169件中 71 - 80件表示
  • 内藤大助

    内藤大助から見たボクシング

    高卒後は定職にも就かずに漫然と日々を過ごしていたが、母親に叱咤され、半ば家から叩き出される形で上京。先に上京していた実兄の紹介で、離婚した実父の経営する会社に就職する。20歳を過ぎたある日、書店で目にしたボクシング雑誌に刺激を受け、自宅近くにあった宮田ボクシングジムに入門する。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た宮田ジム・スポーツクラブ

    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。北海道虻田郡豊浦町出身。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。プロボクサーとしては宮田ジムに所属し、タレントとしてはAK Global Agent(エーケー・グローバル・エージェント)に所属。血液型はO型。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など(詳細は後述)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た世界ボクシング評議会

    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。北海道虻田郡豊浦町出身。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。プロボクサーとしては宮田ジムに所属し、タレントとしてはAK Global Agent(エーケー・グローバル・エージェント)に所属。血液型はO型。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など(詳細は後述)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たハンドボール

    幼少期に両親が離婚。実母は民宿を営んでおり、1977年の有珠山噴火による営業困難の中、貧しい母子家庭に育った。中学校時代には「ボンビー(貧乏)」のあだ名をつけられ、酷いいじめを受けていた。高校は北海道豊浦高等学校に進学しハンドボール部に所属、その傍ら、洞爺湖近くにあるホテルの厨房でアルバイトに従事する。高校卒業後にアルバイト先のホテルへの正規雇用が内定していたが、些細な理由から上司と口論になり内定を取り消され、就職に失敗してしまう。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た東洋太平洋ボクシング連盟

    内藤 大助(ないとう だいすけ、1974年8月30日 - )は、日本の元プロボクサー、タレント、ボクシング解説者。北海道虻田郡豊浦町出身。元WBC世界フライ級王者(第36代)。元日本フライ級王者(第49代)、元OPBF東洋太平洋フライ級王者(第35代)。プロボクサーとしては宮田ジムに所属し、タレントとしてはAK Global Agent(エーケー・グローバル・エージェント)に所属。血液型はO型。異名は「北の剛拳」、「最短男」、「国民の期待」など(詳細は後述)。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たアウトボクシング

    2008年7月30日に国立代々木競技場第一体育館で、当時の日本王者清水智信(金子)と3度目の防衛戦。9Rまで清水のアウトボクシングに苦戦しポイントリードを許したが、10Rに誘いのカウンターを起点にしたラッシュでダウンを奪う。立ち上った清水に更に畳み掛けて2度目のダウンを奪い、逆転KO勝ちで世界王座3度目の防衛を果たした。なお、この日の興行ではダブルタイトルマッチとして当時のWBA同級王者・坂田健史の防衛戦も行われ、対立する同階級日本人世界王者の競演となった。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たアルバイト

    幼少期に両親が離婚。実母は民宿を営んでおり、1977年の有珠山噴火による営業困難の中、貧しい母子家庭に育った。中学校時代には「ボンビー(貧乏)」のあだ名をつけられ、酷いいじめを受けていた。高校は北海道豊浦高等学校に進学しハンドボール部に所属、その傍ら、洞爺湖近くにあるホテルの厨房でアルバイトに従事する。高校卒業後にアルバイト先のホテルへの正規雇用が内定していたが、些細な理由から上司と口論になり内定を取り消され、就職に失敗してしまう。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見た関口宏の東京フレンドパークII

    トレーニングの一環として大相撲の宮城野部屋に出稽古で訪れたのがきっかけとなり、同部屋所属の第69代横綱・白鵬と親しくなる。その後、2008年6月2日に放送された『関口宏の東京フレンドパークII』へ共に出演。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たジャンクSPORTS

    2011年11月12日、フジテレビ系列『ジャンクSPORTS』の中で現役引退を表明。後日正式に引退会見を開き、目標であった亀田興毅が初防衛に失敗した上に階級をバンタム級へ上げたことでモチベーションが下がったのも引退の理由だという。12月31日に大阪府立体育会館で行われた井岡一翔のタイトルマッチの前座で引退セレモニー、年明けて2012年1月12日にかつての勤務先である長谷工コーポレーションで引退パーティーを開きエキシビションを披露した。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤大助

    内藤大助から見たタイトルマッチ

    亀田大毅との初防衛戦を制した内藤は、WBCの規定により、2008年3月8日に前王者ポンサクレックと2度目の防衛戦を行った。試合は、前回対戦とは体の切れが違うポンサクレック、そして、さらに進化を遂げた内藤の、ハイレベルな技術戦となった。序盤から中盤に掛けては、お互い手の内を知り尽くしているため、中々とパンチが当たらない展開だったが、中盤以降にお互いのパンチが当たり出しヒートアップ。そして一進一退のまま判定となり、結果1-1の三者三様で引き分け。内藤が2度目の防衛に成功した。なお、当時はポンサクレック側がオプション(興行権)を握っていたが、この防衛により、興行権は宮田ジムに移った。内藤大助 フレッシュアイペディアより)

169件中 71 - 80件表示

「内藤大助」のニューストピックワード