103件中 71 - 80件表示
  • オウケンブルースリ

    オウケンブルースリから見た内田博幸内田博幸

    続いて9月28日には神戸新聞杯(JpnII)に出走。初のオープンクラスでのレースでしかも重賞レースであったが、ディープスカイの3着に入り菊花賞の優先出走権を得た。10月26日の第69回菊花賞では混戦模様の中、単勝3.7倍の1番人気に支持され、レースでは阿賀野川特別からコンビを組む内田博幸を鞍上に、道中は中団からやや後方あたりからレースを進め、最後の直線で先頭に立つと後続を引き離し、内から詰め寄ったフローテーションに1馬身1/4の差をつけてゴールし、重賞及びJpnI初制覇を飾った。なお、デビューから184日目での菊花賞制覇は、1990年のメジロマックイーンの記録(275日目)を塗り替えて、2歳(旧3歳)戦がスタートした1946年以降の史上最短菊花賞勝利記録となった。また、福島競馬場でデビューした馬が菊花賞を勝ったのも史上初。オウケンブルースリ フレッシュアイペディアより)

  • 短期騎手免許

    短期騎手免許から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸(当時は大井競馬所属)短期騎手免許 フレッシュアイペディアより)

  • チャームアスリープ

    チャームアスリープから見た内田博幸内田博幸

    年が明けた2戦も入線は果たすものの勝ちきれなかったが、3戦目で内田博幸が手綱を取ると、2着のカネショウメロディを8馬身ちぎって快勝。今野忠成が騎乗した特別戦2着を経て、クラシック戦線へと向かう。初戦の桜花賞は内田博幸が騎乗し、スターオブジェンヌ以下を押さえ勝利し、続く東京プリンセス賞では今野忠成が騎乗し、ヨシノアルテミスを首差押さえて勝利、二冠を達成した。チャームアスリープ フレッシュアイペディアより)

  • ナカヤマフェスタ

    ナカヤマフェスタから見た内田博幸内田博幸

    11月2日、内田博幸を鞍上に東京競馬場でデビュー勝ち。続く11月22日の東京スポーツ杯2歳ステークスは蛯名正義に乗り替りとなったが、1番人気のブレイクランアウトに首差の勝利で重賞初勝利となった。ナカヤマフェスタ フレッシュアイペディアより)

  • テン (競馬)

    テン (競馬)から見た内田博幸内田博幸

    テン乗りとは、特定の馬に特定の騎手がレースで初めて騎乗することである。主戦騎手とは逆の意味合いを持つ。例えば、エイシンデピュティは2008年の宝塚記念で内田博幸が騎乗しているが(結果は1着)、前走金鯱賞は岩田康誠が騎乗しており(結果は1着)、宝塚記念において内田博幸はエイシンデピュティに初めて騎乗したため、この場合テン乗りとなる。テン乗りは騎手の乗り替わりの際に発生し、馬の成績に関わることも少なくない。テン (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • ノンコノユメ

    ノンコノユメから見た内田博幸内田博幸

    2月18日に行われたフェブラリーステークス(東京競馬場)に前走根岸ステークスを制した時のコンビ、内田博幸鞍上でJRAのGI競走初勝利を飾った。ノンコノユメ フレッシュアイペディアより)

  • 落馬

    落馬から見た内田博幸内田博幸

    2010年1月11日の中山競馬場において、第4競走・3歳新馬でノボプロジェクトが第4コーナーで急に外側へ斜行したことの影響で出走16頭中9頭が落馬した。1つのレースでの落馬頭数としては中央競馬史上最多。ノボプロジェクトは1位入線も失格となり、騎乗していた三浦皇成は進路妨害が認められ、4日間の騎乗停止となった。落馬した9頭に異状はなかったが、内田博幸が左尺骨近位骨幹部骨折の重傷を負うなど騎手6人が負傷や検査によりその後のレースの騎手変更を余儀なくされた(詳細については9頭落馬事故を参照)。なお、地方競馬では1979年2月に園田競馬場で出走11頭中8頭が落馬する事故が発生している。落馬 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルシーナ

    ヴィルシーナから見た内田博幸内田博幸

    続いて3歳クラシック三冠の緒戦桜花賞に4番人気で出走するが、岩田騎手は桜花賞直前のチューリップ賞で4着に敗れたジェンティルドンナに騎乗することになり、ヴィルシーナには新たに内田博幸騎手が迎えられた。内田騎手はこれ以降、翌年ヴィクトリアマイルまでコンビを組むことになる。ヴィルシーナ フレッシュアイペディアより)

  • 桜花賞 (浦和競馬)

    桜花賞 (浦和競馬)から見た内田博幸内田博幸

    浦和競馬場の1600mコースは「コーナーの途中からスタートする」と酷評されることもあるほど特徴的なため、内枠また浦和出走経験のある馬にやや有利なことが多いといわれる。またこのレースは1番人気が負けやすく、2005年には内田博幸騎乗のヨウヨウが2着に敗れ2007年の1番人気馬のブラックムーンに至っては馬体故障で競走を中止するアクシデントも発生した。桜花賞 (浦和競馬) フレッシュアイペディアより)

  • 騎乗停止

    騎乗停止から見た内田博幸内田博幸

    イギリスでは動物愛護の観念からレース中に馬に対して鞭を叩くのは7回までという決まりがある。それ以上叩いた場合には4日程度の騎乗停止が課される。日本人騎手では、武豊がゼンノロブロイに騎乗したインターナショナルステークスで、上記の処分を受けている。この時、武は引き続き海外遠征を行っており、騎乗停止処分を消化したためJRAでの処分は行われなかった。2009年シャーガーカップに出場した内田博幸も同様の処分を受け、こちらは8月22日から8月30日まで開催4日間JRAでの騎乗停止処分を受けた。騎乗停止 フレッシュアイペディアより)

103件中 71 - 80件表示

「内田博幸」のニューストピックワード