103件中 61 - 70件表示
  • フリオーソ (2004年生)

    フリオーソ (2004年生)から見た内田博幸内田博幸

    2006年7月に石崎隆之を背にデビュー。初戦を危なげなく勝ち、続くオープン特別のナドアルシバ競馬場カップでは5馬身差をつけて快勝する。続いては初の重賞挑戦となった南関東G3の平和賞。1番人気に推されるが、ハナ差で惜しくも敗れ初めて土がつく。そして地方競馬2歳戦の総決算である全日本2歳優駿に出走する。5番人気に甘んじていたが、テン乗りとなった内田博幸を背に後続に2馬身差をつけて勝利。NARグランプリサラブレッド2歳最優秀馬にも選出された。フリオーソ (2004年生) フレッシュアイペディアより)

  • 横山典弘

    横山典弘から見た内田博幸内田博幸

    2010年には、4週連続重賞勝ち(京成杯・エイシンフラッシュ、アメリカジョッキークラブカップ・ネヴァブション、東京新聞杯・レッドスパーダ、シルクロードステークス・アルティマトゥーレ)を記録した。その後も早いペースで重賞勝利を積み重ねていき、5月16日のG1レースヴィクトリアマイルで2010年の重賞10勝目を挙げ、2008年から3年連続となる重賞二桁勝利を果たした。なお、過去最速は1998年10月11日にセイウンスカイで勝利した京都大賞典での10勝目だったため、約5か月速い上半期での重賞二桁勝利となった。さらに翌週のG1優駿牝馬でも1着同着ながら勝利したが、この勝利は優駿牝馬史上初となる父子騎手制覇(父の横山富雄は1978年の第39回優駿牝馬をファイブホープで制覇)でもあった。同年9月26日の中山競馬場第3競走で落馬負傷し頚髄損傷、頭蓋骨骨折の重傷を負い、当初は騎手生命の危機にさらされていたが、1か月後の10月27日には美浦トレーニングセンターに姿を現し、当日対面した武豊が自身のホームページで「ジャパンカップあたりでは馬に乗っていそう」と述べるほどの回復を見せ、11月13日に復帰を果たした。こうしたアクシデントなどによる長期間のブランクに見舞われながらも、この年は120勝を挙げ、自身初の中央競馬全国リーディングジョッキーに輝いたものの、JRA賞最多勝利騎手の受賞は内田博幸に譲る結果となった。これは、地方競馬との指定交流競走を含めた場合、内田が125勝、横山が121勝となったためである。JRA賞はJRA賞最高勝率騎手を受賞した。JRAのみの算出では勝利数・勝率・最多賞金獲得3部門で1位となっており、2013年のルール改定が適用されていればJRA賞騎手大賞の対象となった。横山典弘 フレッシュアイペディアより)

  • マカヒキ (競走馬)

    マカヒキ (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    宝塚記念のファン投票で4位を獲得したがこれを回避。秋の毎日王冠からの始動を目指し、また、鞍上は内田博幸が務めることとなった。マカヒキ (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 吉原寛人

    吉原寛人から見た内田博幸内田博幸

    2009年1月27日に行われた第7回佐々木竹見カップ ジョッキーズグランプリに初出場し、内田博幸、岡部誠に次ぐ3位入賞となった。同年10月18日第15回金沢競馬3日目第9競走もみじ特別(B級勝馬B11組)をクイーンズコートで優勝(10頭立て2番人気)し、地方・中央合算での通算1000勝を達成した。吉原寛人 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールドシップ

    ゴールドシップから見た内田博幸内田博幸

    クラシックシーズン初戦となる共同通信杯からは、内田博幸に乗り替わりとなった。レースでは3、4番手に付け先行し、そのまま最後の直線に向くと先行策からの逃げ切りを図るディープブリランテを残り100メートルほどで捕え、重賞初制覇となった。これは須貝厩舎にとっても開業4年目で重賞初勝利であった。また出口牧場生産馬の重賞勝ちはレジェンドテイオー(1988年・アルゼンチン共和国杯)以来となった。ゴールドシップ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァーミリアン

    ヴァーミリアンから見た内田博幸内田博幸

    次走はダイオライト記念に向かったが、ここでも武豊がタイムパラドックスに騎乗したため、内田博幸が騎乗、前年覇者パーソナルラッシュらを相手に6馬身差で快勝した。幸英明を鞍上に迎えた次走の東海ステークスは、1.8倍の1番人気に支持されたが、虫歯によりカイバ喰いが落ち21kgも馬体重を減らし、さらにレース中に心房細動を発症し最下位の13着に敗れてしまった。目標であった帝王賞は回避するしかなく、馬体回復のため夏場をはさんでの休養に入る。ヴァーミリアン フレッシュアイペディアより)

  • ニューイヤーカップ

    ニューイヤーカップから見た内田博幸内田博幸

    2006年 - 内田博幸が騎手として4人目の連覇。ニューイヤーカップ フレッシュアイペディアより)

  • コイウタ

    コイウタから見た内田博幸内田博幸

    その後、アメリカ遠征を行い、内田博幸を鞍上にキャッシュコールマイルに出走した。この競走にはほかにも日本からキストゥヘヴンとディアデラノビアも出走した。コイウタは、前走のヴィクトリアマイルで桜花賞馬キストゥヘヴンやディアデラノビアに勝っているにも関わらず、この競走ではキストゥヘヴンよりも軽い斤量で出走できるはずだった。コイウタ フレッシュアイペディアより)

  • 南関東公営競馬

    南関東公営競馬から見た内田博幸内田博幸

    廃止された地方競馬場から御神本訓史(益田)、森泰斗(足利→宇都宮)、杉村一樹(中津→荒尾)、山田信大(新潟公営)、楢崎功祐(福山)らの騎手を受け入れたが、一方で2008年に内田博幸、2013年に戸崎圭太とリーディングジョッキーが中央競馬へと移籍している。またアングロアラブ競走の廃止と統一グレード競走の新設で競走体系が大きく変動する中、南関東三冠を構成していた東京王冠賞が廃止されるなどしている。南関東公営競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦皇成

    三浦皇成から見た内田博幸内田博幸

    2008年度JRA騎手免許試験に合格し、同年3月1日付で騎手免許交付。同年の新規騎手免許試験合格者は三浦のほか、内田博幸と鷹野宏史がいる。三浦皇成 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「内田博幸」のニューストピックワード