前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 秋山道男

    秋山道男から見た内田春菊内田春菊

    さかのぼって1982年ごろに、デビュー前で喫茶店のウェイトレスをやっていた内田春菊に声をかけられ、「面白い子だ」と認めて彼女のペンネーム「春菊」を命名した。秋山道男 フレッシュアイペディアより)

  • 季刊コミックアゲイン

    季刊コミックアゲインから見た内田春菊内田春菊

    労働するパンクス (内田春菊季刊コミックアゲイン フレッシュアイペディアより)

  • お前の母ちゃんBitch!

    お前の母ちゃんBitch!から見た内田春菊内田春菊

    『お前の母ちゃんBitch!』(おまえのかあちゃんビッチ!)は、内田春菊による日本の漫画作品、および漫画を原作とした日本映画。お前の母ちゃんBitch! フレッシュアイペディアより)

  • 最近、蝶々は…

    最近、蝶々は…から見た内田春菊内田春菊

    『最近、蝶々は…』(さいきんちょうちょうは)は、内田春菊による日本の漫画作品。『FEEL YOUNG』(祥伝社)において、2002年から2004年まで連載された。全5巻。後に文庫版が前後編合わせて発行されている。最近、蝶々は… フレッシュアイペディアより)

  • FEEL YOUNG

    FEEL YOUNGから見た内田春菊内田春菊

    先だって発行されていた『FEEL』(現在休刊)の姉妹誌として1989年に創刊。読者は20代独身女性が中心。レディコミバブルとも呼ばれたブーム終焉後、大手出版社以外の競合誌が休廃刊する中で、それまで青年誌を中心に活躍していた岡崎京子、内田春菊、やまだないと、南Q太らを迎える。少女漫画界で伸び悩んでいた安野モヨコをブレイクさせるなど、質の高い誌面を維持し生き残った。現在では誌名に「ヤング」が含まれる唯一のヤングレディース誌である。FEEL YOUNG フレッシュアイペディアより)

  • いしかわじゅん

    いしかわじゅんから見た内田春菊内田春菊

    アシスタント出身の漫画家に原律子、片山まさゆき、はだみちとし、若林健次、中村光信などがいる。またアシスタントではないものの内田春菊の漫画家デビューを助けており、その経緯は実録漫画「フロムK」に詳しい。いしかわじゅん フレッシュアイペディアより)

  • 恋の門

    恋の門から見た内田春菊内田春菊

    漫画が主題の作品だけにコミックマーケットの場面では河井克夫や安野モヨコ・庵野秀明夫妻、しりあがり寿、内田春菊、ジョージ朝倉、羽生生本人など多くの漫画家やクリエイターが出演している。恋の門 フレッシュアイペディアより)

  • よしもとばなな

    よしもとばななから見た内田春菊内田春菊

    内田春菊、さくらももこなどとは友人関係にある。よしもとばなな フレッシュアイペディアより)

  • 貴山侑哉

    貴山侑哉から見た内田春菊内田春菊

    内田春菊と戸籍上は離婚しているが、事実婚の形で同居している。妻の代表作『私たちは繁殖している』では「ユーヤ」と呼ばれている。貴山侑哉 フレッシュアイペディアより)

  • 身体サイズ変更フェティシズム

    身体サイズ変更フェティシズムから見た内田春菊内田春菊

    Shrinking Women(SW)、或いは「こおなご」(小女子、Koonago)とも。映画「モスラ」の小美人や内田春菊「南くんの恋人」のヒロイン・堀切ちよみが代表的な存在だが、少女漫画(特に魔法少女系の作品)ではたびたび描かれるシチュエーションである。身体サイズ変更フェティシズム フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「内田春菊」のニューストピックワード

  • VOCALOID4 Library CYBER SONGMAN(サイバー ソングマン)

  • 2016 Mnet Asian Music Awards (以下、2016 MAMA)

  • 4000人超集めるのはすごい