100件中 61 - 70件表示
  • 佐々木竹見

    佐々木竹見から見た内田博幸内田博幸

    1966年に記録した年間505勝(2384戦)は当時の世界記録であり、2006年に内田博幸(大井)が更新するまで40年もの間日本記録でもあった。なお、内田の勝利数にはJRAでの勝利数が含まれており、地方競馬のみの記録としては現在も最多勝記録である。このほか、1965年から1967年まで史上初の3年連続400勝突破も達成している。佐々木竹見 フレッシュアイペディアより)

  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見た内田博幸内田博幸

    続いて9月28日には神戸新聞杯に出走。初のオープンクラスでのレースでしかも重賞レースであったが、ディープスカイの3着に入り菊花賞の優先出走権を得た。10月26日の第69回菊花賞では混戦模様の中、単勝3.7倍の1番人気に支持され、レースでは阿賀野川特別からコンビを組む内田博幸を鞍上に、道中は中団からやや後方あたりからレースを進め、最後の直線で先頭に立つと後続を引き離し、内から詰め寄ったフローテーションに1馬身1/4の差をつけてゴールし、重賞及びJpnI初制覇を飾った。なお、デビューから184日目での菊花賞制覇は、1990年のメジロマックイーンの記録(275日目)を塗り替えて、2歳(旧3歳)戦がスタートした1946年以降の史上最短菊花賞勝利記録となった。また、福島競馬場でデビューした馬が菊花賞を勝ったのも史上初。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

  • 東京大賞典

    東京大賞典から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸が騎手として史上4人目の連覇。東京大賞典 フレッシュアイペディアより)

  • サクセスブロッケン

    サクセスブロッケンから見た内田博幸内田博幸

    12月29日の東京大賞典(大井競馬場)では、これまで主戦を務めてきた横山典弘から岩田康誠に乗り替わる予定であったが、岩田が騎乗停止処分を受けたため内田博幸で臨むこととなる。2番手追走から残り200メートルで先頭に立つも、外から襲いかかったカネヒキリとヴァーミリアンに差され3着に敗れた。サクセスブロッケン フレッシュアイペディアより)

  • 幸英明

    幸英明から見た内田博幸内田博幸

    2009年の年間騎乗回数は968回で、従来の記録(岩田康誠、2006年、952回)を上回った(ただしこの年は内田博幸が年間975回騎乗のため中央競馬記録とはならなかった)。幸英明 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤工真

    伊藤工真から見た内田博幸内田博幸

    2008年、2月12日に同校を卒業した。卒業時の同期には大江原圭とアニマル・ベジテイション・カレッジ時代からの同期である三浦皇成がいる。そして2月14日に発表された2008年度騎手免許試験に合格し、3月1日付で騎手免許を交付された。デビューの同期には前述の2人に加え内田博幸と鷹野宏史がいる。デビュー時からの所属は美浦・古賀史生厩舎。3月1日に中山競馬場で行われた第1競走で中央競馬初騎乗を迎え、自厩舎のトウショウブリーズに騎乗して11番人気で9着だった。なお、1着となったのは中央移籍後初騎乗で同期デビューの内田博幸だった。10月26日に東京競馬場で行われた第1競走でサザンスターディに騎乗し、89戦目で初勝利を挙げた。伊藤工真 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドシップ

    ゴールドシップから見た内田博幸内田博幸

    初戦の共同通信杯からは、内田博幸に乗り替わりとなった。レースでは3、4番手に付け先行し、そのまま直線に向くと残り100mほどで先頭に立ち優勝、重賞初制覇となった。ゴールドシップ フレッシュアイペディアより)

  • 内田智也

    内田智也から見た内田博幸内田博幸

    従兄に、中央競馬騎手の内田博幸、その兄で元地方競馬騎手の内田秀一がいる。内田博幸騎手がダービー制覇後の祝勝会にも参加していた。内田智也 フレッシュアイペディアより)

  • レッドスパーダ

    レッドスパーダから見た内田博幸内田博幸

    夏の間は休養に出され、復帰緒戦は富士ステークス。東京マイルの実績もあり、初の古馬混合戦ではあったが1番人気におされた。しかし、前走から22kg増と余裕残しだったこともあってか、15着に敗れた。続く鳴尾記念では、横山典弘がサンライズマックスに騎乗したため、内田博幸が騎乗して出走。果敢に先行したものの粘れず5着に終わった。レッドスパーダ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田豊 (競馬)

    吉田豊 (競馬)から見た内田博幸内田博幸

    1999年に後藤浩輝騎手から木刀で殴打・暴行される事件が起きた。その後の2003年の天皇賞(秋)では、後藤騎乗のローエングリンが内枠から好スタートを切ったが、ゴーステディに騎乗した吉田も逃げを主張(調教師から「何が何でもハナに行け」と指示があったため)。後藤も譲らなかったため、超ハイペースとなり、ゴーステディはブービーの馬とも大差の最下位になり重賞でなければタイムオーバーが適用されるほどの惨敗であった。これにより吉田、後藤双方とも私情をレースに持ち込んだのではないかと競馬ファンの間でも厳しい批判を受けた。2008年6月22日福島競馬第9競走の開成山特別では、ゴールまで残り150メートル付近で、内田博幸騎手からひじ打ちを食らい外に押し出されると、その報復として、ゴール地点まで10発ほどひじ打ちで応酬し、3頭分ほど斜行しながら内に押し返すなど、ここでも一歩も引かない強気な騎乗を見せ物議を醸した。(この件により内田に戒告、吉田に過怠金の処分が下された)吉田豊 (競馬) フレッシュアイペディアより)

100件中 61 - 70件表示

「内田博幸」のニューストピックワード