響で調整が遅れ、初戦のニュージーランドトロフィーでは内田博幸を鞍上に迎えて挑むも11着に敗退した。レース後は調子が上向き順調に調教を重ね、NHKマイルカップに臨んだがスタートの出負け、直線で前が壁になるなどスムーズなレースが出来ず、内から伸びてくるも3着に敗退。三度グランプリボスの後塵を拝する。この時点で東京優駿(日本ダービー)に出走可能な収得賞金を保持していたが、距離適性を考慮して日本ダービーの出走登録を見送り、敢えて古馬相手の安田記念に出走。9番人気の低評価ながらも、戸崎圭太を鞍上に3、4番手で進めると直線で抜け出し、右前脚を落鉄しながらも最後は同厩舎のストロングリターンの追撃をクビ差抑え、1分32秒0のタイムで勝利した。同競走において出走した3歳馬は当馬のみで、2004年のメイショウボーラー(11着)以来7年ぶりであった。3歳馬による安田記念(前身の安田賞含む)勝利は第2回のスウヰイスー以来59年ぶり、1984年のグレード制施行により安田記念がGIに指定された1984年以降では初の3歳馬による勝利となった。また、グレード制施行以後に古馬GI競走で1勝馬が勝利したのも史上初である。リアルインパクト フレッシュアイペディアより)

  • シンメイフジ

    シンメイフジから見た内田博幸内田博幸

    2010年の始動戦は3月20日のフラワーカップ。好スタートを決めハナに立ち、道中も先頭でレースを進めた。直線に入って一旦突き放すも3番人気のオウケンサクラに並ばれると後退し5着。4月11日、阪神の第70回桜花賞では再び後方追走になり6着。5月23日、東京の第71回優駿牝馬では11着となり初の二桁着順に敗れた。6月16日、川崎で行われた第46回関東オークスでは内田博幸が手綱を取り初ダートとなったが、1番人気に支持され、課題のスタートも五分に出て好位追走から抜け出し2着に0.3秒差突き離して快勝した。しかし6月30日、右第1指骨剥離骨折を発症していることが判明した。シンメイフジ フレッシュアイペディアより)

103件中 31 - 40件表示

「内田博幸」のニューストピックワード