142件中 71 - 80件表示
  • 内田博幸

    内田博幸から見たリーディングジョッキー

    2005年には465勝(ほかに中央競馬で31勝)をあげ、2年連続の南関東リーディングジョッキーとなった。そのうえ、南関東地区の4競馬場(大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、浦和競馬場)ごとのリーディングをもすべて獲得している。同年には通算2000勝を達成し、名実ともに地方競馬を代表する現役騎手のひとりとなった。また、同年3月26日に開催されたドバイワールドカップにはアジュディミツオーとともに地方競馬からの初参戦を果たすが6着に終わった。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た地方競馬

    地方競馬時代には大井競馬場の荒井隆厩舎に所属。2008年にJRAに移籍。移籍時から美浦トレーニングセンターの嶋田潤厩舎に所属し、2011年5月1日付けでフリーとなる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た埼玉新聞栄冠賞

    埼玉新聞杯:ナイキアディライト(2006年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た中央競馬クラシック三冠

    6月29日にエイシンデピュティで第49回宝塚記念を制覇し、JRA所属騎手として初の中央GI勝ちを収め、10月26日には第69回菊花賞をオウケンブルースリに騎乗して優勝しJRAのクラシック競走初制覇を達成、12月17日の第59回全日本2歳優駿に勝利。11月9日には自身初の中央競馬年間100勝を達成し、最終的には123勝を挙げ、関東騎手リーディング1位(全国リーディングは2位)となる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たネイティヴハート

    2006年、3月4日の中山競馬第11競走で同年より重賞となったオーシャンステークスを船橋競馬所属のネイティヴハートで16頭立ての14番人気という低評価を覆して勝利。さらには同年4月2日の中山競馬で、地方競馬所属騎手として初の12競走中6勝するという快挙を成し遂げ、8月20日の新潟競馬第7競走でアナナスに騎乗しJRA通算100勝を挙げた。9月30日にはJRA年間56勝を達成し、それまで安藤勝己が有していたJRA所属外騎手最多勝記録である55勝を更新した。この年はそれから5勝を追加してJRA年間勝利数を61まで伸ばし、中央競馬リーディング16位の成績を残した。年末には有馬記念にドリームパスポートで初参戦している(4着)。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たローズステークス

    ローズステークス:デニムアンドルビー(2013年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た9頭落馬事故

    2010年も年明けの開催4日で8勝を挙げるなど好調をキープしていたが、1月11日の中山第4競走で9頭が巻き込まれる大規模な落馬事故(9頭落馬事故)に遭い、後続の馬に蹴られた際に左前腕部を骨折、治療のため休養に入る。2月21日に復帰。復帰初日はフェブラリーステークスのみに騎乗し、サクセスブロッケンで3着となっている。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た久留米市

    福岡県三潴郡三潴町(現・久留米市)出身。妻は元フリーアナウンサーの鈴木文子。兄の内田秀一も佐賀、川崎に所属し通算527勝を挙げた元騎手で、横浜FCの内田智也は従弟にあたる。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見たカペラステークス

    カペラステークス:キクノストーム(2015年)、ノボバカラ(2016年)内田博幸 フレッシュアイペディアより)

  • 内田博幸

    内田博幸から見た地方競馬教養センター

    その後、当時佐賀競馬の騎手となっていた兄の秀一の縁で当時の佐賀のトップジョッキーであった的場信弘から大井競馬の調教師の松浦備を紹介されて上京、松浦の厩舎にて1年の修業のあと、地方競馬教養センター騎手課程で2年を過ごす。内田博幸 フレッシュアイペディアより)

142件中 71 - 80件表示

「内田博幸」のニューストピックワード