100件中 51 - 60件表示
  • スウィフトカレント (競走馬)

    スウィフトカレント (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2008年、山元トレーニングセンターからグリーンウッドを経て3月22日に帰厩し、当初は大阪杯で実戦復帰を予定していたが体調が整わず回避した。そのため復帰戦は5月10日の新潟大賞典となったが5着、続く5月30日の金鯱賞は12着という結果に終わった。次走はダート戦の帝王賞に出走予定だったが、疾病の理由で競走除外となった。その後はダート交流重賞を2戦して7着と5着、9月には芝に戻ってオールカマーに出走するも7着、ふたたびダートのマイルチャンピオンシップ南部杯も5着だった。11月にはふたたび芝に戻って出走した福島記念では内田博幸に乗り替わって6着、続く鳴尾記念では5着となり、この年は8戦して5度の5着が最高順位だった。スウィフトカレント (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • フレンドシップ (競走馬)

    フレンドシップ (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    次戦に選ばれたのは、前年に同厩のカネヒキリが制したジャパンダートダービーとなった。同年に南関東の交流重賞等で多くの勝ち星をあげていた地元大井競馬場の名手内田博幸に騎乗依頼し快諾。ユニコーンステークスを勝ったナイキアースワークに次ぐ2番人気に支持されてレースを迎えた。レースは羽田盃を勝ったサンキューウィンが逃げる中で好位3番手を追走。2番手から直線半ばで先頭に立ったバンブーエールを抜き去り、最後は1馬身以上の差をつける快勝で初重賞制覇がG1初制覇となった。また、鞍上の内田博幸も本レース初の勝利、管理する角居勝彦調教師は前年に続く連覇となった。フレンドシップ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 小森谷 徹

    小森谷徹から見た内田博幸内田博幸

    2007年3月16日、10年9ヶ月に渡って務めた『東京シティ競馬中継』(TOKYO MX)の司会進行を卒業した。東京シティ競馬の司会進行の他、大井競馬場のイベントの司会も担当。大井競馬場所属の騎手・調教師と交友があり、司会最終日には内田博幸ら現役の騎手・調教師がスタジオに駆けつけ小森谷に花束を渡し卒業を見届けた。年現在は馬主として、大井競馬場所属の競走馬を数頭所有している。小森谷徹 フレッシュアイペディアより)

  • グランプリエンゼル

    グランプリエンゼルから見た内田博幸内田博幸

    NHKマイルカップでは熊沢が先に京都競馬場で騎乗依頼があったため、代わりに内田博幸を鞍上に迎えての出走となった。連勝中でここまでに3勝してはいたものの、勝ったレースが全て1200mのレースであったことや、1400mのレースで惨敗していたこともあり13番人気であった。しかし、ハイペースで逃げたゲットフルマークスから10馬身ほど離れた3番手でレースを進めると、前が残る展開も味方し猛追するマイネルエルフをクビ差抑えジョーカプチーノ、レッドスパーダに次ぐ3着に入り、3連単238万円という高配当の要因を作った。グランプリエンゼル フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンジョッキーカップ

    ゴールデンジョッキーカップから見た内田博幸内田博幸

    2012年の第21回のゴールデンジョッキーカップのチャンピオンジョッキー賞で、非常に珍しい3頭(カシノエベレスト 岩田康成騎乗、ニホンピロリッチ 内田博幸騎乗、ラッキーサンライズ 蛯名正義騎乗)が3着同着になった。ゴールデンジョッキーカップ フレッシュアイペディアより)

  • ポップロック (競走馬)

    ポップロック (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2008年、1月16日に発表された2007年度のワールド・サラブレッド・レースホース・ランキングでは、122ポンドでメイショウサムソンと並び17位タイとなった。1月31日にドバイシーマクラシックへ選出されたが、遠征せずに阪神大賞典の一ヶ月前に栗東トレセンへ帰厩し、同レースに出走。圧倒的1番人気に支持されるが3着だった。そして内田博幸とのコンビで迎えた大一番、天皇賞(春)では12着と全く見せ場を作れず、デビュー以来初の二桁着順を記録した。その後、休養した後の秋初戦は前年と同じく京都大賞典。しかし、7着に敗れた。そして本番の天皇賞(秋)でも14着と惨敗した。ポップロック (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • コイウタ

    コイウタから見た内田博幸内田博幸

    その後、アメリカ遠征を行い、内田博幸を鞍上にキャッシュコールマイルに出走。しかしレース当日に主催者側の不手際により斤量が突然変更になるというトラブルに見舞われ、結局最下位9着に敗れ、帰国後放牧に出された。コイウタ フレッシュアイペディアより)

  • マイネレーツェル

    マイネレーツェルから見た内田博幸内田博幸

    4月13日の桜花賞は池添謙一がトールポピーに騎乗するため、内田博幸の騎乗で出走したが、インから伸びきれず、6着。続く優駿牝馬では武豊とのコンビで挑んだが、直線塞がれる不利もあって9着に終わる。マイネレーツェル フレッシュアイペディアより)

  • 落馬

    落馬から見た内田博幸内田博幸

    2010年1月11日の中山競馬場において、第4競走・3歳新馬でノボプロジェクトが第4コーナーで急に外側へ斜行したことの影響で出走16頭中9頭が落馬した。1つのレースでの落馬頭数としては中央競馬史上最多。ノボプロジェクトは1位入線も失格となり、騎乗していた三浦皇成は進路妨害が認められ、4日間の騎乗停止となった。落馬した9頭に異状はなかったが、内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の重傷を負うなど騎手6人が負傷や検査によりその後のレースの騎手変更を余儀なくされた(詳細については9頭落馬事故を参照)。なお、地方競馬では1979年2月に園田競馬場で出走11頭中8頭が落馬する事故が発生している。落馬 フレッシュアイペディアより)

  • スマートロビン

    スマートロビンから見た内田博幸内田博幸

    2010年9月26日の阪神競馬場2歳新馬で内田博幸鞍上でデビューし、2着に敗れた。2戦目も2着に敗れたが3戦目で初勝利を挙げた。次走のエリカ賞も勝利した。スマートロビン フレッシュアイペディアより)

100件中 51 - 60件表示

「内田博幸」のニューストピックワード