146件中 21 - 30件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見た小松則幸

    2006年6月27日、OPBF東洋太平洋フライ級王者小松則幸(エディタウンゼント)と、史上初の日本・東洋太平洋統一タイトルマッチを行い、小松を6RTKOで破り、日本・東洋太平洋王座の2冠を達成する。同年12月10日には東洋太平洋王座単独の防衛戦を行い、判定で初防衛。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たゴキブリ

    両者は舌戦を繰り広げ、亀田陣営が内藤をゴキブリ呼ばわりして挑発。対して内藤は「前に自分をゴキブリ呼ばわりしたけど、ゴキブリはしぶといよ。地球が滅亡しても生き残るんだからね。ゴキブリが1番強いことを証明しますよ」「亀田兄弟は何で日本人と戦わないのかと、みんなが思っている。ここで僕と戦わないと亀田の人気は下がるんじゃないの?」などと反撃。すると大毅も「(取材記者から対策を聞かれ)ゴキブリに分析もクソもあるか。ゴキブリホイホイや」「あいつ昔いじめられとったんやろ? 俺がリングでいじめたるよ。俺はいじめっ子や!」などと舌戦を繰り広げた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たTBSテレビ

    2007年10月11日、初防衛戦を行い、亀田三兄弟の次男・亀田大毅(当時:協栄)を相手に試合内容で圧倒、ほぼフルマークの3-0の判定で勝利した(参照)。内藤はこの勝利をきっかけに国民的な人気者となり、以降の試合は全てTBSテレビが中継することとなる。また、テレビタレントとしての活動も開始した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たミゲル・カント

    2007年7月18日、三たびポンサクレックに挑戦。ポンサクレックの王座防衛回数はミゲル・カント(メキシコ)の「14」を上回るフライ級史上最多の「17」にまで伸びていた。一方の内藤は、前年6月27日に小松則幸との日本・東洋太平洋フライ級ダブルタイトル戦に勝利。日本王座4度目の防衛を果たすと同時に東洋太平洋王座獲得を果たし、12月には東洋太平洋王座初防衛に成功していたが、内藤は引退を懸けてこの試合に臨んだという。第1戦・第2戦の反省を踏まえ、内藤は序盤から距離をとり、長いリーチと変則的なアウトボクシングで右ストレートと左フックで有効打を重ねていった。対して長期政権を築いていたポンサクレックも要所でコンビネーションブローを決め、内藤を追いつめた。内藤は9Rに疲労とダメージによりストップ寸前(防戦一方)に陥ったが、そのラウンド内に逆襲に転じポンサクレックを劣勢に立たせる底力も見せている。試合は判定に縺れ込んだ結果、3・3・2差の3-0判定で内藤の勝利。内藤は32歳10か月にして悲願の世界チャンピオンとなった。判定結果を聞いた内藤は、自分の右の頬をつねったり顔を叩くなどして「夢ではない」ことを確かめる素振りを見せていた。この試合は2007年度の年間最高試合に選出されている。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た八重樫東

    2012年6月よりフジテレビNEXTの『ダイヤモンドグローブ』に解説者として加わることが発表された。また、同月20日に行われ、TBSが中継した井岡一翔VS八重樫東のWBC・WBAミニマム級王座統一戦でも解説者として出演し、それ以降も同局で解説を務めている。フジテレビが地上波ゴールデンタイムで放送する『EXCITING TIME』には歴代世界王者のひとりとしてゲスト出演。なお、現役時代にもテレビ東京の中継にゲスト解説として出演したことがある。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た升田貴久

    WBCよりポンサクレックとの王座統一戦を行うことが義務付けられていたが、前述の熊戦の負傷の影響で延期が認められた。それを受け、ポンサクレックは8月28日に母国で升田貴久(三迫)を相手に初防衛戦を行い、6回TKO勝ちで防衛成功。一方の内藤も統一戦の前に防衛戦を1試合行うことを認められ、11月29日、兼ねてより因縁深かった元WBA世界ライトフライ級王者亀田興毅と対戦。試合は2Rに興毅の左ストレートが内藤の鼻を捉え、このパンチ以降鼻からの断続的な出血を強いられることとなる。その後アウトボクシングをする興毅を内藤が追い続ける展開となったが、興毅を捉えきれず0-3の判定で敗れて王座から陥落した(参照)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たポノムランクレック・クラティンデーンジム

    2008年11月に開催されたWBC総会では、1位ポノムランクレック・クラティンデーンジムの他、同年5月に行われた挑戦者決定戦に勝利した2位フリオ・セサール・ミランダにも指名挑戦権を認めるとされていたが、ミランダの指名挑戦権は2009年4月に前王者ポンサクレックと暫定王座決定戦で対戦することが決まった時点で失効。この決定戦ではポンサクレックが暫定王座を獲得した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た森川ジョージ

    異名は、古くから用いられていた「北の剛拳」の他に、自身が持つ世界フライ級タイトル戦の史上最短KO負け、並びに日本タイトル戦の史上最短KO勝ちの記録に由来する「最短男」、2007年10月に対戦が決定していた亀田大毅と試合前から繰り広げていた舌戦の中で発した「国民の期待を背負うつもりで頑張りたい」という言葉に由来する「国民の期待」、元いじめられっ子がボクシングを始め、全日本新人王を経て日本王者になるという経歴が、森川ジョージ作の漫画『はじめの一歩』の主人公・幕之内一歩の設定と共通していることに由来する「リアルはじめの一歩」などがある。中でも「最短男」に関しては、試合時に着用するボクサートランクスにも刺繍されており、内藤自身も代名詞にしていた。「リアルはじめの一歩」については、内藤自身も漫画の大ファンで、連載中の週刊少年マガジン誌上において何度か取材や作者との対談に応じており、同作品への熱い思いも語っている。また、アニメ『はじめの一歩』の第2期のCMに出演しており、劇中の千堂戦の再現として一歩に扮しデンプシーロールを披露している。なお、現在の内藤のサインは森川が考案した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た中野博 (ボクサー)

    2004年6月6日、日本フライ級王者の中野博(畑中)に挑戦。内藤は中野から2度のダウンを奪うなど一方的に攻め続け、6Rに偶然のバッティングによる負傷判定勝ちを収め、日本王座を獲得。同年10月11日、小嶋武幸(横浜さくら)を相手に初防衛戦を行い、日本タイトルマッチ史上最短となる1R24秒KO勝ちを収めた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たフリオ・セサール・ミランダ

    2008年11月に開催されたWBC総会では、1位ポノムランクレック・クラティンデーンジムの他、同年5月に行われた挑戦者決定戦に勝利した2位フリオ・セサール・ミランダにも指名挑戦権を認めるとされていたが、ミランダの指名挑戦権は2009年4月に前王者ポンサクレックと暫定王座決定戦で対戦することが決まった時点で失効。この決定戦ではポンサクレックが暫定王座を獲得した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

146件中 21 - 30件表示

「内藤大助」のニューストピックワード