130件中 71 - 80件表示
  • 青木光恵

    青木光恵から見た内田春菊内田春菊

    西原理恵子と親しかったことがあり、西原の無頼派エッセイ漫画に登場したことがある。他に内田春菊や寺島令子とも交友があったことが複数の単行本への帯部分へのコメントやゲスト寄稿などがあることから見て取れる。また自身同人活動用ブログでは金澤尚子とも仲が良い旨が公表されている。青木光恵 フレッシュアイペディアより)

  • 双生児 (1999年の映画)

    双生児 (1999年の映画)から見た内田春菊内田春菊

    診療所患者・母親:内田春菊双生児 (1999年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 月島冬二

    月島冬二から見た内田春菊内田春菊

    ぬけぬけと男でいよう【全3巻】(原作:内田春菊 / 双葉社・漫画アクション)月島冬二 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ペンクラブ

    日本ペンクラブから見た内田春菊内田春菊

    ブキミな人びと 内田春菊選 日本ペンクラブ 編 福武書店 1992 (福武文庫)日本ペンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 昭和歌謡大全集 (映画)

    昭和歌謡大全集 (映画)から見た内田春菊内田春菊

    ヤナギモトミドリ:内田春菊昭和歌謡大全集 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • FEEL YOUNG

    FEEL YOUNGから見た内田春菊内田春菊

    先だって発行されていた『FEEL』(現在休刊)の姉妹誌として1989年に創刊。読者は20代独身女性が中心。レディコミバブルとも呼ばれたブーム終焉後、大手出版社以外の競合誌が休廃刊する中で、それまで青年誌を中心に活躍していた岡崎京子、内田春菊、やまだないと、南Q太らを迎える。少女漫画界で伸び悩んでいた安野モヨコをブレイクさせるなど、質の高い誌面を維持し生き残った。現在では誌名に「ヤング」が含まれる唯一のヤングレディース誌である。FEEL YOUNG フレッシュアイペディアより)

  • まんがくらぶ

    まんがくらぶから見た内田春菊内田春菊

    お一人様二つまで!(内田春菊、2008年4月号 - 2009年11月号)まんがくらぶ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァギナ・モノローグス

    ヴァギナ・モノローグスから見た内田春菊内田春菊

    また2006年、宮本亜門演出、内田春菊・東ちづる・野沢直子主演で上演が行われた。原作の「ヴァギナ」に相当する部分は、東京公演では「おまんこ」、大阪公演では「おめこ」とされた。ヴァギナ・モノローグス フレッシュアイペディアより)

  • 漫画サンデー

    漫画サンデーから見た内田春菊内田春菊

    イケガヤ・アフィオセミオン・ルーム(内田春菊漫画サンデー フレッシュアイペディアより)

  • 公野勉

    公野勉から見た内田春菊内田春菊

    1995年、東北新社へ移籍、『目を閉じて抱いて』(内田春菊原作)、『紅色の夢』(花村萬月原作)、『キメイラ』(アニメ)、『イノセントワールド』(竹内結子、安藤政信主演)、『冷たい血』(青山真治監督)、『鮫肌男と桃尻女』(浅野忠信主演)等を製作。公野勉 フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示

「内田春菊」のニューストピックワード