103件中 41 - 50件表示
  • レッドスパーダ

    レッドスパーダから見た内田博幸内田博幸

    夏の間は休養に出され、復帰緒戦は富士ステークス。東京マイルの実績もあり、初の古馬混合戦ではあったが1番人気におされた。しかし、前走から22kg増と余裕残しだったこともあってか、15着に敗れた。続く鳴尾記念では、横山典弘がサンライズマックスに騎乗したため、内田博幸が騎乗して出走。果敢に先行したものの粘れず5着に終わった。レッドスパーダ フレッシュアイペディアより)

  • 宗形竹見

    宗形竹見から見た内田博幸内田博幸

    2008年1月15日大井競馬第2競走4歳条件戦に内田博幸騎乗ツクバネが出走し、管理馬初出走(12頭立て1番人気3着)。宗形竹見 フレッシュアイペディアより)

  • ファイナルフォーム

    ファイナルフォームから見た内田博幸内田博幸

    2012年3月17日、3歳未勝利でデビュー。初出走で経験馬相手に勝利を収める。3歳500万条件で最速の上がりを使うも届かず2着。次走も3歳馬ながら開催No.1の上がりを使うも届かず3着と敗れた後、東京の3歳上500万条件に出走。このレースでは優勝。なお、このレースの最後の直線で外に斜行し、ランパスインベガスの進路を塞ぎ走行を妨害した。審議となりランパスインベガスを管理する小島茂之からも申し立てが行われたが、致命的な不利ではなかったとして結果は変わらず確定している。ただし、鞍上の内田博幸については明らかな過失が認められるとして2日間の騎乗停止処分が下っている。ファイナルフォーム フレッシュアイペディアより)

  • スウィフトカレント (競走馬)

    スウィフトカレント (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2008年、山元トレーニングセンターからグリーンウッドを経て3月22日に帰厩し、当初は大阪杯で実戦復帰を予定していたが体調が整わず回避した。そのため復帰戦は5月10日の新潟大賞典となったが5着、続く5月30日の金鯱賞は12着という結果に終わった。次走はダート戦の帝王賞に出走予定だったが、疾病の理由で競走除外となった。その後はダート交流重賞を2戦して7着と5着、9月には芝に戻ってオールカマーに出走するも7着、ふたたびダートのマイルチャンピオンシップ南部杯も5着だった。11月にはふたたび芝に戻って出走した福島記念では内田博幸に乗り替わって6着、続く鳴尾記念では5着となり、この年は8戦して5度の5着が最高順位だった。スウィフトカレント (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • ピンクカメオ

    ピンクカメオから見た内田博幸内田博幸

    桜花賞の次走にはNHKマイルカップが選ばれた。のちに調教師の国枝が明らかにしたところでは、これは「金子オーナーが『NHKマイルカップはゲンのいいレースだから』とのことで出走を頼んできた」とのことで、国枝も金子の強い運に乗る目的でこれを承諾したという。桜花賞での大敗に加えて牡馬相手ということから18頭中17番人気と大きく人気を落とし、鞍上も当時地方競馬の大井競馬場所属だった内田博幸に乗り替わりとなった。レースは好スタートから道中折り合い直線で一度最後方まで下がるものの、その後外に持ち出してからは鋭い追い込みで全馬を抜き去りJpnI競走を制覇。内田と生産牧場であるパカパカファームに初めてのJRAJpnI (GI) 勝利をもたらした(パカパカファームは重賞初制覇・内田は地方競馬では統一GIに勝利している)。なお、このレースでは3着に最下位人気のムラマサノヨートーが入り、三連単は973万円を超える当時の重賞史上最高額となる高配当となった。ピンクカメオ フレッシュアイペディアより)

  • 松山弘平

    松山弘平から見た内田博幸内田博幸

    2009年3月1日、小倉競馬場第1レースでトミケンプライマリに騎乗し、19歳の誕生日に初勝利。初騎乗・初勝利は内田博幸以来44人目で、競馬学校卒業生では藤岡康太以来8人目。また第9レースではニューロザリオで勝利、デビュー日の2勝は福永祐一以来13年ぶりの記録、競馬学校卒業生では2人目。松山弘平 フレッシュアイペディアより)

  • 関本秀幸

    関本秀幸から見た内田博幸内田博幸

    地方競馬教養センターでの同期に内田博幸、石井勝男、岡村裕基などがいる。関本秀幸 フレッシュアイペディアより)

  • ボンネビルレコード

    ボンネビルレコードから見た内田博幸内田博幸

    古馬となった2006年は5戦目のサンタアニタトロフィーを勝利し、JBCクラシックは3着と好走した。2007年は2戦目の金盃(大井。内田博幸騎乗)を勝利すると中央競馬・美浦トレーニングセンターの堀井雅広厩舎に移籍した。ボンネビルレコード フレッシュアイペディアより)

  • 小森谷徹

    小森谷徹から見た内田博幸内田博幸

    2007年3月16日、10年9ヶ月に渡って務めた『東京シティ競馬中継』(TOKYO MX)の司会進行を卒業した。東京シティ競馬の司会進行の他、大井競馬場のイベントの司会も担当。大井競馬場所属の騎手・調教師と交友があり、司会最終日には内田博幸ら現役の騎手・調教師がスタジオに駆けつけ小森谷に花束を渡し卒業を見届けた。馬主として、大井競馬場所属の競走馬を数頭所有している。小森谷徹 フレッシュアイペディアより)

  • ドリームパスポート

    ドリームパスポートから見た内田博幸内田博幸

    古馬との初対決となるジャパンカップでは岩田康誠が騎乗。レース前はディープインパクト、ハーツクライ、ウィジャボードの3強対決とも言われたがここでも中団でレースを進め、直線ではウィジャボードを抑えてディープインパクトの2着に入った。続く有馬記念では内田博幸が騎乗、2番人気に推され最後は伸びきれず4着に敗れたものの、同世代の中では最高着順となった。ドリームパスポート フレッシュアイペディアより)

103件中 41 - 50件表示

「内田博幸」のニューストピックワード