100件中 71 - 80件表示
  • NHKマイルカップ

    NHKマイルカップから見た内田博幸内田博幸

    当時大井所属の内田博幸が地方競馬出身の騎手としては3人目の中央JpnI(GI)制覇。NHKマイルカップ フレッシュアイペディアより)

  • 的場文男

    的場文男から見た内田博幸内田博幸

    その後、中央・地方の交流が盛んになり、石崎隆之(船橋)、内田博幸(当時:大井)、戸崎圭太(大井)のように南関東から中央競馬へ積極的に参戦する騎手も出現したが、的場が中央へ参戦する機会は滅多にない。これは、的場が「大井競馬こそが一番の競馬場」と自負しているためと言われている。的場文男 フレッシュアイペディアより)

  • 池江泰寿

    池江泰寿から見た内田博幸内田博幸

    内田博幸 - トーセンジョーダンなど池江泰寿 フレッシュアイペディアより)

  • ボンネビルレコード

    ボンネビルレコードから見た内田博幸内田博幸

    古馬となった2006年は5戦目のサンタアニタトロフィーを勝利し、JBCクラシックは3着と好走した。2007年は2戦目の金盃(大井。内田博幸騎乗)を勝利すると中央競馬・美浦トレーニングセンターの堀井雅広厩舎に移籍した。ボンネビルレコード フレッシュアイペディアより)

  • トランセンド (競走馬)

    トランセンド (競走馬)から見た内田博幸内田博幸

    2009年から新設された重賞競走の(格付けなし)のレパードステークスでは、内田博幸がイギリスで騎乗停止となっていたため、松岡正海に乗り替わりとなった。スーニ、シルクメビウスなどダートで実績のある馬が出走していたが、1番人気に支持された。レースでは2番手追走から直線で抜け出しスーニに3馬身差をつけて勝利した。早い時計が出にくい良馬場だったが、勝ち時計は前走と同じタイム(レコードタイ)だった。同じ舞台で行われるエルムステークスでも1番人気に推されたが、伸びきれず4着に敗れた。続く武蔵野ステークスでは初めて後方に控え、直線でじりじりと伸びてきたが6着に敗れた。安田師は「芝とダートの切れ目を気にした」とコメント。レース後はジャパンカップダートには進まず、休養に入った。トランセンド (競走馬) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤 浩輝

    後藤浩輝から見た内田博幸内田博幸

    2009年の参加者は池添謙一、武豊、内田博幸、三浦皇成、鈴木淑子、井崎脩五郎であり、特に三浦は約1週間前の12月19日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、公の場で初めての飲酒となった。後藤浩輝 フレッシュアイペディアより)

  • ピンクカメオ

    ピンクカメオから見た内田博幸内田博幸

    桜花賞の次走にはNHKマイルカップが選ばれた。のちに調教師の国枝が明らかにしたところでは、これは「金子オーナーが『NHKマイルカップはゲンのいいレースだから』とのことで出走を頼んできた」とのことで、国枝も金子の強い運に乗る目的でこれを承諾したという。桜花賞での大敗に加えて牡馬相手ということから18頭中17番人気と大きく人気を落とし、鞍上も当時地方競馬の大井競馬場所属だった内田博幸に乗り替わりとなった。レースは好スタートから道中折り合い直線で一度最後方まで下がるものの、その後外に持ち出してからは鋭い追い込みで全馬を抜き去りJpnI競走を制覇。内田と生産牧場であるパカパカファームに初めてのJRAJpnI (GI) 勝利をもたらした(パカパカファームは重賞初制覇・内田は地方競馬では統一GIに勝利している)。なお、このレースでは3着に最下位人気のムラマサノヨートーが入り、三連単は973万円を超える当時の重賞史上最高額となる高配当となった。ピンクカメオ フレッシュアイペディアより)

  • 騎乗停止

    騎乗停止から見た内田博幸内田博幸

    イギリスでは動物愛護の観念からレース中に馬に対して鞭を叩くのは7回までという決まりがある。それ以上叩いた場合には4日程度の騎乗停止が課される。。日本人騎手では、武豊騎手がゼンノロブロイで出走したインターナショナルステークスで、上記の処分を受けている。この時、武は引き続き海外遠征を行っており、騎乗停止処分を消化したためJRAでの処分は行われなかった。2009年シャーガーカップに出場した内田博幸騎手も同様の処分を受け、こちらは8月22日から8月30日まで開催4日間JRAでの騎乗停止処分を受けた。騎乗停止 フレッシュアイペディアより)

  • カネヒキリ

    カネヒキリから見た内田博幸内田博幸

    2月22日、GI (JpnI) 4連勝を目指しフェブラリーステークスに出走。全出走馬中最速の上がりで詰め寄るも、サクセスブロッケン、カジノドライヴと同タイムの3着に敗れた。5月5日にはかしわ記念に出走し、エスポワールシチーの2着に敗れた。この競走後鞍上の内田博幸が脚元に違和感を覚えたために下馬。翌日に行われた精密検査で左第3指骨々折が判明、1年間の休養に入る。カネヒキリ フレッシュアイペディアより)

  • サイレントディール

    サイレントディールから見た内田博幸内田博幸

    2006年は平安ステークスから始動したが、いずれも掲示板を確保することができず、最初の勝ち星は5走目となった6月のブリリアントステークス。鞍上内田博幸に追われひさびさの勝利を飾った。さらに帝王賞では2強のアジュディミツオー、カネヒキリには離されてしまうものの3着と復調の兆しを見せた。しかし芝に戻った小倉記念で10着に敗れると、その後は阿蘇Sで3着、トパーズSで4着など、オープン特別でも勝ちきれなかった。サイレントディール フレッシュアイペディアより)

100件中 71 - 80件表示

「内田博幸」のニューストピックワード