142件中 91 - 100件表示
  • 内田博幸

    内田博幸から見た三潴郡

    福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子。兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、横浜FCの内田智也は従弟にあたる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た栗駒賞

    栗駒賞(水沢):ハタノアドニス(2003年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た東京湾カップ

    4月27日、レッドアゲートで第43回フローラステークスを制覇し、JRA所属騎手として初の重賞勝ちを収めた。つづく5月7日船橋競馬・東京湾カップでギャンブルオンミーに騎乗して勝利し、移籍後初の南関東公営の重賞制覇も達成した。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た東京2歳優駿牝馬

    東京2歳優駿牝馬:ダガーズアラベスク(2005年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たかしわ記念

    かしわ記念:ストロングブラッド(2005年)、アジュディミツオー(2006年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た三潴町

    福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子。兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、横浜FCの内田智也は従弟にあたる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た東京記念

    東京記念:ドラールオウカン(1992年)、イナリコンコルド(2000年)、ルースリンド(2008年、2009年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たピンクカメオ

    2007年、2月18日のフェブラリーステークスで、船橋競馬所属のアジュディミツオーに騎乗し14着に敗れるが、同年5月6日のNHKマイルカップ (JpnI) ではピンクカメオに騎乗し、初めての中央競馬GI級競走を制覇した。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たドリームパスポート

    2006年、3月4日の中山競馬第11競走で同年より重賞となったオーシャンステークスを船橋競馬所属のネイティヴハートで16頭立ての14番人気という低評価を覆して勝利。さらには同年4月2日の中山競馬で、地方競馬所属騎手として初の12競走中6勝するという快挙を成し遂げ、8月20日の新潟競馬第7競走でアナナスに騎乗しJRA通算100勝を挙げた。9月30日にはJRA年間56勝を達成し、それまで安藤勝己が有していたJRA所属外騎手最多勝記録である55勝を更新した。この年はそれから5勝を追加してJRA年間勝利数を61まで伸ばし、中央競馬リーディング16位の成績を残した。年末には有馬記念にドリームパスポートで初参戦している(4着)。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たアジュディミツオー

    2005年には465勝(ほかに中央競馬で31勝)をあげ、2年連続の南関東リーディングジョッキーとなった。そのうえ、南関東地区の4競馬場(大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)ごとのリーディングをもすべて獲得している。同年には通算2000勝を達成し、名実ともに地方競馬を代表する現役騎手のひとりとなった。また、同年3月26日に開催されたドバイワールドカップにはアジュディミツオーとともに地方競馬からの初参戦を果たすが6着に終わった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示

「内田博幸」のニューストピックワード