130件中 11 - 20件表示
  • いしかわじゅん

    いしかわじゅんから見た内田春菊内田春菊

    アシスタント出身の漫画家に原律子、はだみちとし、若林健次、中村光信などがいる。またアシスタントではないものの内田春菊の漫画家デビューを助けており、その経緯は実録漫画「フロムK」に詳しい。いしかわじゅん フレッシュアイペディアより)

  • 近親相姦

    近親相姦から見た内田春菊内田春菊

    近親者間の性愛を書いた作品を描くことが複数あった野坂昭如は、ただ単に欲望を持つというだけならばともかく、父親が幼い娘に、あるいは母親が年少の息子に性行為をするのは、みっともない行為であると主張する。野坂昭如の『エロ事師たち』には義母に性行為を強要されそうになった男が義母について蛍を潰したような臭いがしたという話があるが、同じく蛍が登場する野坂昭如の『火垂るの墓』にもよく見ると兄が妹に欲情する描写があり、これらの作品では蛍は性的な存在としての女の喩えとなっていると樋口ヒロユキは論じている。筒井康隆の『エディプスの恋人』には主人公の女性が恋人の母親に憑依され宇宙に偏在する精神体となり、恋人はその母親に憑依された自分と性行為をして童貞を喪失するという描写があるのだが、青木はるみはこの表現について別に息子の主観としては母親ではないのだから気色悪い表現ではないと述べる。内田春菊の『ファザーファッカー』は養父に性的虐待を受けた自身の経験を基にした自伝風小説ということで売り出したが、本人はこれは商業上致し方なくやった部分があって、本当はただのお話として読んでほしかった旨を語っている。佐野眞一は、天童荒太の『永遠の仔』で父親に近親姦をされた女性が扱われていることについて触れた上で、近親姦があったかどうかは判断を留保しつつもこの小説の家族の構造は東電OL殺人事件の被害者の家族の構造と似ている気がすると指摘している。近親相姦 フレッシュアイペディアより)

  • 身体サイズ変更フェティシズム

    身体サイズ変更フェティシズムから見た内田春菊内田春菊

    Shrinking Women(SW)、或いは「こおなご」(小女子、Koonago)とも。映画「モスラ」の小美人や内田春菊「南くんの恋人」のヒロイン・堀切ちよみが代表的な存在だが、少女漫画(特に魔法少女系の作品)ではたびたび描かれるシチュエーションである。身体サイズ変更フェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • たらめぐみ

    たらめぐみから見た内田春菊内田春菊

    内田春菊が講師を務める講座で漫画を学んでいた。たらめぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙の法則

    宇宙の法則から見た内田春菊内田春菊

    カップルの女:内田春菊宇宙の法則 フレッシュアイペディアより)

  • 三陰神

    三陰神から見た内田春菊内田春菊

    2012年4月6日:イベント「内田春菊×三陰神 性のアレコレ談義」開催三陰神 フレッシュアイペディアより)

  • キャッチボール屋

    キャッチボール屋から見た内田春菊内田春菊

    内田春菊(売店のおばさん)キャッチボール屋 フレッシュアイペディアより)

  • お一人様二つまで!

    お一人様二つまで!から見た内田春菊内田春菊

    『お一人様二つまで!』(おひとりさまふたつまで)は、内田春菊による日本の4コマ漫画作品。『月刊まんがくらぶ』(竹書房)2008年4月号から2009年11月号まで連載された。毎号の頁数は8頁。また、2010年6月号にて特別編が掲載された(こちらは4コマ漫画ではない)。お一人様二つまで! フレッシュアイペディアより)

  • 愛のさかあがり

    愛のさかあがりから見た内田春菊内田春菊

    書き下ろしカラー漫画「Another Mix Version」や原田知世のメッセージの他、内田春菊、久住昌之、しりあがり寿の寄稿漫画を収録。愛のさかあがり フレッシュアイペディアより)

  • 異形コレクション

    異形コレクションから見た内田春菊内田春菊

    主婦と性生活(内田春菊異形コレクション フレッシュアイペディアより)

130件中 11 - 20件表示

「内田春菊」のニューストピックワード