129件中 21 - 30件表示
  • 内田博幸

    内田博幸から見た騎手

    内田 博幸(うちだ ひろゆき、1970年7月26日 - )は日本中央競馬会 (JRA) の騎手内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た小学校

    父が体操選手だった影響もあり小学校低学年から体操教室に通う。一緒に通っていた兄が中学卒業時に教室を辞めたため一人で通うのは無理と判断し、同時に体操教室を辞める。進路を決める中学3年生になるも体操への道が諦めきれず逡巡するが、再開しても周囲とのレベル差があり過ぎることを理由に諦める。自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり、手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た園田競馬場

    兵庫ジュニアグランプリ(園田):スーニ(2008年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たドバイワールドカップ

    2005年には465勝(ほかに中央競馬で31勝)をあげ、2年連続の南関東リーディングジョッキーとなった。そのうえ、南関東地区の4競馬場(大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)ごとのリーディングをもすべて獲得している。同年には通算2000勝を達成し、名実ともに地方競馬を代表する現役騎手のひとりとなった。また、同年3月26日に開催されたドバイワールドカップにはアジュディミツオーとともに地方競馬からの初参戦を果たすが6着に終わった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た川崎競馬場

    福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子。兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、横浜FCの内田智也は従弟にあたる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たオールカマー

    中央競馬の初騎乗は1993年7月25日の新潟競馬4歳未勝利戦で、同日施行のBSNオープンでドラールオウカンへの騎乗に伴うもの、同じくドラールオウカンのオールカマーで中央競馬の重賞競走も初騎乗となる。また1995年には当時施行されていたヤングジョッキーズワールドチャンピオンシップにも参戦。以降も騎乗機会を確保できれば中央へ積極的に参戦する姿勢を見せており、重賞は2003年の共同通信杯をラントゥザフリーズで、2005年のニュージーランドトロフィーをマイネルハーティーで制している。2005年の朝日杯フューチュリティステークスではスーパーホーネットに騎乗して2着となった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た競走馬

    父が体操選手だった影響もあり小学校低学年から体操教室に通う。一緒に通っていた兄が中学卒業時に教室を辞めたため一人で通うのは無理と判断し、同時に体操教室を辞める。進路を決める中学3年生になるも体操への道が諦めきれず逡巡するが、再開しても周囲とのレベル差があり過ぎることを理由に諦める。自宅の近所に2歳馬の馴致をする施設があり、手伝いを通じて競走馬に親しむ機会があった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たラジオNIKKEI賞

    ラジオNIKKEI賞:レオマイスター(2008年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た地方競馬全国協会

    2008年、すでに中央競馬で2年連続20勝を達成していたため1次試験を免除され、2月上旬に行われた2次試験を受験して合格。3月1日付で日本中央競馬会所属騎手となった。地方競馬全国協会の騎手として最後の大井競馬場での騎乗となった2月22日には壮行会が行われ、地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗地となった川崎競馬場では2月27日に「内田博幸騎手を送る会」が行われた。地方競馬全国協会の騎手として最後の騎乗レースは同日のエンプレス杯となり(ラピッドオレンジに騎乗して6着)、中央移籍までに地方競馬通算17680戦3153勝の成績を残した。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た水沢競馬場

    栗駒賞(水沢):ハタノアドニス(2003年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

129件中 21 - 30件表示

「内田博幸」のニューストピックワード