100件中 41 - 50件表示
  • ウチパク

    ウチパクから見た内田博幸内田博幸

    ウチパク フレッシュアイペディアより)

  • セイウンワンダー

    セイウンワンダーから見た内田博幸内田博幸

    馬体重をマイナス10キロと絞って迎えた4月19日の皐月賞では、これまで主戦を務めた岩田康誠がアンライバルドに騎乗するため、内田博幸に乗り変わった。道中は後方から進んだが、勝負どころでアンライバルドに突き放され、その後トライアンフマーチと共に直線追い込んで来たものの、3着に敗れた。セイウンワンダー フレッシュアイペディアより)

  • 堀宣行

    堀宣行から見た内田博幸内田博幸

    主戦騎手は内田博幸・石橋脩。ここ一番ではクリストフ・ルメールやクリストフ・スミヨンなど、外国人騎手への騎乗依頼も目立つ。堀宣行 フレッシュアイペディアより)

  • ダノンシャンティ

    ダノンシャンティから見た内田博幸内田博幸

    2009年11月22日、京都競馬場芝1800mの新馬戦に内田博幸鞍上でデビュー、2番人気に支持されたこのレースでは道中好位に付け、直線で抜け出して2着に3/4馬身差で勝利する。ダノンシャンティ フレッシュアイペディアより)

  • チャームアスリープ

    チャームアスリープから見た内田博幸内田博幸

    年が明けた2戦も入線は果たすものの勝ちきれなかったが、3戦目で内田博幸が手綱を取ると、2着のカネショウメロディを8馬身ちぎって快勝。今野忠成が騎乗した特別戦2着を経て、クラシック戦線へと向かう。初戦の桜花賞は内田博幸が騎乗し、スターオブジェンヌ以下を押さえ勝利し、続く東京プリンセス賞では今野忠成が騎乗し、ヨシノアルテミスを首差押さえて勝利、二冠を達成した。チャームアスリープ フレッシュアイペディアより)

  • ディアジーナ

    ディアジーナから見た内田博幸内田博幸

    デビューは6月28日函館競馬場のメイクデビュー函館で3着。2戦目は2着で、3戦目に札幌競馬場で初勝利を挙げる。その後コスモス賞では10着に敗れるが、赤松賞3着、ひいらぎ賞2着の成績で2008年を終える。なお赤松賞より内田博幸が主戦騎手をつとめる。ディアジーナ フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見た内田博幸内田博幸

    古馬との初対決となるジャパンカップでは岩田康誠が騎乗。レース前はディープインパクト、ハーツクライ、ウィジャボードの3強対決とも言われたがここでも中団でレースを進め、直線ではウィジャボードを抑えてディープインパクトの2着に入った。続く有馬記念では内田博幸が騎乗、2番人気に推され最後は伸びきれず4着に敗れたものの、同世代の中では最高着順となった。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

  • ナカヤマフェスタ

    ナカヤマフェスタから見た内田博幸内田博幸

    11月2日、内田博幸を鞍上に東京競馬場でデビュー勝ち。続く11月22日の東京スポーツ杯2歳ステークスは蛯名正義に乗り替りとなったが、1番人気のブレイクランアウトに首差の勝利で重賞初勝利となった。ナカヤマフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • ネフェルメモリー

    ネフェルメモリーから見た内田博幸内田博幸

    6月3日の東京ダービーでは戸崎が同厩舎のナイキハイグレードに騎乗するため内田博幸に乗り替わりに。レースはそのナイキハイグレードとの二強ムードの様相を呈す中、スタートから軽快にハナを切り逃げを打つも、最後の直線大外から強襲した伏兵のサイレントスタメンに差され4着に終わった。なお、関東オークスは出走を回避したため、チャームアスリープ以来の南関東牝馬三冠はならなかった。ネフェルメモリー フレッシュアイペディアより)

  • 堀千亜樹

    堀千亜樹から見た内田博幸内田博幸

    2006年6月6日大井競馬第10競走第51回大井記念を2番人気内田博幸騎乗のエイシンチャンプで勝利し、開業1年で重賞初制覇。堀千亜樹 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「内田博幸」のニューストピックワード