146件中 21 - 30件表示
  • 嘉陽宗嗣

    嘉陽宗嗣から見た内藤大助内藤大助

    内藤大助と地元沖縄・今帰仁村にて共にキャンプを行ったこともある。嘉陽宗嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 升田貴久

    升田貴久から見た内藤大助内藤大助

    2008年8月10日、1戦1勝後世界前哨戦と銘打ちABCOフライ級王者にして、WBAフライ級5位、元WBC世界ストロー級王者・元WBC世界ライトフライ級暫定王者ワンディー・シンワンチャーとのノンタイトル戦に10R判定で勝利。これによりWBAフライ級9位・WBC同級10位にランク入りした。WBC世界フライ級王者内藤大助に試合を申し込むも断られた。升田貴久 フレッシュアイペディアより)

  • 菊井徹平

    菊井徹平から見た内藤大助内藤大助

    2002年12月10日、後のWBCフライ級王者内藤大助と戦い10R判定負けで連敗。菊井徹平 フレッシュアイペディアより)

  • 野木丈司

    野木丈司から見た内藤大助内藤大助

    その後内藤大助のトレーニングパートナーを務め、彼の世界王座獲得をサポートし現在に至る。2008年からは風神ライカの指導にも当たる。また、菊地奈々子(引退)、現OPBFスーパーフライ級チャンピオン山口直子のトレーナーでもある。野木丈司 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大介

    内藤大介から見た内藤大助内藤大助

    内藤大介 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拳畤

    吉田拳畤から見た内藤大助内藤大助

    2007年4月1日、日本フライ級王者内藤大助が負傷したため、急遽設置された日本同級暫定王座決定戦に出場。久高寛之に10R判定勝ちを収め、笹崎ジムへ14年ぶりのベルトをもたらした。4月27日、内藤の王座返上により、正規王者へと昇格。吉田拳畤 フレッシュアイペディアより)

  • 山口真吾

    山口真吾から見た内藤大助内藤大助

    2008年12月23日、内藤大助の持つWBC世界フライ級王座に挑んだが、11RレフェリーストップによるTKO負け。この試合は人気絶頂であった内藤との対戦であり、地上波でテレビ中継されたこともあって大いに注目された。誰しも内藤の圧勝を信じて疑わなかったが、序盤から捨て身とも思える果敢な攻めにより王者は内容では圧倒するものの決定打を欠き、11Rまで試合は続いた。11Rでダウンを奪われてもなお立ち上がり、内藤との捨て身の打ち合いの末ついにレフェリーストップとなった。試合には負けたが、最後まで諦めることなく戦い続けた山口の姿勢には賞賛の嵐が贈られた。山口真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 田中栄民

    田中栄民から見た内藤大助内藤大助

    その後、角海老ジムを離れ、都内のジムを転々とする。宮田ジム在籍中の1997年、エディ・タウンゼント賞を受賞。同ジムに入門したばかりの内藤大助も田中の指導を受け、新人王を獲得した。田中栄民 フレッシュアイペディアより)

  • 指名試合

    指名試合から見た内藤大助内藤大助

    2008年のWBA世界フライ級王者は坂田健史で、ランク1位は亀田興毅であった。それまで協栄ボクシングジムの同門であったこともあり対戦は実現しなかったが、亀田が独立して同門でなくなったため障害が取り払われた。しかし、亀田がWBC同級王者内藤大助との対戦を熱望するなどして実現に至らず、WBAは指名挑戦者を2位(後に1位)のデンカオセーン・シンワンチャーとして12月31日に対戦することとなった。指名試合 フレッシュアイペディアより)

  • 小松則幸

    小松則幸から見た内藤大助内藤大助

    2005年11月22日、トリプルタイトル戦(大阪府立体育会館)でフェデリコ・カツバイ(フィリピン)とOPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦を行った。相手の減点もあり、12回2-1の判定勝ちで王座返り咲きに成功した。3Rには小松がサウスポーとの対戦時に得意とする左フックのカウンターを決め、タフなカツバイをダウン寸前に追い込むなど好調だったが、中盤以降急激に失速。かろうじて逃げ切ったものの、以後に不安を抱かせる試合内容だった。試合後のインタビューで当時の日本王者内藤大助(宮田)に王座統一戦を要求した。小松則幸 フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「内藤大助」のニューストピックワード