169件中 41 - 50件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見たポノムランクレック・クラティンデーンジム

    2008年11月に開催されたWBC総会では、1位ポノムランクレック・クラティンデーンジムの他、同年5月に行われた挑戦者決定戦に勝利した2位フリオ・セサール・ミランダにも指名挑戦権を認めるとされていたが、ミランダの指名挑戦権は2009年4月に前王者ポンサクレックと暫定王座決定戦で対戦することが決まった時点で失効。この決定戦ではポンサクレックが暫定王座を獲得した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た森川ジョージ

    異名は、古くから用いられていた「北の剛拳」の他に、自身が持つ世界フライ級タイトル戦の史上最短KO負け、並びに日本タイトル戦の史上最短KO勝ちの記録に由来する「最短男」、2007年10月に対戦が決定していた亀田三兄弟の次男・大毅と試合前から繰り広げていた舌戦の中で発した「国民の期待を背負うつもりで頑張りたい」という言葉に由来する「国民の期待」、元いじめられっ子がボクシングを始め、全日本新人王を経て日本王者になる、という経歴が、森川ジョージ作の漫画『はじめの一歩』の主人公・幕之内一歩の設定と似通っていることに由来する「リアルはじめの一歩」などがある。中でも「最短男」に関しては、試合時に着用するボクサートランクスにも刺繍されており、内藤自身も代名詞にしている。また、「リアルはじめの一歩」については、内藤自身も『はじめの一歩』の大ファンで、連載中の週刊少年マガジン誌上において何度か取材や作者との対談に応じており、同作品への熱い思いも語っている。なお、現在の内藤のサインは森川が考案したもので、当時の対談でその様子が確認できる。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た中野博 (ボクサー)

    2004年6月6日、日本フライ級王者の中野博(畑中)に挑戦。内藤は中野から2度のダウンを奪うなど一方的に攻め続け、6Rに偶然のバッティングによる負傷判定勝ちを収め、29歳7か月にして日本王座を獲得。同年10月11日、小嶋武幸(横浜さくら)を相手に初防衛戦を行い、日本タイトルマッチ史上最短となる1R24秒KO勝ちを収めた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たフリオ・セサール・ミランダ

    2008年11月に開催されたWBC総会では、1位ポノムランクレック・クラティンデーンジムの他、同年5月に行われた挑戦者決定戦に勝利した2位フリオ・セサール・ミランダにも指名挑戦権を認めるとされていたが、ミランダの指名挑戦権は2009年4月に前王者ポンサクレックと暫定王座決定戦で対戦することが決まった時点で失効。この決定戦ではポンサクレックが暫定王座を獲得した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た野木丈司

    2007年7月18日、WBC世界フライ級王座3度目の挑戦で、王者ポンサクレック・ウォンジョンカムに12R判定勝ちし、32歳10か月にして悲願の世界チャンピオンとなる(参照)。内藤は同年1月から白井・具志堅スポーツジムの野木丈司トレーナーに師事し、綿密な作戦とスタミナの強化に努めてきた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た鬼塚勝也

    内藤のスタイルは巷ではよく変則的と称されるが、基本的な思想は「攻防一体」である。常に上体を大きく動かしながらパンチを繰り出すためカウンターをもらいにくく、パンチ力を増し、反動を活かして追撃や回避あるいはその両方を素早く行うこともできる。ちなみに元世界王者の鬼塚勝也は、「内藤は体全体を使ってボクシングをする」と評している。また、コンビネーションのリズムの変化や豊富なフェイントなども、対戦相手を困惑させる要因となっている。中でもパーリングやウィービング、あるいはスリッピングなどのパンチから逃げずにかわし即反撃に繋げる技術に秀でており、試合では相手のパンチに即座に反応してパーリングしつつ、ほぼ同時に反撃のパンチを入れるシーンを頻繁に見ることができる。さらに王座奪取後は基本的なディフェンス技術に対する深い理解に加えて、額などの頭蓋骨の中でも硬くダメージを受けにくい場所でパンチを受けるといった緊急回避的なテクニックも備えた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た宮田博行

    この試合は契約前から亀田大毅の所属する協栄ジムがプロモートすることが決まっており、協栄側が大毅に世界王座獲得の日本人最年少記録を懸けさせたいと目論んでいたことから、王者・内藤陣営に厳しい交渉期限を設けていたため、会長の宮田博行はポンサクレック陣営の持つオプションの買い取り交渉を1日で決めるために奔走した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た喫茶店

    ボクシング及びタレント業で生計を立てられるようになる以前は、自動車整備会社やレンタカー店などでアルバイトをしていた。また、夫人も喫茶店で働いていたが、当時2人の月収を合わせても12万円ほどにしかならなかったという。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た引退

    家族からは引退を勧める声もあり、進退に注目が集まっていたが、亀田興毅戦からちょうど2か月後の2010年1月29日、所属する宮田ジムで記者会見を行い、「打倒亀田」を掲げ現役続行を表明した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たディスカウントストア

    同年、遂にポンサクレックとの3度目の世界タイトル戦が決定、地上波テレビ局での放映も決定していたが、直前になり局が放送を取り止めてしまいスポンサー集めが難航、およそ4000万円の経費を用意できず開催が危ぶまれる。内藤は会見で、「ファイトマネーはゼロでいい。リングに上げて下さい」と懇願した。すると、ディスカウントストア大手のドン・キホーテがスポンサーに名乗りを上げ、テレビ中継に関しても、東京都の独立UHF局であるTOKYO MXテレビでの生中継が決定、事態は好転し、自身3度目となる世界タイトルマッチの開催へと漕ぎ着けた。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

169件中 41 - 50件表示

「内藤大助」のニューストピックワード