138件中 61 - 70件表示
  • TBS平日ワイド大改編

    TBS平日ワイド大改編から見た内藤大助内藤大助

    一方、2009年の民放の連続ドラマでは『MR.BRAIN』が平均視聴率では唯一の20%超え、『JIN-仁-』が最終回で25%超えで最高の視聴率を記録し、ボクシングの内藤大助VS亀田興毅戦が40%を超えるなど、その年のスポーツ中継の最高記録となっている。TBS平日ワイド大改編 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野和男

    宇野和男から見た内藤大助内藤大助

    WBC世界フライ級タイトルマッチ ポンサクレック・ウォンジョンカム対内藤大助(TOKYOMX)宇野和男 フレッシュアイペディアより)

  • 白井・具志堅スポーツジム

    白井・具志堅スポーツジムから見た内藤大助内藤大助

    宮田ジム所属内藤大助のパートナーである野木丈司はトレーナーとしてこのジムに所属している。白井・具志堅スポーツジム フレッシュアイペディアより)

  • 加藤 夏希

    加藤夏希から見た内藤大助内藤大助

    ケロロ・ジャポ〜ン!(2009年3月4日、flying DOG、内藤大助とのデュエット)- 劇場版アニメ『超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!』オープニングテーマ。加藤夏希 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た内藤大助内藤大助

    1980年代に規定された。原則的に37歳の誕生日で自動的にライセンスが失効される。世界王座経験者では辰吉丈一郎(国内引退)、内藤大助、富樫直美がこれを適用した。引退 フレッシュアイペディアより)

  • 小松則幸

    小松則幸から見た内藤大助内藤大助

    11月22日、トリプルタイトル戦(大阪府立体育会館)でフェデリコ・カツバイ(フィリピン)と東洋太平洋フライ級王座決定戦を争う。相手の減点もあり、スプリットデシジョンでの判定勝ち、タイトル獲得。3Rには小松がサウスポーとの対戦時に得意とする左フックのカウンターを決め、タフなカツバイをダウン寸前に追い込むなど好調だったが、中盤以降急激に失速。かろうじて逃げ切ったものの、以後に不安を抱かせる試合内容だった。試合後のリングインタビューで当時の日本王者内藤大助(宮田)に王座統一戦を要求した。小松則幸 フレッシュアイペディアより)

  • 山口真吾

    山口真吾から見た内藤大助内藤大助

    2008年12月23日、内藤大助の持つWBC世界フライ級王座に挑んだが、11RレフェリーストップによるTKO負け。この試合は人気絶頂であった内藤との対戦であり、地上波でテレビ中継されたこともあって大いに注目された。誰しも内藤の圧勝を信じて疑わなかったが、序盤から捨て身とも思える果敢な攻めにより王者は内容では圧倒するものの決定打を欠き、11Rまで試合は続いた。11Rでダウンを奪われてもなお立ち上がり、内藤との捨て身の打ち合いの末ついにレフェリーストップとなった。試合には負けたが、最後まで諦めることなく戦い続けた山口の姿勢には賞賛の嵐が贈られた。山口真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 長縄正春

    長縄正春から見た内藤大助内藤大助

    2007年3月18日、13戦11勝2引分の無敗記録を引き下げ内藤大助が返上し空位の東洋太平洋フライ級王者決定戦をジョジョ・バルドンと争い、1-2の12R判定で敗れ、無敗記録が絶たれた。この日の名古屋国際会議場は和賀寿和の東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチと併せダブルタイトルマッチとなった。長縄正春 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保雅史

    大久保雅史から見た内藤大助内藤大助

    2008年12月23日、両国国技館でジョジョ・バルドン(同級1位/フィリピン)と対戦。この試合に向けてはスタミナを重点的に強化、徹底したボディ攻撃で3-0の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。この試合は内藤大助・清水智信と同時にフライ級トリプルタイトルマッチとして行われた。大久保雅史 フレッシュアイペディアより)

  • 金時山

    金時山から見た内藤大助内藤大助

    『一度は登りたい!にっぽん名山紀行』 土曜スペシャルで内藤大助親子が登山 テレビ東京、 2011年5月28日放送。金時山 フレッシュアイペディアより)

138件中 61 - 70件表示

「内藤大助」のニューストピックワード