前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • 季刊コミックアゲイン

    季刊コミックアゲインから見た内田春菊内田春菊

    労働するパンクス (内田春菊季刊コミックアゲイン フレッシュアイペディアより)

  • 恋の門

    恋の門から見た内田春菊内田春菊

    漫画が主題の作品だけにコミックマーケットの場面では河井克夫や安野モヨコ・庵野秀明夫妻、しりあがり寿、内田春菊、ジョージ朝倉、羽生生本人など多くの漫画家やクリエイターが出演している。恋の門 フレッシュアイペディアより)

  • 最近、蝶々は…

    最近、蝶々は…から見た内田春菊内田春菊

    『最近、蝶々は…』(さいきんちょうちょうは)は、内田春菊による日本の漫画。『FEEL YOUNG』(祥伝社)において、2002年から2004年まで連載された。単行本は全5巻。後に文庫版が前後編で発行されている。最近、蝶々は… フレッシュアイペディアより)

  • お前の母ちゃんBitch!

    お前の母ちゃんBitch!から見た内田春菊内田春菊

    『お前の母ちゃんBitch!』(おまえのかあちゃんビッチ!)は、内田春菊による日本の漫画作品、および漫画を原作とした日本映画。お前の母ちゃんBitch! フレッシュアイペディアより)

  • 秋山道男

    秋山道男から見た内田春菊内田春菊

    さかのぼって1982年ごろに、デビュー前で喫茶店のウェイトレスをやっていた内田春菊に声をかけられ、「面白い子だ」と認めて彼女のペンネーム「春菊」を命名した。秋山道男 フレッシュアイペディアより)

  • まんがで読む古典

    まんがで読む古典から見た内田春菊内田春菊

    番組内では「兼好(けんこう)さん」と呼ばれる。なお、兼好は内田春菊デザインの水色地にピンクのシーラカンスがプリントされた甚平姿で、歴代出演者の中でも派手である。まんがで読む古典 フレッシュアイペディアより)

  • ラブ&エロス

    ラブ&エロスから見た内田春菊内田春菊

    お前の母ちゃんBitch!(脚本・監督:内田春菊/主演:鈴木砂羽、小林優斗) - シスレー賞受賞。ラブ&エロス フレッシュアイペディアより)

  • 亜紗美

    亜紗美から見た内田春菊内田春菊

    お前の母ちゃんBitch!(2010年9月25日、監督:内田春菊、アルゴ・ピクチャーズ)亜紗美 フレッシュアイペディアより)

  • ガロ系

    ガロ系から見た内田春菊内田春菊

    これは作家側にすれば編集者の干渉が比較的少なく、自由に作品を発表出来たため、その結果、他誌では到底受け入れられないアウトサイダーな作風を持つ漫画家が集まった。この1971年以降の『ガロ』は第二期と呼ばれ、安部慎一・鈴木翁二・古川益三・川崎ゆきお・蛭子能収・根本敬・山野一・平口広美・花輪和一・丸尾末広・杉浦日向子・近藤ようこ・やまだ紫・渡辺和博・ますむらひろし・ひさうちみちお・泉昌之・みうらじゅん・内田春菊・松本充代・ねこぢる・友沢ミミヨ・山田花子・逆柱いみり・魚喃キリコ・大越孝太郎・古屋兎丸・西岡兄妹・花くまゆうさく・本秀康・福満しげゆきなど、部数低迷期にありながら漫画界の異才・鬼才をあまた輩出、日本の漫画文化史上に一時代を築いた。それら商業性の乏しいアンダーグラウンドな作風を総括して「ガロ系」というジャンルが確立した。ガロ系 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井 康隆

    筒井康隆から見た内田春菊内田春菊

    1993年(平成5年)、角川書店発行の高校国語の教科書に収録されることになった『無人警察』内のてんかんの記述が差別的であるとして、日本てんかん協会から抗議を受け、数度交渉を行ったのちに決裂(後、筒井個人と団体間で解決)。『無人警察』では近未来の管理社会を皮肉る舞台になっており、速度検査機・アルコール摂取量探知機・てんかんなどを検知する脳波測定器が付いている巡査ロボットが運転手を取り締まっているとして登場したために、てんかんをもつ人々への差別的な表現があるとして日本てんかん協会に抗議された。このとき、筒井の自宅には嫌がらせの電話や手紙が殺到したという。さらに角川書店が無断で『無人警察』を削除したことに怒り、月刊誌『噂の眞相』に連載していたマスコミ日記「笑犬樓よりの眺望」上で断筆を宣言。その動機について、内田春菊との対談で「いままで、いろんないやなことがあって、自主規制の問題なんかでも担当者にいやな思いをさせたけど、いちばんいやだったのは僕だったし、家族にまではそれは及ばなかった。でも、今度の場合は、家族や親戚にまで波及した」「今回は家族や親戚を守るためなんです」と語っている。また、瀬戸内寂聴との対談では「断筆宣言以前から、一方的に新聞にてんかん協会の抗議文が載りましたんで、文芸誌とかミニコミ誌とか読まない近所の人たちの中には、私の家族を犯罪者の家族を見るような目で見る人もいた」と語っている。同じ時期に筒井の母が急性心筋梗塞で死去したため、「(てんかん協会の抗議に関わる心労が)亡くなったのにもいささか関係があったんじゃないかと思いますけれども」とも述べている。筒井康隆 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「内田春菊」のニューストピックワード