146件中 31 - 40件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見た野木丈司

    2007年7月18日、WBC世界フライ級王座3度目の挑戦で、王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに12R判定勝ちし、32歳10か月にして悲願の世界チャンピオンとなる(参照)。内藤は同年1月から白井・具志堅スポーツジムの野木丈司トレーナーに師事し、綿密な作戦とスタミナの強化に努めてきた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た宮田博行

    この試合は契約前から亀田兄弟の所属する協栄ジムがプロモートすることが決まっており、協栄側が大毅に世界王座獲得の日本人最年少記録を懸けさせたいと目論んでいたことから、王者・内藤陣営に厳しい交渉期限を設けていた。そのため、会長の宮田博行はポンサクレック陣営の持つオプションの買い取り交渉を1日で決めるために奔走した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た熊朝忠

    2009年5月26日、当時WBC世界フライ級10位の熊朝忠(中国)を相手に5度目の防衛戦。当初は中国・上海での対戦予定であったが、現地のイベント代行業者の不手際によって、直前になり現地での開催を断念。急遽、東京のディファ有明において、前座試合無しのワンマッチ興行、試合チケットは全て当日会場で発売という異例の形で開催された。試合は150cmの熊に再三懐に潜り込まれ、その都度バッティングを受けるなどしてペースを掴めず、終始苦戦を強いられた。5Rに偶然のバッティングで右瞼をカット、6Rにはダウン、更に11Rには口内をカットして出血し、熊の猛攻に防戦一方となった場面もあった。しかし、内藤はパンチを的確に当ててポイントを稼ぎ、全体的には優位に試合を進め、3-0の判定勝ちで5度目の王座防衛に成功した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た亀田三兄弟

    2007年10月11日、初防衛戦を行い、亀田三兄弟の次男・亀田大毅(当時:協栄)を相手に試合内容で圧倒、ほぼフルマークの3-0の判定で勝利した(参照)。内藤はこの勝利をきっかけに国民的な人気者となり、以降の試合は全てTBSテレビが中継することとなる。また、テレビタレントとしての活動も開始した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た札幌市

    2013年7月には、北海道札幌市白石区に内藤がプロデュースするラーメン店「麺屋べんべ」が開業。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た引退

    家族からは引退を勧める声もあり、進退に注目が集まっていたが、亀田興毅戦からちょうど2か月後の2010年1月29日、所属する宮田ジムで記者会見を行い、「打倒亀田」を掲げ現役続行を表明した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たディスカウントストア

    同年、ポンサクレックとの3度目の世界タイトル戦が決定、地上波テレビ局での放映も決定していたが、直前になり局が放送を取り止めてしまいスポンサー集めが難航、およそ4000万円の経費を用意できず開催が危ぶまれる。内藤は会見で、「ファイトマネーはゼロでいい。リングに上げて下さい」と懇願した。すると、ディスカウントストア大手のドン・キホーテがスポンサーに名乗りを上げ、テレビ中継に関しても、東京都の独立UHF局であるTOKYO MXでの生中継が決定。事態は好転し、開催へと漕ぎ着けた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た調理師

    進学先の北海道豊浦高等学校にいじめ加害者らが進学しなかったことからようやくいじめから解放され、新しい仲間との出会いを通じて本来の明るさを取り戻す。同校ではハンドボール部に所属し、3年時には同校初の全道大会出場に貢献した。卒業後には洞爺湖そばにあるホテルに調理師として就職が内定していたが、春休みの研修中に些細な理由から上司と口論に発展、内定を取り消されてしまい、就職に失敗する。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た上海市

    2009年5月26日、当時WBC世界フライ級10位の熊朝忠(中国)を相手に5度目の防衛戦。当初は中国・上海での対戦予定であったが、現地のイベント代行業者の不手際によって、直前になり現地での開催を断念。急遽、東京のディファ有明において、前座試合無しのワンマッチ興行、試合チケットは全て当日会場で発売という異例の形で開催された。試合は150cmの熊に再三懐に潜り込まれ、その都度バッティングを受けるなどしてペースを掴めず、終始苦戦を強いられた。5Rに偶然のバッティングで右瞼をカット、6Rにはダウン、更に11Rには口内をカットして出血し、熊の猛攻に防戦一方となった場面もあった。しかし、内藤はパンチを的確に当ててポイントを稼ぎ、全体的には優位に試合を進め、3-0の判定勝ちで5度目の王座防衛に成功した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た離婚

    北海道虻田郡豊浦町生まれ。母親は、大助を身ごもっている時に夫と離婚しており、アルバイトで大助と4歳上の長男を養った。後に小さな民宿を始める。一家の生活は楽ではなかったものの、学校での大助少年はマラソン大会や運動会の徒競走で必ず1位になるなど運動神経抜群で、クラスでは人気者だった。中学では卓球部に所属。しかし、中学2年になるといじめの標的にされるようになる。クラス替えがきっかけともされたが、はっきりとした原因は本人にも分からないという。生活が苦しかったため、兄のお下がりの制服やスキーウェアなどを着ていけば「ボンビー(貧乏)」というあだ名で馬鹿にされたり、給食のおかずや貴重品を取り上げられたり、教師に見つからないよう人目につかない場所で暴行も受けた。内藤は胃潰瘍を患うまでに追い詰められるも、教師からはいじめには気付いてもらえず、気の強い母親への相談も諦め、1人でいじめに耐える中学生活を送った。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

146件中 31 - 40件表示

「内藤大助」のニューストピックワード