138件中 91 - 100件表示
  • 富樫直美

    富樫直美から見た内藤大助内藤大助

    2008年7月13日、韓国京畿道高陽市でWBC女子世界ライトフライ級王者サムソン・ソー・シリポン(タイ)が負傷のために設けられた暫定王座決定戦に同級世界3位として同級世界6位の金珍(韓国)を3-0(97-94、99-92、96-94)の判定で下し王座獲得。暫定ながらJBC女子公認後、そしてワタナベジムから初の世界王者となった。日本人選手による海外での世界王座奪取は1992年4月10日にメキシコで奪取した平仲明信以来16年ぶり、32歳11ヶ月13日での王座獲得は内藤大助を1ヶ月ほど上回り、当時としては越本隆志に次いで第2位の年長記録であった(2012年7月現在は第5位)。このタイトルマッチは当初アンリが出場する予定だったが、アンリを破った富樫が代わりに挑戦することになった。富樫直美 フレッシュアイペディアより)

  • 女子ボクシング

    女子ボクシングから見た内藤大助内藤大助

    7月13日、韓国で富樫直美がWBC女子世界ライトフライ級暫定王座を獲得し、JBC公認下で初の女子世界王者となった。7月30日に行われた内藤大助・坂田健史ダブルタイトルマッチではアンダーカードとして女子の2試合が組まれる。8月11日、風神ライカ・小関桃ダブルタイトルマッチとして公認後初の国内での世界タイトルマッチが組まれ、小関がWBC女子世界アトム級王座を奪取した。女子ボクシング フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のテレビ (日本)

    2008年のテレビ (日本)から見た内藤大助内藤大助

    WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム」(3月8日、TBS系)2008年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 小田美佳

    小田美佳から見た内藤大助内藤大助

    その後JBCライセンスを取得し、2008年7月30日に代々木第一体育館で行われた坂田健史・内藤大助ダブルタイトルマッチのアンダーカードで水谷智佳とともにJBCデビュー。ペットサイルン・ジェーバックジムに1回KO勝利。小田美佳 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアップボクシング

    ヒートアップボクシングから見た内藤大助内藤大助

    内藤大助(元WBC世界フライ級王者)ヒートアップボクシング フレッシュアイペディアより)

  • 長谷工コーポレーション

    長谷工コーポレーションから見た内藤大助内藤大助

    内藤大助 - 契約社員として勤務していた長谷工コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • U型テレビ

    U型テレビから見た内藤大助内藤大助

    内藤大助(プロボクサー)U型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た内藤大助内藤大助

    白鵬翔・内藤大助(2008年6月2日・第638回)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 石黒英雄

    石黒英雄から見た内藤大助内藤大助

    ボールド(P&G)(2008年) ※内藤大助と共演石黒英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た内藤大助内藤大助

    10月15日 - プロボクシングの世界フライ級王座戦で挑戦者亀田大毅が王者の内藤大助に対し反則行為をしたきっかけで1年間謹慎処分が下される。2000年代 フレッシュアイペディアより)

138件中 91 - 100件表示

「内藤大助」のニューストピックワード